« 自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(3) | Main | スパイクナードのストレス調整抗酸化作用 »

September 18, 2009

不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化

Unsaturated fatty acids induce calcium influx into keratinocytes and cause abnormal differentiation of epidermis

不飽和脂肪酸は角化細胞(ケラチノサイト)にカルシウム流入を誘発して表皮の異常角化を引き起こす。

PUBMEDより

Katsuta Y, Iida T, Inomata S, Denda M.

Shiseido Research Center, Yokohama, Japan.

資生堂研究センター

Abnormal follicular keratinization is involved in comedogenesis in acne vulgaris. We recently demonstrated that calcium influx into epidermal keratinocytes is associated with impaired skin barrier function and epidermal proliferation. Based on these results, we hypothesized that sebum components affect calcium dynamics in the keratinocyte and consequently induce abnormal keratinization.

毛孔異常角化はアクネ・痤瘡のコメドの形成に関与している。最近、表皮角化細胞へのカルシウム流入は皮膚バリア機能破壊及び表皮増殖に関連していることを示した。これらの研究結果に基づいて、皮脂成分が角化細胞のカルシウム動態に影響して、結果的に角化細胞(ケラチノサイト)異常を誘導する。

Abnormal follicular keratinization:毛孔異常角化
comedogenesis:コメドの形成
acne vulgaris アクネ・痤瘡
epidermal keratinocytes 表皮角化細胞
impaired skin barrier function 皮膚バリア機能破壊
epidermal proliferation 表皮増殖
sebum components 皮脂成分

To test this idea, we first observed the effects of topical application of sebum components, triglycerides (triolein), saturated fatty acids (palmitic acid and stearic acid), and unsaturated fatty acids (oleic acid and palmitoleic acid) on hairless mouse skin. Neither triglyceride nor saturated fatty acids affected the skin surface morphology or epidermal proliferation.

この概念を試験するために、無毛マウスにトリグリセライド(トリオレイン)、飽和脂肪酸(パルミチン酸及びスエアリン酸)、及び不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の皮脂成分局所塗布の作用を観察した。トリグリセライドも飽和脂肪酸も皮膚の表面形態または表皮増殖に影響を及ぼさなかった。

skin surface morphology:皮膚の表面形態
triglycerides トリグリセライド
triolein  トリオレイン

On the other hand, application of unsaturated fatty acids, oleic acid, and palmitoleic acid induced scaly skin, abnormal keratinization, and epidermal hyperplasia. Application of triglycerides and saturated fatty acids on cultured human keratinocytes did not affect the intracellular calcium concentration ([Ca(2+)](i)), whereas unsaturated fatty acids increased the [Ca(2+)](i) of the keratinocytes.

一方では、不飽和脂肪酸・オレイン酸及びパルミトレイン酸の塗布は、さめ肌、異常角化、及び表皮肥厚を誘発した。ヒト培養ケラチノサイトにトリグリセリド及び飽和脂肪酸 の塗布は細胞内カルシウム濃度([Ca(2+)](i))に影響しなかったのに、不飽和脂肪酸はケラチノサイトのカルシウム濃度[Ca(2+)](i)を増加させた。

scaly skin さめ肌
epidermal hyperplasia 表皮肥厚
cultured human keratinocytes ヒト培養ケラチノサイト
intracellular calcium concentration 細胞内カルシウム濃度

Moreover, application of oleic acid on hairless mouse skin induced an abnormal calcium distribution in the epidermis. These results suggest that unsaturated fatty acids in sebum alter the calcium dynamics in epidermal keratinocytes and induce abnormal follicular keratinization.

さらに、無毛のマウス皮膚にオレイン酸塗布は表皮において異常なカルシウム分布を誘導した。これらの結果は、皮脂中の不飽和脂肪酸が表皮角化細胞でカルシウム動態を変更して毛孔異常角化を誘導する。

calcium dynamics カルシウム動態
epidermal keratinocytes 表皮角化細胞

関連ブログ

皮脂由来の不飽和脂肪酸バリア機能を崩壊

皮膚バリアのホメオスタシス(恒常性)改善新戦略

|

« 自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(3) | Main | スパイクナードのストレス調整抗酸化作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自閉症、統合失調症と乳タンパク質との関連(3) | Main | スパイクナードのストレス調整抗酸化作用 »