« フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す(2) | Main | 井上重治先生の抗菌アロマセラピー講座終わる »

March 28, 2009

スイートワームウッド化学成分アルテミシニン乳がん予防に役立つかも?

スイートワームウッド化学成分アルテミシニン乳がん予防に役立つかも?

Sweet wormwood (artemisia annua) may help prevent breast cancer, study

スイートワームウッド(くそにんじん)乳がん予防に役立つかも?

Malaria drug may help prevent Breast Cancer , study shows

マラリア薬乳がん予防に役立つかもしれないと研究は示してる

A derivative of the sweet wormwood plant (artemisia annua) used since ancient times to fight malaria and shown to precisely target and kill cancer cells may someday aid in stopping breast cancer before it gets a toehold.

スイートワームウッド植物の誘導体は古代からマラリア退治のために使用されていて、正確にがん細胞を目標として、殺すことが示され、将来、がんが発症する前に乳がん発症を止めることの助けになるかもしれない。

artemisia annua:和名:クソニンジン、英名:スイートワームウッド、キク科 ヨモギ属

In a new study, two UW bioengineers found that the substance, artemisinin, appeared to prevent the onset of breast cancer in rats that had been given a cancer-causing agent. The study appears in the latest issue of the journal Cancer Letters.

新研究で、2人の米国、ワシントン大学、バイオエンジニアは、アルテミシニンの成分が発がん物質を投与したラットで乳がん発症を防ぐように見えることを解明した。この研究は最新号のjournal Cancer Lettersに発表される。

artemisinin:アルテミシニンはセスキテルペン・ラクトンでヨモギ精油成分のひとつです。
cancer-causing agent 発がん物質

"Based on earlier studies, artemisinin is selectively toxic to cancer cells and is effective orally," according to Henry Lai, research professor in the Department of Bioengineering, who conducted the study with fellow UW bioengineer Narendra P. Singh, a research associate professor in the department. "With the results of this study, it's an attractive candidate for cancer prevention."

学部の研究準教授の同僚、ワシントン大学のバイオエンジニアNarendra P. Singh,との研究を行ったバイオエンジニアリング学部、研究教授のHenry Laiによると、初期の研究に基づいて、アルテミシニンは選択的にがん細胞に毒であって経口で効果的である。"この研究結果をもって、アルテミシンはがん予防の魅力的な候補である。

The properties that make artemisinin an effective antimalarial agent also appear responsible for its anti-cancer clout. When artemisinin comes into contact with iron, a chemical reaction ensues that spawns free radicals -- highly reactive chemicals that, when formed inside a cell, attack the cell membrane and other structures, killing the cell.

また、アルテミシンが効果的な抗マラリア薬剤である特性はその抗がん影響の原因であるように思われる。アルテミシニンが鉄分と接触すると、化学反応が起きて、高い反応性化学物質のフリーラジカルが産生して、細胞内に形成されて、細胞膜および他の組織を攻撃し、細胞を殺す。

The malaria parasite can't eliminate iron in the blood cells it eats, and stores it. Artemisinin makes that stored iron toxic to the parasite.

マラリア原虫は血球での食する鉄を除去することができなくて蓄える。アルテミシニンは蓄えた鉄を原虫にとって有毒にする。

The same appears to be true for cancer. Because they multiply so rapidly, most cancer cells have a high rate of iron uptake. Their surfaces have large numbers of receptors, which transport iron into the cells. That appears to allow the artemisinin to selectively target and kill the cancer cells, based on their higher iron content.

同じことはがんに当てはまるようにみえる。急速に増殖するため、多くのがん細胞は高率の鉄の取り込みを有する。がん細胞の表面には多数の受容体を有していて、それが鉄を細胞内に輸送する。アルテミシニンは選択的に目標を設定してその高濃度鉄容量に基づいてがん細胞を殺させるようにみえる。

In the latest study, the researchers administered to rats a single oral dose of 7,12-dimethylbenz[a]anthracene, a substance known to induce multiple breast tumors. Half of the rats then were fed regular food, while the other half were fed food with 0.02 percent artemisinin added. For 40 weeks, researchers monitored each group for the formation of breast tumors.

最新の研究で、研究者は多発性乳腺腫瘍を誘発する物質、7,12-ジメチルベンズアントラセンをラットに単回経口投与した。その時、ラットの半分は通常のエサで飼育して、一方、他の半分は0.02 %のアルテミシニン付加のエサで飼育した。40週間、研究者は乳腺腫瘍形成のためにそれぞれの群を監視した。

7,12-dimethylbenz[a]anthracene 7,12-ジメチルベンズアントラセン
a single oral dose 単回経口
multiple breast tumors 多発性乳腺腫瘍

Among the rats that didn't get artemisinin, 96 percent developed tumors. In comparison, 57 percent of the artemisinin-fed rats developed tumors.

アルテミシニンを投与されなかったラットの間では、96%が腫瘍を発症させた。比較して、アルテミシニン飼育のラットの57%が腫瘍を発症させた。

In addition, the researchers report, tumors that did develop in the artemisinin-fed rats were both "significantly fewer and smaller in size when compared with controls."

さらに、研究者は、アルテミシニンで飼育されたラットで発症した腫瘍は対照群と比べると極めて少数でサイズは小さかったと報告している。

The reason for artemisinin's apparent preventative effect may be twofold, the researchers said. The substance may kill precancerous cells, which also tend to use more iron than ordinary cells, before those cells develop into a tumor. Artemisinin also may impede angiogenesis, or a tumor's ability to grow networks of blood vessels that allow it to enlarge.

アルテミシニンの明らかな予防効果に対する根拠は二倍である可能性があると、研究者が言った。成分は前がん細胞を殺す可能性があって、それは、また、これらの細胞が腫瘍になる前に通常の細胞より鉄分を多く使用する傾向がある。また、アルテミシニンは血管新生を阻害、または腫瘍増殖を許すことになる血管ネットワーク増大を阻害する可能性がある。

precancerous cells 前がん細胞
angiogenesis  血管新生

Because artemisinin is widely used in Asia and Africa as an anti-malarial, it has a track record of being relatively safe and causing no known side effects, Lai said. "The present data indicate that it may be a potent cancer-chemoprevention agent.

アルテミシニンは抗マラリアとしてアジアおよびアフリカで広範囲に使用されているため、比較的安全で副作用を引き起こさないと知られている過去の実績がある。

"The present data indicate that it may be a potent cancer-chemoprevention agent.

「現在のデータは、アルテミシニンが強力な発がん予防薬剤である可能性があることを示す。

"Additional studies are needed to investigate whether the breast cancer prevention property of artemisinin can be generalized to other types of cancer."

「付随研究は、アルテミシニンの乳がん抑制作用が他の種類のがんに普遍化できるかどうかを調査することが必要である。

|

« フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す(2) | Main | 井上重治先生の抗菌アロマセラピー講座終わる »

Comments

くそにんじん・・・
思わず目を疑ってしまいました(笑)
ホントにそういう和名なんですねぇ。

こんなサイトを見つけました。
ご参考に☆
http://www.1ginzaclinic.com/artemisinins.html

Posted by: じゃじゃ馬ゆう | March 29, 2009 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す(2) | Main | 井上重治先生の抗菌アロマセラピー講座終わる »