« 柑橘系精油成分d‐リモネンの利尿作用 | Main | 糖分添加食と高血圧の関係 »

July 15, 2010

ローズオイルとその単体成分の皮膚透過性

Comparative study on the in vitro human skin permeation of monoterpenes and phenylpropanoids applied in rose oil and in form of neat single compounds.

生体外において、ローズオイルおよび原液単体成分で塗布したモノテルペンおよびフェニルプロパノイドのヒト皮膚透過性の比較研究

PUBMEDより

Pharmazie. 2010 Feb;65(2):102-5.

Schmitt S, Schaefer U, Sporer F, Reichling J.

Institute of Pharmacy and Molecular Biotechnology, University of Heidelberg, Germany.

Abstract

要旨

Essential oils are ingredients of cosmetic and health care products as well as massage oil used in aromatherapy. There is no doubt that essential oils and their components are able to permeate human skin. But information is rare dealing with percutanous absorption of essential oils in more detail.

精油はアロマセラピーで使用されるマッサージオイルと同様に化粧品およびヘルスケア用品の原料である。精油およびその成分がヒトの皮膚に透過することは疑いないことである。しかし、詳細に精油の経皮吸収を取り上げている情報は少ない。

percutanous absorption 経皮吸収

In this paper we investigated the in vitro skin permeation of monoterpenes and phenylpropanoids applied in pure rose oil and in form of neat single substances. We found that the application form had an exceeding influence on the skin permeation behaviour of the compounds.

本論文では、我々は生体外でローズオイルおよび生単体成分の形で塗布したモノテルペンおよびフェニルプロパノイドを調査した。塗布形体は成分の皮膚透過挙動に多大な影響を及ぼすことを解明した。

skin permeation behaviour皮膚透過挙動

For substances applied in rose oil a clear relationship between their lipophilic character, chemical structure, and skin permeation could be confirmed. Regarding the P(app)-values the substances are ranked in the order: monoterpene hydrocarbons < monoterpene alcohols < monoterpene ketons < phenylpropanoids. In contrast, for neat single substances there were no relationships between their lipophilic characters, structures and skin permeation.

ローズオイルで塗布された物質に対して、それらの脂質親和性特質、化学構造と皮膚透過性との明らかな関係が確認することができた。物質の塗布透過性値は下記の順序にランクされる:モノテルペン炭化水素<モノテルペン・アルコール類<モノテルペン・ケトン<フェニルプロパノイド。対照的に、生単体成分にたいしては脂質親和性特質、化学構造と皮膚透過性との関係はなかった。

lipophilic :脂質親和性の
P(app)-values:塗布透過性値

Furthermore, except for alpha-pinene and isomenthone, the P(app)-values of all other substances were several times higher when applied in pure native rose oil than in their neat form. This suggests that co-operative interactions between essential oil components may promote skin permeation behaviour of essential oil and its components.

さらに、α‐ピネンとイソメントンを除いて、全ての他の物質の塗布透過性値はそれらの成分の形でよりも純粋の原液ローズオイルで塗布されると数倍高かった。これは、精油成分の間の相互作用が精油およびその成分の皮膚浸透挙動を促進する可能性があることを示唆する。

isomenthone イソメントン
考えたこと

今回は化学用語の的確な訳語をみつけるのに苦労して適訳ができなった。substancesを物質と訳したが文面からすると適訳ではない。P(app)-valuesを塗布透過性値にしたがこれは組み合わせて訳語にしたので確認はとれていない。neat single substancesの訳もうまくいっていない。

皮膚透過促進剤としてのリモネン

お知らせ

冷えとりと雑貨の店 ~ キャンディーケイト ~のアロマテラピー教室7月18日(日)

リンク先のブログ「ルミ姉の手作り食と癒し」の佐藤 留美さんのアロマテラピー教室です。

「虫よけスプレー&米ヌカ入り沖縄のおやつ作り」

|

« 柑橘系精油成分d‐リモネンの利尿作用 | Main | 糖分添加食と高血圧の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 柑橘系精油成分d‐リモネンの利尿作用 | Main | 糖分添加食と高血圧の関係 »