« ネパール産の蜂蜜・蜜蝋・ナッツバター購入 | Main | リノール酸(オメガ-6)過剰α-リノレン酸(オメガ-3)不足で肥満(2) »

August 07, 2010

リノール酸(オメガ-6)過剰α-リノレン酸(オメガ-3)不足で肥満(1)

Insufficient ALA could be linked to obesity trend

α-リノレン酸不足が肥満傾向に関係

A new study suggests that a deficiency in alpha-linoleic acid (omega-3) coupled with a chronic excess of linoleic acid (omega-6) could lead to ‘inherited obesity’.

新研究は、リノール酸(オメガ-6)の慢性過剰に伴うα-リノレン酸(オメガ-3)不足が『遺伝性肥満』をもたらすことになることを示唆している。

The study, published in the Journal of Lipid Research, describes an increase in fat mass of mice over several generations when fed an ‘unbalanced Western diet’.
脂質研究雑誌に掲載された研究は『アンバランスな西洋型の食事』で飼育されたときに数世代にわたってマウスの体脂肪量増加を記述している。

fat mass 体脂肪量

In addition to trans-generational weight gain, the research also observed the onset of metabolic disorders such as insulin resistance, and the expression of the inflammatory genes involved in obesity as generations advanced.

世代を超える体重増に加えて、また、この研究は、インスリン抵抗性のような代謝異常の発症および世代が進んだとして肥満に関与する炎症性遺伝子の発現を観察した。

“Collectively, our data show that continuous exposure to a high-fat diet combined with a high LA:LNA [omega-6:omega-3] ratio over generations triggers a discrete and steady increase in inflammatory stimuli, accompanied by enhancement of fat mass” wrote the researchers.

「集合的に、我々のデータは世代を超えての高リノール酸:リノレン酸[オメガ-6:オメガ-3]比率に伴う継続的高脂肪食の暴露は体脂肪増加を伴って炎症刺激の穏やか着実な増加を引き起こす」と、研究者は記述している。

inflammatory stimuli 炎症性刺激

Unbalanced Intake

アンバランスな摂取量

The beneficial role that polyunsaturated fatty acids can have on health is well established. However when their intake is unbalanced, these essential fatty acids can enhance factors that can induce obesity, and may have serious long-term effects on human health.

多価不飽和脂肪酸が健康に対して有している有益な役割は実証されている。しかし、それらの摂取量がアンバランスのときに、これらの必須脂肪酸は肥満を誘発することになる因子を増加させて、ヒトの健康に長期にわたって重篤な影響を及ぼすことなる。

During the last forty years Western societies have seen increases in the level of calories ingested, alongside an increase of over 250 percent in levels omega-6 intake and a fall in levels of omega-3 of 40 percent. This change in diet has coincided with a steady rise in obesity levels through the generations.

この40年間に、西洋社会はオメガー6摂取量の250%以上の増加とオメガー3摂取量の40%低下に伴ってのカロリー摂取量の増加を見た。食事におけるこの変化は世代を通して肥満レベルの着実な増加と一致している。


Over this time the ratio of omega-6 to omega-3 in a typical Western diet has shifted from the recommended 5-to-1, to 15-to-1 in much of Europe, and can be as high as 40-to-1 in the United States.

この時間の経過につれて、典型的西洋型の食事のオメガ-3に対するオメガ-6の比率は、多くのヨーロッパで推奨5対1から15対1まで変わって米国で40対1高さまでなっている。

Alpha-linoleic acid (ALA) omega-3 is an essential fatty acid that the body cannot make, and therefore must be consumed in the diet. Good sources of ALA include: flaxseed, soybeans, walnuts, and olive oil. The U.S Institute of Medicine recommends an ALA intake of 1.6 grams per day for men and 1.1 grams per day for women.

α-リノレン酸(ALA)オメガ-3は身体で産生すことが出来ない必須脂肪酸であって、したがって、食事で摂取しなければならない。α-リノレン酸の良質な供給源はフラックスシードオイル(亜麻油)大豆油、クルミ油とオリーブ油である。米国医学研究所は男性は1日につき1.6 グラムと女性は1日につき1.1グラムのα-リノレン酸摂取を推奨している。

ダイエットにα-リノレン酸豊富なモテギ産エゴマ油

三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催

|

« ネパール産の蜂蜜・蜜蝋・ナッツバター購入 | Main | リノール酸(オメガ-6)過剰α-リノレン酸(オメガ-3)不足で肥満(2) »

Comments

MBTを横から見ると非常にユニークな形をしていますが、これには理由があります。
かかとが高い靴で歩くとつま先に重心がかかるため、骨盤が前に傾いた形で歩くことになり、これでは正しい歩き方ができません。
MBTはかかとを浮かせることで前に傾かないようにし、さらに普段あまり使わない筋肉を使って歩くことで骨盤を正常な位置に戻します。

Posted by: mbt | February 07, 2011 at 11:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ネパール産の蜂蜜・蜜蝋・ナッツバター購入 | Main | リノール酸(オメガ-6)過剰α-リノレン酸(オメガ-3)不足で肥満(2) »