« アトピー性皮膚炎とストレス、感情と皮膚の関係 | Main | アルツハイマー型認知症患者に対するアロマセラピー効果 »

April 20, 2010

ストレスとアトピー性皮膚炎

Stress and atopic dermatitis.

ストレスとアトピー性皮膚炎

PUBMEDより

Curr Allergy Asthma Rep. 2008 Jul;8(4):312-7.

Arndt J, Smith N, Tausk F.

Department of Dermatology, University of Rochester School of Medicine and Dentistry, 601 Elmwood Avenue, Box 697, Rochester NY 14642, USA.

Abstract

要約

Atopic dermatitis (AD) is a complex disease traditionally involving interaction of genetic, environmental, and immunologic factors. Recent studies suggest psycho-neuro-immunologic factors and emotional stress are important in its evolution. アトピー性皮膚炎(AD)は、遺伝子、環境および免疫因子の相互作用が関与している伝統的複合病である。最新研究は心理・神経・免疫因子および情動ストレスがアトピー性皮膚炎発症に重要であることを示唆している。

complex disease 複合病

The observations that internal (bacterial infections) or external (psycho-logic) stressors may induce AD flares is explained by studies showing that stress impairs the skin barrier function and favors a shift in immunity toward a T helper type 2 cell/allergic response.

内部(細菌感染症)または外部(心理的)ストレス要因がアトピー性皮膚炎(AD)を誘発することがあるという観察は、ストレスが皮膚バリア機能を弱めてタイプ2ヘルパーT細胞/アレルギー反応へ免疫のシフトを支持することを示している研究によって説明する。

T helper type 2 cell :タイプ2ヘルパーT細胞

Furthermore, those with AD appear to have an inherited hypothalamic deficiency that impairs normal hypothalamic-pituitary-adrenal axis function. Neuropeptides released in the skin may also mediate neurogenic inflammation, including mast cell degranulation.

さらに、アトピー性皮膚炎(AD)患者の人たちは正常な視床下部ー下垂体ー副腎(HPA)系機能を損なう遺伝性視床下部欠損症を有しているようである。また、皮膚で放出される神経ペプチドは肥満細胞脱顆粒を含む神経原性炎症を介在することがある。

neurogenic inflammation 神経原性炎症
hypothalamic-pituitary-adrenal (HPA) axis :視床下部ー下垂体ー副腎(HPA)系
mast cell degranulation 肥満細胞脱顆粒

AD causes significant stress and impaired quality of life in patients and their family members. Psychologic and stress-reduction interventions were recently shown to improve patient well-being, and to significantly improve cutaneous manifestations.

アトピー性皮膚炎(AD)は患者および家族の一員に重大なストレスを引きおこして生活の質を阻害した。心理的およびストレス-軽減の介入は患者の幸福を改善して有意に皮膚症状を改善するこことが最近示された。

cutaneous manifestations 皮膚症状

PMID: 18606083 [PubMed - indexed for MEDLINE]

アトピー性皮膚炎体内脂肪酸代謝異常


アトピー性皮膚炎患者ヘンプシードオイルで改善

リアノン・ハリス女史来日セミナー:がんおよび緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー5月29日(土)〜30日(日)(2日間)

三上杏平先生講座:各種ラベンダーの成分と機能性の違いについて5月12日(水)募集中

|

« アトピー性皮膚炎とストレス、感情と皮膚の関係 | Main | アルツハイマー型認知症患者に対するアロマセラピー効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アトピー性皮膚炎とストレス、感情と皮膚の関係 | Main | アルツハイマー型認知症患者に対するアロマセラピー効果 »