« シャクナゲ(石楠花)精油の化学成分と生物学的特性 | Main | グリーンティーおよびホワイトティー抽出物の日焼け止め作用 »

August 29, 2010

天然成分およびスキンケアでそれらの使用の革新

Innovations in natural ingredients and their use in skin care.

天然成分およびスキンケアでそれらの使用の革新

PUBMEDより

J Drugs Dermatol. 2010 Jun;9(6 Suppl):S72-81; quiz s82-3.

Fowler JF Jr, Woolery-Lloyd H, Waldorf H, Saini R.

University of Louisville, Division of Dermatology, Louisville, KY 40202, USA. fowlerjoe@msn.com

Abstract

要旨

Natural ingredients have been used traditionally for millennia and their application in topical creams, lotions and preparations within the traditional medicines and healing traditions of many cultures has been observed. Over the last 20 years, clinical and laboratory studies have identified the benefits of an array of natural ingredients for skin care.

天然成分は伝統的に何千年も伝統医学の範囲で局所用クリーム、ローションや調合剤でミレニアムおよびそれらの剤として伝統的に使用されてきて、多くの文化で伝統的治療が観察された。過去20年にわたって、臨床および実験研究はスキンケアに対する多くの天然成分の有益性を確認した。

Consequently, a number of these ingredients and compounds are today being developed, used or considered not only for anti-aging effects, but also for use in dermatologic disorders.

結果的に数多くのこれらの成分および化合物は、今日、開発され、使用され、または アンチエイジング効果のためだけでなくて皮膚障害の使用のために考えられている。

Certain ingredients, such as colloidal oatmeal and aloe vera, have been identified as beneficial in the treatment of psoriasis and atopic dermatitis, respectively, due to their anti-inflammatory properties. For combating acne and rosacea, green tea, niacinamide and feverfew are considered efficacious. As to hyperpigmentation and antioxidative capabilities, licorice, green tea, arbutin, soy, acai berry, turmeric and pomegranate are among those plants and compounds found to be most beneficial.

コロイダルオートミールおよびアロエベラなどのある成分は、それらの抗炎症特性ゆえにそれぞれに、乾癬やアトピー性皮膚炎の治療で有益であるとして特定された。ニキビやしゅさに戦うために、グリーティー、ナイアシンアミド、およびナツシロギクは有効であると考えられている。色素沈着過剰および抗酸化力に関して、甘草(カンゾウ)、グリーティー、アルブチン、大豆、アサイーベリー、ターメリックおよびザクロは最も有効であるみられるそれらの植物および化合物の中にある。

rosacea しゅさ(酒さ)
hyperpigmentation 色素沈着過剰
antioxidative capabilities 抗酸化力
licorice 甘草(カンゾウ)

Additional research is needed to determine to confirm and elucidate the benefits of these ingredients in the prevention and management of skin disease.

追加研究は皮膚疾患の予防と管理でこれらの成分を立証して解明すること決定するために必要である。

PMID: 20626172 [PubMed - indexed for MEDLINE]

考えたこと

翻訳していていつもだがこなれていない文章になっています。いたうも思うのですが前置詞の訳しかたが難しいです。今回、amongをだだ中にあると訳したが文章にしてみるとなんかしっくりいってないです。

|

« シャクナゲ(石楠花)精油の化学成分と生物学的特性 | Main | グリーンティーおよびホワイトティー抽出物の日焼け止め作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シャクナゲ(石楠花)精油の化学成分と生物学的特性 | Main | グリーンティーおよびホワイトティー抽出物の日焼け止め作用 »