« カラマス5ml・精油発売 | Main | 三上先生フローラルウォーター講座12月9日(水)のお知らせ »

November 20, 2009

ティートリー精油成分テルピネン4-olの抗インフルエンザ作用

In vitro antiviral activity of Melaleuca alternifolia essential oil.

ティートリー精油生体外での抗ウイルス作用

PUBMEDより

Lett Appl Microbiol. 2009 Sep 18

Garozzo A, Timpanaro R, Bisignano B, Furneri PM, Bisignano G, Castro A.

Department of Microbiological and Gynaecological Sciences, University of Catania, Catania, Italy.

Microbiological Sciences 微生物科学
Gynaecological Sciences:婦人科学

Abstract Aims: To investigate the in vitro antiviral activity of Melaleuca alternifolia essential oil (TTO) and its main components, terpinen-4-ol, alpha-terpinene, gamma-terpinene, p-cymene, terpinolene and alpha-terpineol.

概容目的

ティートリー精油およびその主要成分、テルピネン-4-ol,α-テルピネン、パラサイメン、テルピノレンと
α-テルピネオールの抗ウイルス作用を生体外で調査すること。

Methods and Results: The antiviral activity of tested compounds was evaluated against polio type 1, ECHO 9, Coxsackie B1, adeno type 2, herpes simplex (HSV) type 1 and 2 viruses by 50% plaque reduction assay. The anti-influenza virus assay was based on the inhibition of the virus-induced cytopathogenicity.

方法と結果

試験された成分の抗ウイルス作用は50%プラーク減少アッセイによって、ポリオ1型、エコーウイルス9型、コクサッキー ウイルス B群1型、アデノウイルス 2型、単純ヘルペスウイルス1型および2型に対して評価された。抗インフルエンザウイルスアッセイはウイルス誘発細胞変性の阻害に基づいた。

polio type 1:ポリオ1型
ECHO 9:エコーウイルス9型
Coxsackie B1 コクサッキー ウイルス B群1型
adeno type 2 アデノウイルス 2型
herpes simplex (HSV) type 1 and 2 viruses 単純ヘルペスウイルス1型および2型
anti-influenza virus assay 抗インフルエンザウイルス・アッセー
cytopathogenicity 細胞変性
plaque reduction assay プラーク減少アッセイ

Results obtained from our screening demonstrated that the TTO and some of its components (the terpinen-4-ol, the terpinolene, the alpha-terpineol) have an inhibitory effect on influenza A/PR/8 virus subtype H1N1 replication at doses below the cytotoxic dose. The ID(50) value of the TTO was found to be 0.0006% (v/v) and was much lower than its CD(50) (0.025% v/v). All the compounds were ineffective against polio 1, adeno 2, ECHO 9, Coxsackie B1, HSV-1 and HSV-2. None of the tested compounds showed virucidal activity. Only a slight virucidal effect was observed for TTO (0.125% v/v) against HSV-1 and HSV-2.

スクーリングから得られた結果はティートリー精油およびその成分一部(テルピネン-4-ol、テルピノレン、α-テルピネオール)は細胞致死量以下容量でインフルエンザ A/PR/8 ウイルスサブタイプH1N1複製に阻害作用を有していることを示した。ティートリー精油のID50 値は0.0006%(v/v)であることがわかって、 50%治効量(0.025%のv/v)よりさらに低かったです。 全ての成分はポリオ1型、アデノウイルス 2型、エコーウイルス9型、コクサッキー ウイルス B群1型、単純ヘルペスウイルス1型および2型に対して効力がなかった。ティトリー精油は単純ヘルペスウイルス1型および2型に対してわずかな殺ウイルス作用が観察された。

influenza A/PR/8 virus subtype H1N1 replication インフルエンザA型
replication RNA複製効率
cytotoxic dose 細胞致死量
CD(50) :50%治効量
virucidal activity:殺ウイルス作用

Conclusions: These data show that TTO has an antiviral activity against influenza A/PR/8 virus subtype H1N1 and that antiviral activity has been principally attributed to terpinen-4-ol, the main active component.

結論

これらのデータは、ティートリー精油がインフルエンザA/PR/8ウイルスサブタイプH1N1に対して抗ウィルス性作用を有することおよびその抗ウィルス作用が主に主要活性成分、テルピネン4-olの結果であることを示している。

Significance and Impact of the Study: TTO should be a promising drug in the treatment of influenza virus infection.

研究の意義および影響

ティートリー精油はインフルエンザウイルス感染の治療で有望な薬剤になるはずである。

|

« カラマス5ml・精油発売 | Main | 三上先生フローラルウォーター講座12月9日(水)のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カラマス5ml・精油発売 | Main | 三上先生フローラルウォーター講座12月9日(水)のお知らせ »