« スパニシュセージ精油 | Main | 緊張型頭痛治療におけるペパーミントオイルおよびパラセタモールの効果 »

January 28, 2010

過敏性腸症候群治療で食物繊維、鎮痙剤、およびペパーミントオイルの効果

Effect of fibre, antispasmodics, and peppermint oil in the treatment of irritable bowel syndrome: systematic review and meta-analysis.

過敏性腸症候群治療で食物繊維、鎮痙剤、およびペパーミントオイルの効果:系統的レビューおよびメタ分析

antispasmodics 鎮痙剤

irritable bowel syndrome 過敏性腸症候群(IBS)

PUBMEDより

BMJ. 2008 Nov 13;337:a2313. doi: 10.1136/bmj.a2313.

Ford AC, Talley NJ, Spiegel BM, Foxx-Orenstein AE, Schiller L, Quigley EM, Moayyedi P.
Gastroenterology Division, McMaster University, Health Sciences Centre, 1200 Main Street West, Hamilton, ON, L8N 3Z5, Canada. alexf12399@yahoo.com

OBJECTIVE: To determine the effect of fibre, antispasmodics, and peppermint oil in the treatment of irritable bowel syndrome.

目的:過敏性腸症候群治療における食物繊維、鎮痙剤、およびペパーミントオイルの効果の決定

DESIGN: Systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.

デザイン:ランダム化比較試験の系統的レビューおよびメタ分析

DATA SOURCES: Medline, Embase, and the Cochrane controlled trials register up to April 2008.

データソース:メッドライン、Embase,およびコクラン対照群試験に2008年4月まで登録

Medline メッドライン
Cochrane コクラン

Review methods Randomised controlled trials comparing fibre, antispasmodics, and peppermint oil with placebo or no treatment in adults with irritable bowel syndrome were eligible for inclusion. The minimum duration of therapy considered was one week, and studies had to report either a global assessment of cure or improvement in symptoms, or cure of or improvement in abdominal pain, after treatment. A random effects model was used to pool data on symptoms, and the effect of therapy compared with placebo or no treatment was reported as the relative risk (95% confidence interval) of symptoms persisting.

レビュー手法

過敏性腸症候群が試験参加条件にみたした成人で、植物繊維、鎮痙剤、およびペパーミントオイルとプラセボまたは無治療を比較しているランダム化比較試験。考えられる治療の最低期間は1週間で、研究は治療後に、
症状における治療および改善または腹痛における治療および改善のどちらかの包括的評価を報告しなければならなかった。ランダム効果モデルは症状に関するデータをプールして使用されて、プラセボまたは無治療と比較された治療効果は持続的な症状相対リスク(95%の信頼区間)として報告された。

global assessment 包括的評価
confidence interval 信頼区間

RESULTS: 12 studies compared fibre with placebo or no treatment in 591 patients (relative risk of persistent symptoms 0.87, 95% confidence interval 0.76 to 1.00). This effect was limited to ispaghula (0.78, 0.63 to 0.96). Twenty two trials compared antispasmodics with placebo in 1778 patients (0.68, 0.57 to 0.81). Various antispasmodics were studied, but otilonium (four trials, 435 patients, relative risk of persistent symptoms 0.55, 0.31 to 0.97) and hyoscine (three trials, 426 patients, 0.63, 0.51 to 0.78) showed consistent evidence of efficacy. Four trials compared peppermint oil with placebo in 392 patients (0.43, 0.32 to 0.59).

結果

591人の患者で植物繊維とプラセボまたは無治療と比較した12の研究(持続的な症状0.87, 95% 信頼区間0.76 から1.00の相対リスク)。この効果はイスパキュラ・生薬緩下剤(0.78, 0.63 から0.96).に限定された。1778人の患者でプラセボと鎮痙剤を比較した22の実験(0.68, 0.57 から0.81)。さまざまな鎮痙剤が研究されたが、オチロニウム・機能的腸疾患用薬剤(4実験 435患者, 持続的な症状相対リスク0.55, 0.31 から 0.97)およびヒヨスチン・鎮痙剤(3実験, 426 患者, 0.63, 0.51 から 0.78)は有効性の一貫した証拠を示した。392人の患者でペパーミントオイルとプラセボを比較した4つの実験(0.43, 0.32 から 0.59).

ispaghula イスパキュラ(緩下剤)
otilonium オチロニウム(機能的腸疾患用薬剤)
hyoscine ヒヨスチン(スコポラミン)・鎮痙薬

CONCLUSION: Fibre, antispasmodics, and peppermint oil were all more effective than placebo in the treatment of irritable bowel syndrome.

結論

食物繊維、鎮痙剤、およびペパーミントオイルは過敏性腸症候群治療でプラセボより全て最も効果的であった。

PMID: 19008265 [PubMed - indexed for MEDLINE]

|

« スパニシュセージ精油 | Main | 緊張型頭痛治療におけるペパーミントオイルおよびパラセタモールの効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパニシュセージ精油 | Main | 緊張型頭痛治療におけるペパーミントオイルおよびパラセタモールの効果 »