« 文献翻訳について | Main | 慢性疲労症候群症状緩和におけるスパイクナードの抗酸化作用の役割 »

January 08, 2010

ヨーロッパモミ精油のラジカル消化活性

Radical Scavenging Activity of the Essential Oil of Silver Fir (Abies alba).

ヨーロッパモミ精油のラジカル消化活性

Radical Scavenging Activity:ラジカル消化活性
Silver Fir (学名Abies alba).:ヨーロッパモミ

PUBMEDより

J Clin Biochem Nutr. 2009 May;44(3):253-9. Epub 2009 Apr 25.

Yang SA, Jeon SK, Lee EJ, Im NK, Jhee KH, Lee SP, Lee IS.

The Center for Traditional Microorganism Resources, Keimyung University, Daegu 704-701, Korea.
The essential oil of silver fir (Abies alba) is known to help respiratory system and have easing and soothing effect for muscle. In the present study, we investigated the chemical composition, cytotoxicity and its biological activities of silver fir (Abies alba) essential oil.

ヨーロッパモミ精油は呼吸器系に役にたって筋肉に対して緩和作用および沈静作用を有していることは知られている。 本研究において、我々はヨーロッパモミ精油の化学成分、細胞毒性およびその生物活性を調査した。

easing effect :緩和作用
soothing effect 沈静作用

The composition of the oil was analyzed by GC-MS and bornyl acetate (30.31%), camphene (19.81%), 3-carene (13.85%), tricyclene (12.90%), dl-limonene (7.50%), alpha-pinene (2.87%), caryophyllene (2.18%), beta-phellandrene (2.13%), borneol (1.74%), bicyclo[2.2.1]hept-2-ene,2,3-dimethyl (1.64%) and alpha-terpinene (1.24%) were the major components in the oil.

精油成分はGC-MSによって分析されて、酢酸ボルニル(30.31%)、カンフェン(19.81%)、3-カレン(13.85%)、トリシクレン(12.90%)、dl-リモネン(7.50%)、α‐ピネン(2.87%)、カリオフィレン(2.18%)、β-フェランドレン(2.13%)、ボルネオール(1.74%)、bicyclo[2.2.1]hept-2-ene,2,3-dimethyl (1.64%)およびα-テルピネンが精油の主要成分であった。

tricyclene トリシクレン

The results tested by 3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyl tetrazolium bromide (MTT) assay indicated that the oil showed no cytotoxic effect, at concentrations of 1 and 5%, for as long as 24 and 3 h, respectively. The antiradical capacity was evaluated by measuring the scavenging activity of the essential oil on the 2,20-diphenylpicrylhydrazyl (DPPH) and 2,2'-azino-bis 3-ethyl benzothiazoline-6-sulfonic acid (ABTS) radicals.

MTTアッセイ法によって検査された結果は精油が、それぞれに、1%と5%の濃度で24時間および3時間の間細胞傷害作用を示さなかったことを示した。抗ラジカル能力は、2,20-ジフェニルピクリルヒドラジル(DPPH)および2,2'−アジノ−ビス(3−エチルベンズチアゾリン−6−スルホン酸)ラジカルへの精油抗ラジカル能力を測定することによって評価された。


MTTアッセイ法による細胞増殖試験では、テトラゾリウム塩であるMTT試薬(3-[4,5-dimethylthiazol-2-yl]-2,5-diphenyl tetrazolium bromide) が生細胞中のみでホルマザン色素に代謝されることを利用し、吸光度を測定することで細胞数が測定できる。(ウィキペディア(Wikipedia)より)

cytotoxic effect 細胞傷害作用
2,20-diphenylpicrylhydrazyl (DPPH):2,20-ジフェニルピクリルヒドラジル(DPPH)
2,2'-azino-bis 3-ethyl benzothiazoline-6-sulfonic acid (ABTS) radicals. :2,2'−アジノ−ビス(3−エチルベンズチアゾリン−6−スルホン酸)ラジカル、ABTSラジカル).
scavenging activity ラジカル消去活性

The oil was able to reduce the both radicals dose-dependently, and the concentration required for 50% reduction (RC(50)) against DPPH radicals (2.7 +/- 0.63%) was lower than ABTS radicals (8.5 +/- 0.27%).

精油は用量依存的に両方のラジカルを減少されることができて、DPPHラジカル(2.7 +/- 0.63%)に対して50%減少(RC(50))に必要な濃度はABTSラジカルより低かった。

The antibacterial activity of the oil was also evaluated using disc diffusion method against Staphylococcus aureus, Streptococcus mutans, Listeria monocytogenes, Acinetobacter baumannii, Escherichia coli, and Vibrio parahaemolyticcus. The oil exhibited no antibacterial activity against all the bacterial strains tested except S. aureus of mild activity.

また、精油の抗菌作用は、黄色ブドウ球菌.、ミュータンス菌、リステリア菌、アシネトバクター・バウマニー、大腸菌および腸炎ビブリオに対してディスク拡散法を用いて評価された。精油は黄色ブドウ菌を除いて検査された全ての菌株に対して抗菌作用を示さなかった。

antibacterial activity:抗菌作用
disc diffusion method ディスク拡散法
Staphylococcus aureus 黄色ブドウ球菌.
Streptococcus mutans ミュータンス菌
Listeria monocytogenes  リステリア菌
Acinetobacter baumannii アシネトバクター・バウマニー
escherichia coli 大腸菌
Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ
bacterial strains:菌株

PMID: 19430614 [PubMed - in process]

関連ブログ

ヨーロッパモミ精油

|

« 文献翻訳について | Main | 慢性疲労症候群症状緩和におけるスパイクナードの抗酸化作用の役割 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文献翻訳について | Main | 慢性疲労症候群症状緩和におけるスパイクナードの抗酸化作用の役割 »