« β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用 | Main | アトピー性皮膚炎とストレス、感情と皮膚の関係 »

April 16, 2010

鎮静作用精油吸入はアトピー性皮膚患者皮膚に役にたつかも?

Effects of sedative odorant inhalation on patients with atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎患者への鎮静芳香物質の効果

PUBMEDより

Arerugi. 2002 Nov;51(11):1113-22.

Hariya T, Kobayashi Y, Aihara M, Ishiwa M, Shibata M, Ichikawa H, Ikezawa Z.

Shiseido Life Science Research Center, Japn. takeshi.hariya@to.shiseido.co.jp

資生堂ライフサイエンス研究センタ-

Abstract

要約

Atopic dermatitis (AD) has been clinically well-known to be frequently exacerbated by psychological and physiological stress.

アトピー性皮膚炎(AD)は心理的および生理的ストレスにより悪化すること多いことは臨床的によく知られていることである。

In this study, we examined effects of sedative odorant (modified valerian oil) inhalation on patients with AD. We investigated clinical scores, skin physiological parameters and psychological questionnaire (POMS) every 2 weeks. For first 2 weeks, we arranged non-inhalation period. Results for non-inhalation period were compared with these of 2- or 4-week inhalation.

本研究で、我々はアトピー性皮膚炎(AD)患者に対して鎮静芳香物質(修正バレリアン精油)の効果を調べた。我々は2週ごとの臨床スコア、皮膚生理的パラメータおよび心理的質問表(POMS)を調査した。最初の2週の間、我々は非吸入期間を設けた。非吸入期の結果はこれらの2または4週吸入期間と比較された。

As results, sum of skin clinical scores significantly improved after odorant inhalation. Some patients improved for non-inhalation period, too. However, patients that had not improved for non-inhalation period significantly improved after odorant inhalation. Skin conductance and skin dryness/scaling score also improved after odorant inhalation without improving for non-inhalation period. Psychological parameter (POMS) also tended to improve after odorant inhalation.

結果として、皮膚臨床スコア合計は芳香物質吸入後有意に改善された。また、一部の患者は非吸入期間に改善された。しかしながら、非吸入期間で改善されなかった患者は芳香物質吸入後有意に改善された。皮膚コンダクタンスおよび皮膚乾燥/測定スコアも非吸入期間に改善されなくても芳香物質吸入後改善された。また、心理的パラメータ(POMS)は芳香物質吸入後改善される傾向があった。

Skin conductance 皮膚コンダクタンス

These results suggest that sedative odorants may be useful as a complementary therapy for AD through psychosomatic stress care.

これらの結果は鎮静作用芳香物資が心身のストレスケアを通してアトピー性皮膚炎(AD)に対いする補完療法として有効であるかもしれないことを示唆している。
psychosomatic 心身の

PMID: 12486337 [PubMed - indexed for MEDLINE]

リアノン・ハリス女史来日セミナー:がんおよび緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー5月29日(土)〜30日(日)(2日間)

三上杏平先生講座:各種ラベンダーの成分と機能性の違いについて5月12日(水)募集中

|

« β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用 | Main | アトピー性皮膚炎とストレス、感情と皮膚の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用 | Main | アトピー性皮膚炎とストレス、感情と皮膚の関係 »