« 自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(2) | Main | 不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化 »

September 17, 2009

自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(3)

Researchers suspect the process begins in the intestine, where the body absorbs the protein when a person eats foods containing it.

研究者は、人がそれを含有している食物を摂食すると身体がタンパク質を吸収する腸でこの過程が始まることを疑っている。

“We think this process is linked to the production of antibodies in the gut when you eat something you’re sensitive to,” Cade said. “Both schizophrenics and autistics have a high incidence of [certain] antibodies, and a high incidence of diarrhea, which points to an intestinal disorder. So we think that with autism and schizophrenia, the basic disorder is in the intestine, and these individuals are absorbing beta-casomorphin-7 that they normally should break down in the body as amino acids, rather than peptide chains up to 12 amino acids long.”

「この過程は過敏症の何かを摂食すると腸での抗体産生に関連があると思う」とCadeは述べた。「統合失調症患者と自閉症患者は(特定の)抗体の高い発生率、及び下痢の高い発生率を有し、そのことは腸の障害を示している。そのように、統合失調症と自閉症で、基本的障害は腸にあると思って、これらの個人は、むしろ12アミノ酸長さまでのペプチド鎖、アミノ酸として身体で通常消化すべきであるβ-カゾモルフィン-7をβ-カゾモルフィン-7を吸収している。」

antibodies:抗体

Dr. Bennett L. Leventhal, professor of psychiatry and pediatrics and director of child adolescent psychiatry at the University of Chicago School of Medicine, said other studies exploring a dietary link to autism or schizophrenia have been less than convincing, and the notion has not generally been accepted in the field.

精神医学と小児科学の教授でシカゴ大学医学部の小児・思春期精神医学の責任者、Dr. Bennett L. Leventhalは、自閉症または統合失調症との食事の関連を調査している他の研究がほとんど説得力がなくて、その概念はこの分野で一般に受け入れられなかった。

child adolescent psychiatry:小児・思春期精神医学

“Autism and schizophrenia certainly are distinctly different disorders,” Leventhal said. “I think the best hypothesis sitting out there today is that some genetic abnormality is causing these disorders. It is certainly possible that these genetic abnormalities could lead to the metabolic effects Dr. Cade mentions, though there is not substantial support for that at this time.

「自閉症と統合失調症は、確実に明確に異なる障害である」と、Leventhalが述べた。今日,向こうのそこに座っている最高の仮説はある遺伝子異常がこれらの障害を引き起こしていると思う。この時点でそれに対する実質的支持はないけれど、これらの遺伝子異常が代謝作用に通じることは確実に可能である。

genetic abnormality 遺伝子異常

“With autism in particular, there are three or four genes that have sparked interest,” he added. “The assumption is that it is not a single gene disorder but rather a polygenic disorder. Given that, it means not only does one have to figure out what the genes are but also what they do and their relative contribution to the symptoms of the disorder. This is not unusual the vast majority of medical conditions for which there is genetic

「特に自閉症で、関心を起こさせた、3つか4つの遺伝子がある」と、彼が付け加えた。「仮定は一つの遺伝子障害でなくて、むしろ多遺伝子性疾患であるということである。それを考えて、人が遺伝子は何であるかを理解しなければならないことをだけでなくて、また、それらがすること及び障害の症状への相対的寄与を理解することも意味する。これは珍しくない、かなり多くの医療状態は遺伝子である。

polygenic disorder 多遺伝子性疾患

考えたこと

今回の記事の翻訳はとて難しかったです。長文読解になり全体の意味はわかうように気がしているがいざ日本語にするとおぼつかないです。あらためて、日本語の表現力のなさを感じてます。


|

« 自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(2) | Main | 不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(2) | Main | 不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化 »