« 三上杏平先生精油化学講座・精油確認実験7月14日(水)募集中 | Main | シトロネロールとゲラニオールの抗炎症作用 »

June 15, 2010

ラベンダー精油芳香ストレス緩和効果

Effect of lavender aroma on salivary endocrinological stress markers.

唾液内分泌性ストレスマーカーに及ぼすラベンダー芳香の効果

salivary endocrinological stress markers. 唾液内分泌性ストレスマーカー

1: Arch Oral Biol. 2008 Jul 15.

Toda M, Morimoto K.

Department of Social and Environmental Medicine, Osaka University Graduate School of Medicine, 2-2 Yamada-Oka, Suita, Osaka 565-0871, Japan.

大阪大学大学院医学系研究、社会環境医学講座

OBJECTIVE: We evaluated the stress relief effect of lavender aroma by measuring sensitive salivary endocrinological stress markers, cortisol and chromogranin A (CgA).

目的:我々は、感受性の高い唾液内分泌性ストレスマーカー、ラベンダー芳香のストレス緩和効果を評価した。


DESIGN: Thirty healthy students performed a serial arithmetic task for 10min and then rested for 10min. During the resting period, 16 students (aroma group) were exposed to airborne organic essential oil of lavender. Saliva samples were collected immediately before and after the arithmetic task, and at 5 and 10min after that. Salivary cortisol and CgA levels were determined by enzyme-linked immunosorbent assay.

計画:30人の健常学生は10分間連続暗算を行って次に間休んだ。休憩時間の間に、16人の学生(芳香群)はオーガニックラベンダー精油のミストに暴露された。唾液サンプルは暗算課題の前後直ぐに集められて、その後5分と10分に集められた。唾液のコルチゾルおよびCgA濃度はエライザ法で測定された。

enzyme-linked immunosorbent assay:エライザ法(酵素免疫測定法の一種)

RESULTS: In the aroma group, levels of CgA that had been elevated at the end of the arithmetic task were statistically significantly lower 10min later. The control group showed no such change. During the protocol, no statistically significant changes in levels of cortisol were detected in either the aroma group or the control group.

結果:芳香群において、暗算課題の最後に上昇したCgA濃度は10分後に統計学的にかなり低下した。対照群はそのような変化を示さなかった。手順の間、コルチゾル濃度の統計学的に有意な変化は芳香群または対照群でみられなかった。

結論:これらの結果はラベンダー芳香がストレス緩和効果があることを示唆している。

PMID: 18635155 [PubMed - as supplied by publisher]

三上杏平先生精油化学講座・精油確認実験7月14日(水)募集中

|

« 三上杏平先生精油化学講座・精油確認実験7月14日(水)募集中 | Main | シトロネロールとゲラニオールの抗炎症作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三上杏平先生精油化学講座・精油確認実験7月14日(水)募集中 | Main | シトロネロールとゲラニオールの抗炎症作用 »