« 看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(7) | Main | スパニシュセージ精油 »

January 26, 2010

ベルガモット精油の神経薬理学

Neuropharmacology of the essential oil of bergamot.

ベルガモット精油の神経薬理学

Neuropharmacology 神経薬理学

PUBMEDより

Fitoterapia. 2010 Jan 18

Bagetta G, Morrone LA, Rombolà L, Amantea D, Russo R, Berliocchi L, Sakurada S, Sakurada T, Rotiroti D, Corasaniti MT.

Department of Pharmacobiology and University Centre for Adaptive Disorders and Headache (UCADH), Section of Neuropharmacology of Normal and Pathological Neuronal Plasticity, University of Calabria, Arcavacata di Rende (CS) Italy.

Bergamot (Citrus bergamia, Risso) is a fruit most knowledgeable for its essential oil (BEO) used in aromatherapy to minimize symptoms of stress-induced anxiety and mild mood disorders and cancer pain though the rational basis for such applications awaits to be discovered. The behavioural and EEG spectrum power effects of BEO correlate well with its exocytotic and carrier-mediated release of discrete amino acids endowed with neurotransmitter function in the mammalian hippocampus supporting the deduction that BEO is able to interfere with normal and pathological synaptic plasticity.

ベルガモット(Citrus bergamia, Risso)は最も知られている果物で、その精油は、そのような使用に対する合理的根拠の発見が待たれているけれど、ストレス誘発不安、軽度の気分傷害とガン性疼痛の症状を軽減するためのアロマセラピーで使用されている。ベルガモット精油の行動および脳波スペクトル・パワー効果は哺乳類海馬における神経伝達物質の機能に備わっている分離アミノ酸のその細胞外および媒介輸送の放出に関連していて、ベルガモット精油が正常および病理学的シナプス可塑性に干渉できる推論を支持する。

mild mood disorders 軽度の気分障害
mammalian hippocampus ほ乳類海馬
neurotransmitter function 神経伝達物質の機能
discrete amino acids:discreteの訳を分離と訳しましたが分離アミノ酸で調べても出てきませんので正しい訳ではないと思います。
EEG spectrum 脳波スペクトル
synaptic plasticity シナプス可塑性

The observed neuroprotection in the course of experimental brain ischemia and pain does support this view. In conclusion, the data yielded so far contribute to our understanding of the mode of action of this phytocomplex on nerve tissue under normal and pathological experimental conditions and provide a rational basis for the practical use of BEO in complementary medicine. The opening of a wide venue for future research and translation into clinical settings is also envisaged.

実験的脳虚血および疼痛の間に観察された脳保護はこの見解を支持する。 結論として、今までもたらされているデータは、正常で病理学的実験条件下で神経組織へのこのフィトコンプレックス(植物の複合性)の作用様式理解に寄与して、補完療法でベルガモット精油の実践的使用に対する合理的根拠を提供する。また、将来の研究および臨床試験への転用に対して幅広い道が開かれたことは考えられます。

brain ischemia 脳虚血
clinical settings 臨床試験

The essential oil of bergamot, likewise other essential oils, is used in aromatherapy, a widely diffused complementary medicine to minimize symptoms of stress-induced anxiety and mild mood disorders and cancer pain though the rational basis for such applications awaits to be discovered.

他の精油と同様にベルガモット精油はアロマセラピーで使用されていて、そのような使用に対する合理的根拠の発見が待たれているけれども、ストレス誘発不安、軽度の気分傷害とガン性疼痛の症状を軽減するための補完療法として幅広く普及している。

In vivo and in vitro results indicate that BEO is able to interfere with basic mechanisms finely tuning synaptic plasticity under physiological as well as pathological conditions.

生体内および生体外での研究結果は、ベルガモット精油が生理学的と同様に病理学的状況下で見事にシナプス可塑性を調整している基本的機構に干渉することができることを示している。

PMID: 20093169 [PubMed - as supplied by publisher]

考えたこと

この記事を翻訳してみいたが内容が高度なため理解ができてなくて訳してます。関連のことを訳していくうちに理解ができると思ってます。

関連ブログ

ベルガモット・精油

|

« 看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(7) | Main | スパニシュセージ精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 看護及びメンタルヘルスケアにおけるアロマセラピー(7) | Main | スパニシュセージ精油 »