« 雑誌セラピスト8月号・リアノン・ハリス来日セミナー紹介 | Main | ローズオイルとその単体成分の皮膚透過性 »

July 09, 2010

柑橘系精油成分d‐リモネンの利尿作用

Effects of Various Fragrant Ingredients on Desmopressin-induced Fluid Retention in Mice.

マウスにおけるデスモプレシン誘発水分貯留に及ぼす様々な芳香成分の作用

Desmopressin デスモプレシン
Fluid Retention 水分貯留

PUBMEDより

Yakugaku Zasshi. 2010 Jul;130(7):983-7.

Morimoto Y, Shibata Y.

Kampo Research Laboratories, Kracie Pharma, Ltd.

クラシエ製薬株式会社漢方研究所

Abstract

要旨

Although fragrances are often used in aromatherapy for the treatment of edema, few studies on their diuretic and/or antiedematous activities have been performed.

芳香が浮腫治療のためにアロマセラピーで使用されることが多いけれど、それら利尿およびまたは抗浮腫作用に関する研究はほとんど行われなかった。

antiedematous  抗浮腫

In this study, the effects of four types of fragrant ingredients (d-limonene, piperitone, alpha-pinene, and cinnamaldehyde) were examined in a mouse model of fluid retention.

本研究において、4種類の芳香成分(d‐リモネン、ペペリトン、α‐ピネンおよび桂皮アルデヒド)の作用は水分貯留マウス・モデルで調べられた。

The mice were loaded with water after treatment with desmopressin (an antidiuretic hormone). In addition, zingerone, a pungent component of ginger which is considered to be effective in the treatment of edema, was examined.

マウスはデスモプレシン(抗利尿ホルモン)の処置後に水を加えられた。さらに、浮腫治療に効果的であると考えられている生姜の辛味成分・ジンゲロンが調査された。

antidiuretic hormone 抗利尿ホルモン

Moreover, their effects were compared with those of furosemide, a representative diuretic. Among the five types of fragrant ingredients examined, all except for cinnamaldehyde increased the urine volume in the fluid retention mouse model when administered at a dose of 100 mg/kg. In particular, d-limonene and zingerone significantly increased the urine volume.

さらに、それらの作用は代表的な利尿剤・プロセミドと比較された。調査された7種類の芳香成分の中100mg/kg容量で投与されるとき桂皮アルデヒド以外の全ての成分は水分貯留マウス・モデルにおいて尿量を増加させた。特に、d‐リモネンおよびジンゲロンは有意に尿量を増加させた。

furosemide:フロセミド 利尿剤

Thus the effects of these two ingredients were further examined at lower doses of 10 and 30 mg/kg. d-Limonene significantly increased the urine volume in a dose-dependent manner. Zingerone resulted in a significant increase in the urine volume only at a dose of 30 mg/kg.

このように、これらの2つの成分作用はさらに10 and 30 mg/kg 10の低用量で調べられた。d‐リモネンは容量依存方法で有意に尿量を増加させた。ジンゲロンは結果的に30mg/kg容量のみで尿量を増加させた。

In normal mice, d-limonene did not affect the urine volume at the same doses. In contrast, zingerone significantly increased the urine volume in normal mice at a dose of 30 mg/kg. Furosemide significantly increased the urine volume in both the fluid-retentive and normal mice.

通常マウスで、d‐リモネンは同容量で尿量に影響を及ぼさなかった。対照的に、ジンゲロンは30mg/kg容量で通常マウスの尿量を有意に増加させた。フロセミドは水分貯留および通常マウスの両方で尿量を有意に増加させた。

These results indicate that both d-limonene and zingerone exhibit diuretic actions; however, the former fragrance only exerted an action in the fluid-retentive state. This different action suggests that d-limonene might be promising for the treatment of edema.

これらの研究結果はd‐リモネンおよびジンゲロンの両方が利尿作用を示すことを示している。しかしながら、d‐リモネンの芳香は水分貯留状態においてだけ作用を及ぼした。この異なる作用は浮腫治療のために有望かもしれないことを示唆する。

PMID: 20606379 [PubMed - in process]

|

« 雑誌セラピスト8月号・リアノン・ハリス来日セミナー紹介 | Main | ローズオイルとその単体成分の皮膚透過性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雑誌セラピスト8月号・リアノン・ハリス来日セミナー紹介 | Main | ローズオイルとその単体成分の皮膚透過性 »