« 天然成分およびスキンケアでそれらの使用の革新 | Main | ヨモギ属精油7種 »

August 30, 2010

グリーンティーおよびホワイトティー抽出物の日焼け止め作用

Topical application of green and white tea extracts provides protection from solar-simulated ultraviolet light in human skin.

グリーンティーおよびホワイトティー抽出物の局所塗布はヒト皮膚で擬似太陽光線放射からの保護を提供する。

PUBMEDより

Exp Dermatol. 2009 Jun;18(6):522-6.

Camouse MM, Domingo DS, Swain FR, Conrad EP, Matsui MS, Maes D, Declercq L, Cooper KD, Stevens SR, Baron ED.

Department of Dermatology, University Hospitals Case Medical Center Cleveland, OH 44106, USA.
Abstract

BACKGROUND: Tea polyphenols have been found to exert beneficial effects on the skin via their antioxidant properties.

背景:茶ポリフェノールがそれらの抗酸化特性を介して皮膚への薬効を及ぼすことが解った。

AIMS: We sought to determine whether topical application of green tea or white tea extracts would prevent simulated solar radiation-induced oxidative damages to DNA and Langerhans cells that may lead to immune suppression and carcinogenesis.

目的:我々は、グリーンティーおまたはホワイトティー抽出物の局所塗布が免疫抑制および発癌に至る可能性がDNAとランゲルハンス細胞に対しての擬似太陽光線放射誘発酸化的損傷を防げるかどうかを決定することを求めた。

simulated solar radiation 擬似太陽光線放射
Langerhans cells ランゲルハンス細胞
immune suppression 免疫抑制
carcinogenesis 発がん

METHODS: Skin samples were analysed from volunteers or skin explants treated with white tea or green tea after UV irradiation. In another group of patients, the in vivo immune protective effects of green and white tea were evaluated using contact hypersensitivity to dinitrochlorobenzene.

方法:皮膚サンプルはボランティアまたは紫外線照射後グリーンティーおまたはホワイトティーで処理された皮膚外植変から分析された。もう一つの患者群において、生体内でグリーンティーおよびホワイトティーの免疫保護作用がジニトロクロロベンゼンに対する接触過敏症を用いて評価された。

skin explants 皮膚外植片
UV irradiation:紫外線照射
immune protective effects 免疫保護作用
contact hypersensitivity  接触過敏症
dinitrochlorobenzene ジニトロクロロベンゼン.

RESULTS: Topical application of green and white tea offered protection against detrimental effects of UV on cutaneous immunity. Such protection is not because of direct UV absorption or sunscreen effects as both products showed a sun protection factor of 1. There was no significant difference in the levels of protection afforded by the two agents. Hence, both green tea and white tea are potential photoprotective agents that may be used in conjunction with established methods of sun protection.

結果:
グリーンティーおよびホワイトティーの局所塗布は皮膚免疫に関して紫外線の有害作用対して保護を提供した。
そのような保護は直接の紫外線吸収または両方の製品が紫外線防御指数1を示したとしての日焼け止め作用のためではない。

cutaneous immunity 皮膚免疫
detrimental effects 有害作用
photoprotective agents 光防護剤
グリーンティーおよびホワイトティー抽出物

PMID: 19492999 [PubMed - indexed for MEDLINE]

翻訳が完成していませんがアップします。

|

« 天然成分およびスキンケアでそれらの使用の革新 | Main | ヨモギ属精油7種 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 天然成分およびスキンケアでそれらの使用の革新 | Main | ヨモギ属精油7種 »