« ローズマリー精油CO2の抗炎症および抗腫瘍作用 | Main | 文献翻訳について »

April 09, 2009

黄花蒿(オウカコウ)5ml・精油

黄花蒿(オウカコウ)精油

学名:Artemisia annua

英名:sweet wormwood・スイートワームウッド、

和名:クソニンジン・糞人参

科名:キク科

原産地:中国

抽出部位:全草

抽出方法:水蒸気蒸留

植物の特徴

市街地の荒地や道端に生える一年草で、全草に強い臭気がある。温帯アジア原産とされるが、現在は広く全世界に分布する。一部の地域で胃薬や皮膚病に用いられる。中国では全草を乾燥して、発熱や皮膚病の薬とする。

禁忌:乳幼児、妊産婦、授乳中の女性、てんかん患者には不可。長期間継続使用不可

化学成分

ケトン:アルテミシア ケトン(66.7%)、カンファー(0.6%)

酸化物:1,8シネオール(5.5%)

モノテルペン炭化水素:ミルセン(3.8%), ß-ピネン(0.882%),カンフェン(0.047%),α-ピネン(0.032%)

モノテルペンアルコール:リナロール(3.4%)、ボルネオール(0.2%)

セスキテルペン炭化水素:β-カリオフィレン(1.2%).

作用:駆虫、解熱、月経促進、昆虫忌避、胆汁分泌促進、脱臭、強壮、健胃、抗マラリア、抗がん、ホルモン様

適用

呼吸器系:呼吸器のうっ滞および感染、カタル

免疫:ガン、マラリア

消化器系:回虫

泌尿器系:子宮、月経困難症、月経前症候群

相性の良いオイル

ジャスミン、オレンジ、ラベンダー

参照資料

The Aromatherapy Reference Manual

黄花蒿(オウカコウ)5ml・精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ローズマリー精油CO2の抗炎症および抗腫瘍作用 | Main | 文献翻訳について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ローズマリー精油CO2の抗炎症および抗腫瘍作用 | Main | 文献翻訳について »