« 不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化 | Main | 必須脂肪酸(リノール酸・αーリノレン酸)欠乏角質層構造機能の異常誘発 »

September 19, 2009

スパイクナードのストレス調整抗酸化作用

Stress modulating antioxidant effect of Nardostachys jatamansi

スパイクナードのストレス調整抗酸化作用

PUBMEDより

1: Indian J Biochem Biophys. 2009 Feb;46(1):93-8.

Lyle N, Bhattacharyya D, Sur TK, Munshi S, Paul S, Chatterjee S, Gomes A.

Department of Pharmacology, Institute of Post-Graduate Medical Education & Research, 244-B, A. J. C. Bose Road, Kolkata 700 020. lyle.nazmun@gmail.com

The rhizomes of Nardostachysjatamansi, the plant commonly known as Jatamansi have been described in Ayurveda for their soothing and sedative action on the central nervous system. In the present study, the anti-stress effect of hydroethanolic extract (70%) of N. jatamansi (NJE) was evaluated in reference to its antioxidant property.

ジャマダンシとして通常知られている植物、スパークナード(ナルド)の根茎は中枢神経系への緩和および鎮静作用でアーユルベーダに述べられてきた。本研究で、スパイクナード含水エタノール抽出物(70%)の抗ストレス作用がその抗酸化作用に関連して評価された。

Wistar rats were divided into four groups: naive, stressed, and T-200 and T-500 stressed with oral pre-treatment of NJE 200 and 500 mg/kg, respectively. Restraint of rats in metallic chambers for 4 h at 4 degreesC was followed by sacrifice and assessment of stress-induced alterations in biochemical parameters, incidence and severity of ulcers.

ウィスターラットは4群に分けられた:投薬を受けてない群、ストレスを受けた群、及び、それぞれにスパイクナード
200 と500 mg/kgの経口投与前治療を受けたT-200ストレス群及びT-500ストレス群である。4度Cで4時間メタル製の部屋で拘束されたラットは犠牲的行為に続いて、生化学的パラメーターの評価、発病率及び潰瘍の重症度の評価に続いた。

Lipid peroxidation (LPO) and NO levels in stomach and LPO, NO levels and catalase activity in brain, plasma corticosterone level and adrenal ascorbic acid were measured.

胃の過酸化脂質(LPO)及び窒素濃度と脳の過酸化脂質(LPO)、窒素濃度及びカタラーゼ活性、血しょうコルチコステロン濃度及び副腎のアスコルビン酸が測定された。

Lipid peroxidation (LPO):過酸化脂質(LPO)
catalase activity:カタラーゼ活性
plasma corticosterone level:血しょうコルチコステロン濃度
adrenal ascorbic acid:副腎のアスコルビン酸

In vitro antioxidant activity of NJE was studied by measuring the free radical scavenging activity. NJE showed potent antioxidant activity and significantly reversed the stress-induced elevation of LPO and NO levels and decrease in catalase activity in the brain. It inhibited the incidence of gastric ulcerations and reversed the alterations in biochemical parameters/markers of stress-induced gastric ulceration.

In vitroで、スパイクナードの抗酸化作用がラジカル消去活性、を測定することによって研究された。スパイクナードは抗酸化作用の可能性を示して、過酸化脂質(LPO)及び窒素濃度のストレス誘導上昇と脳のカタラーゼ活性低下を逆転させた。胃潰瘍の発病率を阻害してストレス誘発胃潰瘍の生化学的パラメータ/マーカーでの変更を逆転させた。

radical scavenging activity: ラジカル消去活性、
gastric ulcerations 胃潰瘍

NJE also significantly altered stress-induced increase in adrenal and spleen weights and decrease in level of ascorbic acid in adrenal gland. Elevation of plasma corticosterone level was negated dose- dependently. The findings suggest that the NJE possesses significant anti-stress activity, which may be due to its antioxidant activity.

また、スパイクナードは有意にストレス誘発性副腎重量及び脾臓重量の増加及び副腎のアスコルビン酸濃度減少を変更した。研究結果はスパイクナードがその抗酸化作用ゆえかもしれない有意な抗ストレス作用を有していることを示唆している。

|

« 不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化 | Main | 必須脂肪酸(リノール酸・αーリノレン酸)欠乏角質層構造機能の異常誘発 »

Comments

このオイルはよく使います。
好評ですもの・・・・・・
何かとブレンドしないと、くどいような香りですが、私は大好きです。

Posted by: takako | September 20, 2009 at 08:54 PM

ジャマタンシではなく、ジャタマンシーだと思います。
英語jatamansi です。

Posted by: みか | September 24, 2009 at 12:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 不飽和脂肪酸(オレイン酸及びパルミトレン酸)の表皮異常角化 | Main | 必須脂肪酸(リノール酸・αーリノレン酸)欠乏角質層構造機能の異常誘発 »