« ザクロシードオイルのコレステロール代謝調節の可能性 | Main | 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(2) »

August 24, 2010

腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1)

Changing gut bacteria could explain chronic western illnesses: Study

腸内細菌の変化は慢性西洋型疾患を説明できるだろう

A shift in gut microbial composition may explain the rising prevalence of chronic stomach upsets and even obesity among children in developed nations, suggests new research.

腸内細菌組成の変化は先進国の子供の間での慢性胃腸不調の罹患率および肥満でさえの上昇を説明することになると、新研究は示唆している。

Diets high in fat, sugar and protein, and low in fiber have been associated with increased incidence of noninfectious intestinal diseases all over the world.

脂肪、糖およびタンパク質の高い食事、および繊維の低い食事は世界中の非感染性腸疾患発症増大と関連していた。

non infectious intestinal diseases 非感染性腸疾患

Researchers writing in the Proceedings of the National Academy of Science (PNAS), examined differences in gut microbiota in 14 healthy children in rural Burkina Faso and 15 healthy children in urban Italy in an effort to explain the role of gut bacteria in some of these chronic illnesses.

米国科学アカデミー紀要に投稿している研究者は一部のこれら慢性疾患で腸内細菌の役割を説明しようとして、ブルキナファソの田舎で14人の健常な子供とイタリアの都市で14人の健常な子供で腸内細菌の相違を調べた。

Proceedings of the National Academy of Science (PNAS) 米国科学アカデミー紀要
Burkina Faso ブルキナファソ 西アフリカに位置する共和制国家。

The Burkina Faso children ate a diet high in starch, fiber and plant polysaccharides, and low in fat and animal protein – a diet thought to be similar to that of early human settlements at the time of the birth of agriculture. The Italian children’s diet was typical of the developed world – high in animal protein, sugar, starch, and fat, and low in fiber.

ブルキナファソ人の子供は、デンプン、繊維および植物多糖類の高い食事、および脂肪と動物タンパク質の低い食事、それは農業誕生時に初期のヒト定住時期と同じを思われる食事を摂食していた。イタリア人の子供の食事は典型的な先進国のものであった。それは、動物タンパク質、砂糖、デンプン、および脂肪が高くて、繊維が低かった。

starch デンプン
polysaccharides 多糖類
early human settlements 初期のヒト定住

三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催

|

« ザクロシードオイルのコレステロール代謝調節の可能性 | Main | 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ザクロシードオイルのコレステロール代謝調節の可能性 | Main | 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(2) »