« 白芷(ビャクシ)抽出物成分の美白効果 | Main | ネパール産新精油:スウィートバジル&カラムス »

November 16, 2009

南アフリカ産香附子精油の化学成分

Chemical Composition of the Essential Oils of Cyperus rotundus L. from South Africa

南アフリカ産香附子精油の化学成分

Cyperus rotundus L.:香附子、和名:ハマスゲ、カヤツリグサ科

PUBMEDより

Molecules. 2009 Aug 6;14(8):2909-17.

Oladipupo A. Lawal and Adebola O. Oyedeji

Department of Chemistry, University of Zululand, KwaDlangezwa 3886, South Africa

Abstract: The essential oils from the rhizomes of Cyperus rotundus L. collected from two different locations (Empangeni-A and KwaDlangezwa-B; both in the Kwa-Zulu Natal Province of South Africa) were obtained by hydrodistillation and analyzed by capillary GC and GC/MS.

要約:
2つの異なる地域から集荷した香附子の根茎からの精油(南アフリカ共和国、クワズール・ナタール州の両地域:Empangeni-A and KwaDlangezwa-B)は水蒸気蒸留されてキャピラリーガスクロマトグラフィー(GC)およびガスクロマトグラフィ/質量分析法(GC/MS)によって分析された。

rhizome :根茎

Forty-one and 43 components were identified, representing 89.9% and 92.0% of sample A and sample B, respectively. α-Cyperone (11.0%), myrtenol (7.9%), caryophyllene oxide (5.4%) and β-pinene (5.3%) were major compounds in the oil of sample A. The main constituents of the oil of sample B were β-pinene (11.3%), α-pinene (10.8%), α- cyperone (7.9%), myrtenol (7.1%) and α-selinene (6.6%).

41および43の成分が特定された。それぞれ、サンプルAとサンプルBの89.9%と92.0%を表していた。サンプルA精油の主要成分はα-シペロン (11.0%), ミルテノール(7.9%), カリオフィレン オキサイド(5.4%) と β-ピネンであった。サンプルB精油の主要成分はβ-ピネン(11.3%), α-ピネン(10.8%), α- シペロン(7.9%), ミルテノール(7.1%) およびα- (6.6%).であった。

α-Cyperone:α‐シペロン
myrtenol:ミルテノール
caryophyllene oxide:カリオフィレン オキサイド
α-selinene:α‐セリネン

Keywords: Cyperus rotundus; Cyperaceae; essential oil composition; α-cyperone; β-pinene α-pinene; α-selinene; caryophyllene oxide

キーワード:香附子、カヤツリグサ科、精油成分、α‐シペロン、β-ピネン、α-ピネン、α-セリネン,カリオフィレン オキサイド

|

« 白芷(ビャクシ)抽出物成分の美白効果 | Main | ネパール産新精油:スウィートバジル&カラムス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白芷(ビャクシ)抽出物成分の美白効果 | Main | ネパール産新精油:スウィートバジル&カラムス »