« 看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(2) | Main | 抗生物質細菌感染症に負け戦 »

November 01, 2009

看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(3)

看護介入としてのアロマセラピー(2)

They found that when used with massage, aromatherapy might have a transient effect in the reduction of anxiety. However, they warn that the findings of the review need to be viewed with caution because the studies are small and there are methodological flaws such as not specifying hypothesis testing and problems associated with patient blinding due to difficulty with masking the aromas of essential oils.

マッサージで使用されると、アロマセラピーには不安軽減で一時的な効果があるかもしれないことを発見した。しかし、レビューの結果は注意して考察する必要がある。なぜならば、研究は小規模で、仮説検定および精油の芳香をマスキングすることの困難のために患者が目をくらますことに関連する問題を明記できないなどの方法論的な欠陥がある。

a transient effect 一時的な効果
hypothesis testing 仮説検定
methodological flaws 方法論的な欠陥

A later systematic literature review by Thorgrimsen et al. (2003) in a Cochrane review of aromatherapy used for patients with dementia, revealed only one useful randomised controlled trial showing a significant positive effect on measures of agitation and other neuropsychiatric symptoms. Ballard et al. (2002) investigated the effects of the essential oil of lemon balm (Melissa officinalis) applied cutaneously in a lotion to patients with severe dementia
and found this to have a significant effect in favour of the intervention on measures of agitation and neuropsychiatric symptoms.
認知症患者ために用いられたアロマセラピーのCochraneレビューでThorgrimsen et al. (2003)による後の系統的文献レビューは、焦燥性興奮の測定および他の神経精神症状に有意にポジティブな効果を示しているただ一つの有益なランダム化比較試験を明らかにした。Ballard そのたは (2002)は、重篤な認知症にローションで皮膚に塗布したレモンバーム(メリッサ)(Melissa officinalis)精油の効果を調査して、この精油が焦燥性興奮の測定および他の神経精神症状への介入に支持して有意な効果を有することを解明した。

systematic literature review 系統的文献レビュー
dementia 認知症
agitation 焦燥性興奮
neuropsychiatric symptoms 神経精神症状

However there are methodological problems as some participants were taking a range of medications including antipsychotics and sedatives which might have had a confounding effect on the results. In their discussion, Thorgrimsen et al. (2003) state that no conclusions can be drawn for the efficacy of aromatherapy for this group of patients due to biases and scientifically inadequate research in most of the reported research.

しかし、一部の患者は研究結果に交絡効果を及ぼしたかもしれない抗精神病薬および鎮静剤を含むいちれんの薬物を服用していたので方法論的な問題がある。それらの考察で、Thorgrimsen と他(2003)は大部分の既報告調査における偏向および科学的に不十分な研究のためにこの患者群のためにアロマセラピーの有効性の結論を出すことができなと述べている。

a confounding effect 交絡効果

A systematic literature review of aromatherapy in nursing practice by Maddock-Jennings and Wilkinson (2004) reveals inadequate empirical data to guide aromatherapy practice in nursing. Methodological flaws such as imprecise measuring tools, small sample sizes and varied doses or methods of application of the essential oil are blamed for inconclusive evidence in this particular area of complementary medicine.

Maddock-Jennings and Wilkinson (2004)による看護活動でアロマセラピーの系統的文献レビューで、看護でアロマセラピー実践をガイドするための不十分な調査データを明らかにしている。不正確な測定器具、小さなサンプルサイズおよび精油塗布の量または方法などの方法論的な欠陥は補完療法のこの特定分野で決定的でない証拠のために非難される。

nursing practice 看護活動
empirical data 調査データ

|

« 看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(2) | Main | 抗生物質細菌感染症に負け戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(2) | Main | 抗生物質細菌感染症に負け戦 »