« 皮膚の治療と必須脂肪酸(リノール酸・α‐リノレン酸) | Main | 三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催 »

July 27, 2010

アトピー性皮膚炎とリノール酸代謝物

Linoleic acid metabolite levels and transepidermal water loss in children with atopic dermatitis.

アトピー性皮膚炎小児におけるリノール酸代謝物濃度と経表皮水分喪失量

transepidermal water loss (TEWL) 経表皮水分喪失量

PUBMEDより

Ann Allergy Asthma Immunol. 2008 Jan;100(1):66-73.

Yen CH, Dai YS, Yang YH, Wang LC, Lee JH, Chiang BL.

Department of Pediatrics, National Taiwan University Hospital, Taipei, Taiwan.

Abstract

要旨

BACKGROUND: It has been suggested that atopic dermatitis (AD) is associated with impaired delta-6 desaturase activity and the subsequent altered composition of n-6 essential fatty acids (EFAs).

背景:アトピー性皮膚炎(AD)はδ-6デサチュラーゼ活性傷害に続いてn-6必須脂肪酸(EFA)の組成を変化させたこと関係していることを示唆した。

delta-6 desaturase activity:δ6‐デサチュラーゼ活性

]OBJECTIVE: To investigate whether n-6 EFA deficiency accounts for AD by affecting transepidermal water loss or the immune response.

n-6 必須脂肪酸欠乏が経表皮水分喪失量または免疫応答に影響を及ぼすことによってアトピー性皮膚炎ADを説明するかどうか調査すること。

METHODS: Serum levels of n-6 EFAs were measured using gas chromatography-mass spectrometry in a well-defined group of 35 children with AD (IgE level >150 U/mL); 35 age-matched children with allergic rhinitis, asthma, or both (IgE level >150 U/mL); and 31 nonatopic controls (IgE level <100 U/mL). Skin barrier function was evaluated by measuring transepidermal water loss and severity of AD by computing the Scoring Atopic Dermatitis (SCORAD) index.

方法:n-6 必須脂肪酸の血清濃度は、35人のアトピー性皮膚炎小児患者の明確な群 (IgE 濃度>150 U/mL)、同年齢の35人のアレルギー性鼻炎、喘息、または両方の疾患(IgE 濃度>150 U/mL)小児、31人の非アトピー群でガスクロマトグラフィ-質量分析を使用して測定された。皮膚バリア機能はアトピー性皮膚炎評価(SCORAD)指数を計算することによって経表皮水分喪失量と重症度を測定することで評価された。

RESULTS: Atopic children had higher levels of linoleic acid (LA) and lower levels of its metabolites. Furthermore, gamma-linolenic acid to LA and dihommo-gamma-linolenic acid to LA ratios were significantly reduced in atopic patients. Transepidermal water loss and the SCORAD index were negatively correlated with serum levels of LA metabolites. There was no correlation between the SCORAD index and IgE level (P = .51) or between n-6 EFA concentrations and IgE level (P > .10).

結果:アトピー性小児は高濃度のリノール酸(LA)であって低濃度のリノール酸代謝物であった。さらに、リノール酸(LA)に対するγ-リノレン酸およびリノール酸(LA)に対するジホモ-γ-リノレン酸の比率はアトピー患者で
有意に低下している。経表皮水分喪失量とアトピー性皮膚炎評価指数はリノール酸代謝物の血清濃度と
有意に負の相関関係であった。アトピー性皮膚炎評価指数とIgE濃度(P = .51)との間またはn-6必須脂肪酸濃度とIgE濃度(P>.10)との間には相関がなかった。

CONCLUSIONS: Deficits in n-6 EFAs were correlated with the severity of AD by affecting skin barrier function and cutaneous inflammation. The link between impaired n-6 EFA metabolism and IgE level could not be defined.

結論:n-6必須脂肪酸欠如は皮膚バリア機能および皮膚炎症に影響を及ぼすことによってアトピー性皮膚炎の重症度と相関していた。n-6 必須脂肪酸代謝障害とIgE濃度との関係は定義できなかった。

PMID: 18254485 [PubMed - indexed for MEDLINE]

|

« 皮膚の治療と必須脂肪酸(リノール酸・α‐リノレン酸) | Main | 三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催 »

Comments

大変参考になります!私の生活が、少しでもハッピーになれば・・・と思います。また、伺わせて頂きます!

Posted by: 佐藤 信子 | July 30, 2010 at 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 皮膚の治療と必須脂肪酸(リノール酸・α‐リノレン酸) | Main | 三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催 »