« 漢方薬の陰陽本質は抗酸化/酸化に等しいか? | Main | 三上先生・植物中の芳香物質の生合成講座(4回)1月より »

December 05, 2009

抗不安作用のある精油

Essential oils and anxiolytic aromatherapy.

精油および抗不安アロマセラピー

PUBMEDより

Nat Prod Commun. 2009 Sep;4(9):1305-16.

Setzer WN.

Department of Chemistry, University of Alabama in Huntsville, Huntsville, Alabama 35899, USA. wsetzer@chemistry.uah.edu

A number of essential oils are currently in use as aromatherapy agents to relieve anxiety, stress, and depression.

多数の精油は、不安、ストレスおよびうつ病を緩和するためにアロマセラピー薬剤として現在使用されている。

Popular anxiolytic oils include lavender (Lavandula angustifolia), rose (Rosa damascena), orange (Citrus sinensis), bergamot (Citrus aurantium), lemon (Citrus limon), sandalwood (Santalum album), clary sage (Salvia sclarea), Roman chamomile (Anthemis nobilis), and rose-scented geranium (Pelargonium spp.).

人気のある抗不安精油はラベンダー(Lavandula angustifolia)、ローズ(Rosa damascena)、オレンジ(Citrus sinensis),ベルガモット(Citrus aurantium)、レモン(Citrus limon),サンダルウッド(Santalum album)、クラリセージ
(Salvia sclarea),ローマン カモミール(Anthemis nobilis)、およびローズ ゼラニウム(Pelargonium spp.)である。

This review discusses the chemical constituents and CNS effects of these aromatherapeutic essential oils, as well as recent studies on additional essential oils with anxiolytic activities.

この論文は、これらの芳香治療精油の化学成分および中枢神経作用と同様に抗不安作用を有する追加の精油に関する最新研究を論じている。

PMID: 19831048 [PubMed - in process]

|

« 漢方薬の陰陽本質は抗酸化/酸化に等しいか? | Main | 三上先生・植物中の芳香物質の生合成講座(4回)1月より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 漢方薬の陰陽本質は抗酸化/酸化に等しいか? | Main | 三上先生・植物中の芳香物質の生合成講座(4回)1月より »