« 精油成分・α-ピネンの関節炎治療の可能性(2) | Main | しこいわし三味(刺身、天ぷら、酢物)今日のランチ »

April 08, 2010

空気質改善に対してのヨーロッパアカマツの抗真菌特性

Fungicidal properties of Pinus sylvestris L. for improvement of air quality

空気質改善に対してのヨーロッパアカマツの抗真菌特性

Fungicidal properties:抗真菌特性
Pinus sylvestris L:ヨーロッパアカマツ
Air Quality 空気質

PUBMEDより

1: Medicina (Kaunas). 2004;40(8):787-94.

Motiejūnaite O, Peciulyte D.

Vilnius Pedagogical University, Studentu 39, 08106 Vilnius, Lithuania. onamotje@one.lt

Sick building syndrome is a term commonly used to describe the consequences of poor indoor air quality. It is well documented that first of all air quality depends on the chemical composition, and until now negligible attention has been paid to air pollution by microorganisms. Some species of fungi (Aspergillus flavus, A. fumigatus, A. niger, A. parasiticus, A. oryzea and other) and their toxins cause difficulty in breathing, allergic rhinitis, watery eyes, headaches, and flu-like symptoms.

シックハウス症候群は室内空気質悪化の結果を記述することに通常使用される用語である。まず最初に、空気質は化学成分によるものであることが実証されていて、今日まで、微生物による空気汚染にはほとんど注意ははらわれなかた。一部の菌類(黄色こうじ菌、アスペルギルス・フミガタス、アスペルギルス ニゲル、アスペルギルス パラジティカス、アスペルギルス・オリザエ)およびそれらの毒素が引き起こす。

Sick building syndrome シックハウス症候群
indoor air quality 室内空気質
Aspergillus flavus 黄色こうじ菌
Aspergillus fumigatus:アスペルギルス・フミガタス
Aspergillus niger アスペルギルス ニゲル、黒こうじかびの一種)
Aspergillus parasiticus アスペルギルス パラジティカス
Aspergillus oryzae、アスペルギルス・オリザエ ニホンコウジカビ

Over recent years considerable interest has been developed for plant extracts that would be of great use for the improvement of air quality. The biological activity of Pinus sylvestris L. has been investigated in order to find out its fungicidal activity against airborne microorganisms.

ここ数年にわたって、かなりの関心が空気質改善のために有用であろう植物抽出物にたいしてもたれた。ヨーロッパアカマツの生物活性は大気浮遊微生物に対してその抗真菌作用を解明するために調査された。

airborne microorganisms 大気浮遊微生物

It was determined, that fungi from Aspergillus and Penicillium genera dominated indoors. Antimicrobial activity of pine oil was evaluated by technique of oil diffusion to Czapek agar (for fungi), malt extract agar (for yeast and yeast-like fungi) and nutrient agar (for bacteria).

コウジカビおよびアオカビからの真菌類が室内を支配していたことが決定づけられた。ヨーロッパアカマツオイルの抗菌作用は、ツァペック寒天(菌に対して)、麦芽エキス寒天(イースト菌およびイースト様菌に対して)および
普通寒天(バクテリアに対して)にオイル拡散テクニックによって評価された。

Aspergillus コウジカビ
Penicillium アオカビ
Czapek agar ツァペック寒天
malt extract agar 麦芽エキス寒天
nutrient agar 普通寒天

Minimum inhibitory concentrations of pine oil to 13 species (8 fungi, 2 yeast-like fungi, yeast and 2 bacteria,) were determined: 1.0-2.5, 1.0-1.2, 0.5-0.75, and 0.75-1.2% (v/v), respectively.

13種(8つの菌、2つのイースト様菌、イーストおよび2つのバクテリア)へのヨーロッパアカマツオイルの最小発育阻止濃度は決定された:それぞれ、1.0-2.5、1.0-1.2、0.5-0.75と0.75-1.2%(v/v)であった。

Minimum inhibitory concentrations 最小発育阻止濃度

According to resistance to pine oil action, microorganisms grouped themselves as following: fungi, spore bacteria, yeast-like fungi, yeast, and bacteria (fungi being the most resistive and bacteria being the least resistive). The most active concentration of pine oil against all tested microorganisms was 2.5%, and the most sensitive fungus to volatiles was Ulocladium oudemansii.

ヨーロッパアカマツオイル作用に対する抵抗性によれば、微生物は下記のように彼ら自身で群れをなした。:真菌、細菌胞子、イースト様真菌、イースト菌、およびバクテリア(真菌最も高い抵抗性およびバクテリア最も少ない抵抗性)。全ての検査した微生物に対してヨーロッパアカマツオイルの最も高い活性濃度は2.5%で、揮発性物質に最も敏感な真菌はウロクラディウム・オウデマンシであった。

spore bacteria 細菌胞子
Ulocladium oudemansii:ウロクラディウム・オウデマンシ

PMID: 15300001 [PubMed - indexed for MEDLINE]

リアノン・ハリス女史来日セミナー:がんおよび緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー5月29日(土)〜30日(日)(2日間)

|

« 精油成分・α-ピネンの関節炎治療の可能性(2) | Main | しこいわし三味(刺身、天ぷら、酢物)今日のランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 精油成分・α-ピネンの関節炎治療の可能性(2) | Main | しこいわし三味(刺身、天ぷら、酢物)今日のランチ »