« アロマショップ・フィトアロマ研究所:私が店長です | Main | 高脂血症被験者に対するザクロシードオイルの効果 »

March 24, 2010

ざくろ油成分分析

Pomegranate oil analysis with emphasis on MALDI-TOF/MS triacylglycerol fingerprinting.

MALDI‐TOF/MSのトリアシルグリセロール・フィンガープリント法に重点をおいたざくろ油分析

MALDI-TOF/MS:マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法
triacylglycerol トリアシルグリセロール

PUBMEDより

J Agric Food Chem. 2007 Dec 12;55(25):10405-13. Epub 2007 Nov 16.

Kaufman M, Wiesman Z.

Phyto-Lipid Biotechnology Laboratory, Department of Biotechnology Engineering, Ben-Gurion University of the Negev, Beer-Sheva 84105, Israel.

Pomegranate oil (PGO) is a unique and quite rare edible oil produced from Punica granatum L. seeds. It is considered to be a powerful health-benefiting agent, due to its antioxidative, anticancer, and antilipidemic properties.

ざくろ油(PGO)はユニークでざくろ種子から生産される極めてまれな食用油です。ざくろ油の抗酸化、抗がん、および抗脂血作用のために強力な健康有益薬剤であると考えられています。

antilipidemic :抗脂血


The aim of this study was to achieve a comprehensive and detailed profile of the different components of PGO. The fatty acid profile and phytosterol composition were determined by GC-MS; the triacylglycerol (TAG) compositions were profiled by the mass spectrometry tool of MALDI-TOF/MS.

この研究目的は、ざくろ油(PGO)の異なる成分の包括的で詳細なプロファイルを達成することになっていた。脂肪酸プロファイルおよびフィトステロール組成はガスクロマトグラフ-質量分析計(GC-MS)によって決定されて、トリアシルグリセロール(TAG) (TAG)組成はMALDI-TOF/MSの質量分析装置によって図を描いた。

triacylglycerol compositions トリアシルグリセロール
mass spectrometry tool  質量分析装置

Results showed linolenic acid (18:3) to be the predominant fatty acid in the PGO (64-83%), as previously reported.

以前報告したように、研究結果はリノレン酸(18:3)がざくろ油PGO(64-83%)の主要な脂肪酸であることを示した。

The linolenic acid fraction was composed of four different chromatographically separated peaks that are assumed, according to MS data (based on both FAME and DMOX derivatization),to be attributed to different geometric isomers of conjugated linolenic acid (CLNA), punicic acid (18:3: 9-cis,11-trans,13-cis) being the major isomer.

リノレン酸分留物は4つの異なるクロマトグラフ的に分離されたピークから構成されていて、MSデータ(FAMEとDMOX誘導体化に基づく)によると主要な異性体であるプニカ酸(18:3: 9-cis,11-trans,13-cis)、共役リノレン酸(CLNA)の異なる幾何異性体のものであるとみなされた。

linolenic acid リノレン酸
dimethyloxazoline derivatization ジメチルオキサゾリン誘導体化
derivatizatio:誘導体化
geometric isomers 幾何異性体
conjugated linolenic acid (CLNA)  共役リノレン酸
punicic acid プニカ酸

The MALDI-TOF/MS finger printing results showed the different TAG compositions present in the PGO, the major ones being LnLnLn and LnLnP. This unique PGO TAG fingerprint enables it to be differentiated from most other common edible oils.

MALDI-TOF/MSフィンガープリント法結果はざくろ油(PGO)に存在している様々なトリアシルグリセロール(TAG)示していて、主要なものはLnLnLn およびLnLnPであった。このユニークなざくろ油(PGO)トリアシルグリセロール(TAG) のフィンガープリントは多くの他の食用油と区別することを可能にする。

beta-sitosterol ベータシトステロール

Phytosterols were found in quite a high concentration in the PGO (4089-6205 mg/kg), about 3-4-fold higher than in soybean oil. A detailed profile of the phytosterols in the PGO showed a wide variety, the major phytosterols being beta-sitosterol, campesterol, and stigmasterol.

植物ステロールはざくろ油で極めて高濃度(4089-6205 mg/kg)で見られて、大豆油より約3-4倍高かった。ざくろ油(PGO)の植物ステロール詳細プロファイルは幅広い多様性を示して、主要な植物ステロールはβ-シトステロール、カンプエステロールおよびスチグマステロールであった。
phytosterols 植物ステロール
campesterol カンプエステロール
stigmasterol スチグマステロール

This study depicts a new detailed analysis of PGO, showing great potential for further research regarding the physiological effects of specific valuable components in pomegranate oil.

この研究はざくろ油(PGO)の新たな詳細な分析を表していて、ざくろ油における特異的有益成分の生理的効果に関して更なる調査への大きな可能性を示めしている。

PMID: 18004807 [PubMed - indexed for MEDLINE]

リアノン・ハリス女史来日セミナー:がんおよび緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー5月29日(土)〜30日(日)(2日間)

|

« アロマショップ・フィトアロマ研究所:私が店長です | Main | 高脂血症被験者に対するザクロシードオイルの効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アロマショップ・フィトアロマ研究所:私が店長です | Main | 高脂血症被験者に対するザクロシードオイルの効果 »