« スパイクナードのストレス調整抗酸化作用 | Main | ホピとともに過ごす~聖なる水の秋分リトリート!IN 忍野村 »

September 20, 2009

必須脂肪酸(リノール酸・αーリノレン酸)欠乏角質層構造機能の異常誘発

Thematic review series: skin lipids. The role of epidermal lipids in cutaneous permeability barrier homeostasis

主題のレビューシリーズ: 皮膚脂質。皮膚透過性障害ホメオシタスにおける表皮脂質の役割

PUBMEDより

1: J Lipid Res. 2007 Dec;48(12):2531-46. Epub 2007 Sep 13

Feingold KR.

Metabolism Section, Medical Service, Department of Veterans Affairs Medical Center, University of California San Francisco, San Francisco, CA 94121, USA. kenneth.feingold@ucsf.edu

The permeability barrier is required for terrestrial life and is localized to the stratum corneum, where extracellular lipid membranes inhibit water movement. The lipids that constitute the extracellular matrix have a unique composition and are 50% ceramides, 25% cholesterol, and 15% free fatty acids.Essential fatty acid deficiency results in abnormalities in stratum corneum structure function.

皮膚透過性障害は人間生活にとって必要で、細胞外脂質膜は水分の動きを阻害する角質層に局所化されている。細胞外基質を構成する脂質は特別な組成物を有していて、セラミド(50%)、コレステロール(25%),及び遊離脂肪酸(15%)である。必須脂肪酸欠乏は結果的に角質層構造機能の異常をもたらす。

extracellular lipid membranes:細胞外脂質膜
extracellular matrix:細胞外基質
The lipids are delivered to the extracellular space by the secretion of lamellar bodies, which contain phospholipids, glucosylceramides, sphingomyelin, cholesterol, and enzymes. In the extracellular space, the lamellar body lipids are metabolized by enzymes to the lipids that form the lamellar membranes. The lipids contained in the lamellar bodies are derived from both epidermal lipid synthesis and extracutaneous sources. Inhibition of cholesterol, fatty acid, ceramide, or glucosylceramide synthesis adversely affects lamellar body formation, thereby impairing barrier homeostasis.

脂質はリン脂質、グルコシルセラミド、スフィンゴミエリン、コレステロール及び酵素を含有するラメラ体の分泌によって細胞外間隙に運ばれる。細胞外間隙において、ラメラ体脂質は酵素によってラメラ膜を形成する脂質に代謝される。ラメラ体に含有している脂質は表皮脂質合成と皮膚外ソースの両方から由来する。コレステロール、脂肪酸、セラミド、またはグルコシルセラミド合成の阻害はラメラ膜形成に悪影響を与える。それによってバリア・ホメオスターシスを損なう。

extracellular space 細胞外間隙
lamellar bodies:ラメラ体
lamellar membranes ラメラ膜

Studies have further shown that the elongation and desaturation of fatty acids is also required for barrier homeostasis. The mechanisms that mediate the uptake of extracutaneous lipids by the epidermis are unknown, but keratinocytes express LDL and scavenger receptor class B type 1, fatty acid transport proteins, and CD36. Topical application of physiologic lipids can improve permeability barrier homeostasis and has been useful in the treatment of cutaneous disorders.

研究は鎖延長および脂肪酸の不飽和化がバリア・ホメオスターシスのためにも必要であることを更に示した。表皮によって真皮外脂質の取り込みを媒介する機構は知られていないが、ケラチノサイトはコレステロール及びスカベンジャー受容体クラスBタイプ1、脂肪酸輸送タンパク質、及びスカベンジャー受容体CD36を発現する。生理活性脂質の局所塗布は透過性障害のオメオシタスを改善出来て皮膚障害の治療に役立った。

extracellular space 細胞外間隙
lamellar bodies 層板小体
lamellar membranes ラメラ膜
physiologic lipids 生理活性脂質
scavenger receptor class B type 1:スカベンジャー受容体クラスBタイプ1
Fatty Acid Transport Proteins、脂肪酸輸送タンパク質


|

« スパイクナードのストレス調整抗酸化作用 | Main | ホピとともに過ごす~聖なる水の秋分リトリート!IN 忍野村 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパイクナードのストレス調整抗酸化作用 | Main | ホピとともに過ごす~聖なる水の秋分リトリート!IN 忍野村 »