« ベア・メディシン(ネイティヴ・アメリカン) | Main | あずきがゆもどき »

January 14, 2010

三上先生・植物中の芳香物質の生合成講座(4回)1回目

三上先生・植物中の芳香物質の生合成講座(4回)1回目

昨日は三上先生・植物中の芳香物質の生合成講座の1回目が行われました。

そこで、植物が香気成分を作り出すプロセス(二次代謝物として)と主成分の代謝について学びました。

植物は酵素を媒介にして代謝して芳香化学物質を作ります。テルぺノイドに関して勉強しました。

植物から作られて精油は空気に触れることによって酸化して新たな化学物質になります。ある精油成分が酸化して新たな化学物質なることを説明してくれました。

また、精油成分は体内に吸収されることによって体内で代謝されてあらなた化学物質になりそれが薬理作用をだすことを説明されました。

リナロールと酢酸リナリルの代謝、ゲラニオールの代謝と生化学、d-リモネンの代謝、テルピネン-4-オールの代謝と生化学について学びました。

精油化学成分の代謝について学ぶことの大切さを知りました。

関連ブログ

リモネン体内代謝産物の抗腫瘍作用

|

« ベア・メディシン(ネイティヴ・アメリカン) | Main | あずきがゆもどき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベア・メディシン(ネイティヴ・アメリカン) | Main | あずきがゆもどき »