« バルト海琥珀の科学(3) | Main | テルペンチン(パイン)10ml・精油 »

July 02, 2009

バルト海琥珀の科学(4)

薬剤としてのアンバー(琥珀)

The first records concerning ambers use as medicine, date back to antiquity. Initially medicines were made only from ingredients available in the natural environment: Plants, animals and minerals. It was also believed that the more ingredients a medicine contained, the better the final results. An original formula by Nicolaus Copernicus, kept in Sweden, specifies 22 ingredients, including amber.

薬剤としての琥珀使用にかんする最初の記録は古代にさかのぼる。まず最初に、薬剤は、植物、動物および鉱物・自然環境で得られる素材からのみ作られた。また、薬剤により多くの成分が含有していると最終結果が良いと信じられていた。スウェーデンで保存されていたニコラス・コペルニクスによる原本処方箋では琥珀を含む22の成分を詳述している。

Albert the Great (1193-1280), a Dominican and philosopher, identifies amber as the first among the six most effective medicines; succinum, ocastoreum, mors, camphor, tartarus, and aurum. Tinctures originating from the same period in time were based on beer, wine or water and were effective cures for stomach and rheumatic aches.

偉大なアルベルトゥス・マグヌス(Albertus Magnus) (1193-1280)、ドミニコ会修道士で哲学者は最も効果的な6つの薬剤の中で第一であるとして琥珀を選定しています。それは琥珀、ocastoreum、mors、カンファー、tartarusおよび金です。同時代の時期に生まれたチンキは、ビール、ワインまたは水をベースにしいて、胃とリウマチ痛に効果的な治療法であった。

Dominican  ドミニコ会修道士
succinum:琥珀
aurum:金

In the middle Ages plagues swarmed across towns, leaving many dead in their wake. Fumigation with the smoke of burning amber was recommended as an effective preventive measure. As recorded by Matthaus Praetorius, “During the plague not a single amberman from Gdansk, Klaipeda, Konigsberg or Liepaja died of the disease” (1680). Amber smoke is often used in aromatherapy today.Amber was for centuries perceived as a bactericidal agent hence amber baby teethers, spoons, cigarette holders and pipe mouthpieces.

中世時代に、疫病は町中全体に群がって多くの死者を跡を残した。アンバー(琥珀)を燃やした煙での燻蒸消毒は効果的予防措置として推奨された。Matthaus Praetoriusよる記録として、「疫病の間、グダンスク、クライペダ、ケーニヒスベルクまたはラトビアのアンバー(琥珀)の人は誰一人この疫病で死亡しなかった」(1680)。アンバー(琥珀)の蒸気は今日アロマセラピーで多く使用される。アンバー(琥珀)は殺菌剤として何世紀の間認められていて、したがって、琥珀の乳児おしゃぶり、スプーン、たばこホルダーおよびパイプマウスピースであった。

Fumigation 燻蒸消毒

We are surrounded by all sorts of electrical devices: radios, television sets, microwave ovens, hair-driers, shavers, computers and mobile phones, which affect our bodies in a negative way. Modern research proves that wearing protective amber jewelry, necklaces, bracelets, brooches, rings or pendants, or carrying a raw amber figurine or nugget in our pocket is beneficial.

ネガティヴな方法で身体に影響するラジオ、テレビ、電子レンジ、ヘアードライアー、電気カミソリ、コンピューターおよび携帯電話:あらゆる種類の電気製品によって囲まれている。現代研究は、保護作用があるアンバーの宝石、ネックレス、ブレスレット、ブローチ、リングまたはペンダントを身につけること、またはポケットに未加工アンバー小立像または塊を運ぶことは有益である。

When warming up, amber changes ionization, positively influencing our frame of mind and rebuilding the disturbed electrostatic field. We will be happy and full of energy once again.

温めると、アンバー(琥珀)はイオン化を変更し、確かに心の形に影響して混乱した静電場を再構築する。喜んで再びエネルギーでいっぱいになる。

electrostatic field:静電場

読者のコメントによりドミニカ人をドミニコ会修道士に訂正   平成22年3月21日訂正

|

« バルト海琥珀の科学(3) | Main | テルペンチン(パイン)10ml・精油 »

Comments

初めまして。このページを拝見していまして、間違いに気づきました。第二連の最初、「ドミニカ人で」のくだりです。これは、「ドミニコ会修道士で」とすべきでしょう。12世紀のことですから。

Posted by: みか | March 11, 2010 at 12:04 PM

コメントありがとうございます。調べなおしたらご指摘のとおりドミニコ会修道士であることを知り訂正しました。

Posted by: フィトアロマ研究所 | March 21, 2010 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バルト海琥珀の科学(3) | Main | テルペンチン(パイン)10ml・精油 »