« 中国で出版された漢方の本購入 | Main | 当帰(アンジェリカ)精油に関する研究の新たな進展 »

July 23, 2009

川芎(センキュウ)精油成分ブチリデンフタリド・リグスチリド

川芎(センキュウ)精油の主要成分はリグスチリド(50.15%)、ブチリデンフタリド(20.65%) です。
(川芎(センキュウ)・芍薬(シュクヤク)根茎の芳香精油の成分分析より)

植物の二次代謝の酢酸-マロン酸経路で産生するフタリド類精油成分(リグスチリド、ブチリデンフタリド)には血管拡張作用や血小板凝集抑制作用があると言われている。

フタリド類精油成分の漢方精油

川芎(センキュウ)・学名:Ligusticum chuanxiong、科名:セリ科
精油成分:ブチリデンフタリド、リグスチリド、

当帰(トウキ)・学名:Angelica sinensis、科名:セリ科
精油成分:ブチリデンフタリド、リグスチリド

精油成分のブチリデンフタリド、リグスチリドとセンキウノリドの作用(漢方薬理学より)

鎮痙作用
川芎精油成分でフタリド類であるリグスチリド、ブチリデンフタリドはMagnus法などにより腸管、子宮の筋緊張を低下させる。

中枢性筋弛緩作用
リグスチリド、クニジリド、センキウノリドをラットに経口投与すると中枢性の筋弛緩作用を示す。

平滑筋増殖の抑制作用
リグスチリドやセンキウノリドなどのフタリド類はマウスの動脈の平滑筋細胞培養系において増殖を抑え、動脈硬化の予防の可能性を有する。

皮膚温上昇作用
川芎精油成分には皮膚刺激作用があり、浴用料として用いた場合、皮膚温の上昇、持続性に優れている。


その他
*化粧品成分のトウキエキスに含まれるリグスチリドには美白効果があると言われています。

川芎(センキュウ)5ml・精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 中国で出版された漢方の本購入 | Main | 当帰(アンジェリカ)精油に関する研究の新たな進展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中国で出版された漢方の本購入 | Main | 当帰(アンジェリカ)精油に関する研究の新たな進展 »