« 漢方薬草精油の化学成分分析 | Main | 漢方薬草精油の化学成分分析 »

August 02, 2009

植物の原産地と精油の生産地

ユーカリはオストラリアの代名詞でユーカリの精油と言えばオーストラリアと考えますが、ユーカリグロブルス・Eucalyptus globulus精油に関しては違うみたいです。

ヨーロッパ系の精油会社のディエッとアロマ・オーガニックユーカリ精油はポルトガルです。その他会社ではスペインもありました。他の精油会社では中国と記載されてました。;

フィトアロマで販売しているユーカリネパール精油はネパール産です。


ユーカリグロブルスに関しては、販売しているところがあるかもしれないが、知る限りではオーストラリア産を見つけることができなかった。

ところが、ユーカリラジアータ精油になるとほとんどオーストラリア産です。

精油の産地が移動していることを示しているのだと思います。例えば、昔はジャスミンはフランスで生産されていたが人件費の関係で今ではエジプト、インドが産地になっています。

ゼラニウムの原産地は南アフリカですが精油の産地は、エジプト、レユニオン、中国です。イランイランの原産地は
インドネシア、フィリピンですが精油の産地はマダガスカルです。

植物の原産地を知り、その精油がどこの国で生産されているかを知ることは面白いと思います。

|

« 漢方薬草精油の化学成分分析 | Main | 漢方薬草精油の化学成分分析 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 漢方薬草精油の化学成分分析 | Main | 漢方薬草精油の化学成分分析 »