« バイオレットグラスの歴史とバイオフォントン | Main | ベチバー5ml・精油 »

August 03, 2010

乳癌を通してHasel Scdadeがキャンサーフリーまで歩んだ道

Hasel Scdade’s Pathway through Cancer

乳癌を通してHasel Scdadeがキャンサーフリーまで歩んだ道

When Hazel Scade, a state registered nurse, was diagnosed with advanced invasive breast cancer she began the conventional route of chemotherapy treatments. However, working by that time as a complementary therapist, she could not reconcile herself to the highly toxic substances being administered that would destroy her immune system. She tells her story here of how she stopped the chemotherapy and took a less-invasive alternative route, and is now cancer free. If you or a loved one have been diagnosed with cancer there are alternatives. But whatever route you choose, always make sure you are fully informed before you discontinue treatments or medication.

国家登録看護師のHazel Scadeは進行浸潤性乳癌と診断されたとき、彼女は通常の化学療法のルートを開始した。しかし、その時まで補完医療セラピストとして働いていて、彼女は免疫系を破壊する猛毒物質が投与されることを認めることができませんでした。彼女は如何にして化学療法を止め、非非侵襲的代替ルート取って、現在は完治しいること語ります。あなたまたは愛する人が癌と診断された場合には代替療法があります。たとえどんなルートを選んでも、治療または薬剤を止める前に十分な情報を受けていることを確認しまさい。2000年4月に予後不良で、私が進行した浸潤乳癌と診断されたと考えていることは、難しい。

advanced invasive breast cancer 進行浸潤性乳がん

It is difficult to believe that I was diagnosed with advanced invasive breast cancer, with a poor prognosis back in April 2000. Nearly six years on, having followed a different treatment path and being totally cancer free for sometime now, I feel the need to share some of my experience with ‘Healthy Life’ readers.

2000年4月にさかのぼって予後不良で、私が進行浸潤性乳癌と診断されたことを信じることは難しいです。ほぼ6年続けて、異なる治療の道をたどって、いつか現在はまったく癌はなくなっている、いくらかの私の体を‘Healthy Lifeの読者と共有することの必要性を感じます。

,poor prognosis back 予後不良

考えたこと

本を整理していたら「My pathway Through Cancer」を見つけました。この本は英国のリフレクソロージーの先生からいただいた本です。読まないでそのままにしてました。乳癌を通常医療とは別の異なるルート(代替・補完療法)で癌フリーになった体験記です。インターネットで検索したらこの翻訳している記事にであったので紹介したいと思い一部を訳しました。

三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催

|

« バイオレットグラスの歴史とバイオフォントン | Main | ベチバー5ml・精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バイオレットグラスの歴史とバイオフォントン | Main | ベチバー5ml・精油 »