« プライ(ボンツクショウガ)精油化学成分E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル)ブタジエン(DMPBD)の抗炎症作用 | Main | バイオレットグラスの歴史とバイオフォントン »

August 01, 2010

プライ(ボンツクショウガ)精油成分(E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル) ブタジエン(DMPBD)抗炎症作用PUBMEDより

プライ(ボンツクショウガ)精油成分(E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル) ブタジエン(DMPBD)抗炎症作用PUBMEDより

Anti-inflammatory activity of (E)-1-(3,4-dimethoxyphenyl) butadiene from Zingiber cassumunar Roxb.

プライ(ボンツクショウガ)の化学成分(E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル) ブタジエン(DMPBD)の抗炎症作用


(E)-1-(3,4-dimethoxyphenyl) butadiene:(E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル) ブタジエン(DMPBD),
dimethoxyphenyl ジメトキシフェニル
butadiene ブタジエン

PUBMEDより

Jeenapongsa R, Yoovathaworn K, Sriwatanakul KM, Pongprayoon U, Sriwatanakul K.

Department of Pharmacy Practice, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Naresuan University, Muang, 65000, Phitsanulok, Thailand. rattimaj@yahoo.com

Abstract

要旨

This study aimed to investigate the anti-inflammatory activity of (E)-1-(3,4-dimethoxyphenyl) butadiene (DMPBD), isolated from Zingiber cassumunar Roxb., using in vivo and in vitro models.

本研究は、生体内および生体外モデルを使用して、プライ(ボンツクショウガ)・から単離された(E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル) ブタジエン(DMPBD)の抗炎症作用を調査することを目的とした。

The results show that DMPBD dose-dependently inhibited the rat ear edema induced by ethyl phenylpropiolate (EPP), arachidonic acid (AA) and 12-O-tetradecanoylphorbol 13-acetate (TPA) and it was more potent than any other standard drugs being used. In EPP-induced edema IC(50) of DMPBD and oxyphenbutazone were 21 and 136nmol per ear, respectively.

研究結果はDMPBDが用量依存的にエチル・フェニルプロピオレート(EPP)、アラキドン酸、および12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタート誘発ラット耳介浮腫を阻害して、それは使用されているいかなる他の標準薬よりも強力であったことを示している。DMPBDおよびオキシフェンブタゾンのエチル・フェニルプロピオレート(EPP)誘発浮腫IC(50)で、それぞれ、1耳あたり21 および 136nmolであった。

ear edema 耳介浮腫
ethyl phenylpropiolate (EPP)エチル・フェニルプロピオレート
12-O-tetradecanoylphorbol 13-acetate (TPA) 12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタート
oxyphenbutazone オキシフェンブタゾン

The IC(50) of DMPBD and phenidone were 60 and 2520nmol per ear, respectively, in AA-induced edema whereas DMPBD was 11 times more potent than diclofenac in TPA-induced edema (IC(50)=660 and 7200pmol per ear, respectively). DMPBD and diclofenac inhibited the rat paw edema induced by carrageenan but not by platelet activating factor (PAF).

DMPBD およびフェニドンのIC50値(50%阻害濃度)はアラキドン酸(AA )誘発浮腫で1耳あたりそれぞれ60および2520nmolでしたが、DMPBDは12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタート(TPA)誘発浮腫(それぞれ、1耳あたりIC(50)=660 および7200pmol per )でジクロフェナクより11倍強力でした。DMPBDおよびジクロフェナクはカラギーナン誘発ラット足浮腫を阻害したが血小板活性化因子(PAF)によっては阻害しなかった。

phenidone フェニドン
diclofenac ジクロフェナク
carrageenan カラギーナン
platelet activating factor (PAF) 血小板活性化因子

In in vitro study DMPBD, aspirin and phenidone inhibited collagen-induced platelet aggregation with IC(50) of 0.35, 0.43 and 0.03mM, respectively. Whereas IC(50) of these agents in ADP, AA and PAF inductions were 4.85, 3.98 and 1.30mM; 0.94, 0.13 and 0.04mM; and 1.14, 6.96 and 2.40mM, respectively.

生体外研究において、それぞれ、DMPBD、アスピリンおよびフェニドンは0.35, 0.43 andおよび0.03mMのIC50値(50%阻害濃度)でコラーゲン誘発血小板凝集を阻害した。ところが、ADP、アラキドン酸とPAF誘導のこれらの薬剤のIC(50)は、4.85、3.98と1.30mMであった;

platelet aggregation 血小板凝集

These results indicate that DMPBD possesses a potent anti-inflammatory activity through the inhibition of CO and LO pathways and seems to have more prominent effects on the LO pathway.

これらの結果はDMPBDがシクロオキシゲナーゼおよびリポキシゲナーゼ代謝系経路の阻害を介して強力な抗炎症作用を有していて、ロイコトリエン代謝系経路により顕著な作用を及ぼすようであることを示している。

CO :cyclooxygenase シクロオキシゲナーゼ
LO:lipoxygenase リポキシゲナーゼ

PMID: 12860299 [PubMed - indexed for MEDLINE]

プライ(ボンツクショウガ)5ml・精油

VOA Special English、アスピリン:世界で最も広く使用されている薬剤のひとつ

三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催

|

« プライ(ボンツクショウガ)精油化学成分E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル)ブタジエン(DMPBD)の抗炎症作用 | Main | バイオレットグラスの歴史とバイオフォントン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プライ(ボンツクショウガ)精油化学成分E)-1-(3,4-ジメトキシフェニル)ブタジエン(DMPBD)の抗炎症作用 | Main | バイオレットグラスの歴史とバイオフォントン »