« 今日の夕食:手羽先の野菜炒め | Main | β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用 »

April 12, 2010

ジャスミンサンバック精油の刺激および気分高揚作用

Stimulating effect of aromatherapy massage with jasmine oil.

ジャスミンサンバック精油でのアロマセラピーマッサージ刺激作用

PUBMEDより

Nat Prod Commun. 2010 Jan;5(1):157-62.

Hongratanaworakit T.

Department of Pharmaceutical Chemistry, Faculty of Pharmacy, Srinakharinwirot University, Rangsit-Ongkharak Road, Nakhonnayok 26120, Thailand. tapanee@swu.ac.th

The aim of this study was to investigate the effect of aromatherapy massage with jasmine oil (Jasminum sambac L., Oleaceae) on humans. Human autonomic parameters, i.e. blood pressure, pulse rate, blood oxygen saturation, breathing rate, and skin temperature, were recorded as indicators of the arousal level of the autonomic nervous system.

本研究の目的はヒトへのジャスミンサンバック精油でのアロマセラピー マッサージ効果を調査することであった。自律神経パラメーター、すなわち、血圧、脈拍数、血中酸素飽和度、呼吸数、および皮膚温は、自律神経系の覚醒水準の指標として記録された。

autonomic parameters 自律神経パラメーター
blood oxygen saturation 血中酸素飽和度
arousal level 覚醒水準

In addition, subjects had to rate their emotional condition in terms of relaxation, vigor, calmness, attentiveness, mood, and alertness in order to assess subjective behavioral arousal.

さらに、被験者は主観的な行動覚醒を評価するためにリラクゼーション、活力、落ち着き、注意力、気分、および覚醒に関して彼らの情動状態を評価しなければならなかった。

Forty healthy volunteers participated in the experiments. Jasmine oil was applied topically to the skin of the abdomen of each subject. Compared with placebo, jasmine oil caused significant increases of breathing rate, blood oxygen saturation, and systolic and diastolic blood pressure, which indicated an increase of autonomic arousal. At the emotional level, subjects in the jasmine oil group rated themselves as more alert, more vigorous and less relaxed than subjects in the control group.

ジャスミン・サンバック精油が実験に参加した40人の健常ボランティア・被験者の腹部皮膚に局所的に塗布された。プラセボと比較して、ジャスミン・サンバック精油は呼吸数、血中酸素飽和度および収縮期と拡張期の血圧の増加を有意に引き起こして、そのことは自律神経の覚醒を示した。感情レベルで、ジャスミン・サンバック精油郡被験者は対照郡被験者よりさらに覚醒、活力およびリラックスしてないと自分自身を評価した。

This finding suggests an increase of subjective behavioral arousal. In conclusion, our results demonstrated the stimulating/activating effect of jasmine oil and provide evidence for its use in aromatherapy for the relief of depression and uplifting mood in humans.

この研究結果は主観的な行動覚醒の増加を示唆している。結論として、我々の研究結果はジャスミン・サンバック精油の刺激/活性作用を示して、ヒトでうつ病の緩和および気分高揚のためのアロマセラピーにおける精油使用の証拠を提供している。

PMID: 20184043 [PubMed - in process]

リアノン・ハリス女史来日セミナー:がんおよび緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー5月29日(土)〜30日(日)(2日間)

|

« 今日の夕食:手羽先の野菜炒め | Main | β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日の夕食:手羽先の野菜炒め | Main | β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用 »