« 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1) | Main | 腎毒性へのザクロシードオイルの保護作用 »

August 25, 2010

腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(2)

The researchers, from the University of Florence, compared intestinal bacteria in the two populations and found that significant differences developed from the time that breast feeding ceased.

フィレンツェ大学の研究者は2つの母集団の腸内細菌を比較して、有意差は母乳育児が止めた時から発現したことを発見した。

intestinal bacteria 腸内細菌

“Our results suggest that diet has a dominant role over other possible variables such as ethnicity, sanitation, hygiene, geography, and climate, in shaping the gut microbiota,” the authors wrote.

「我々の結果は腸内細菌叢形成において民族性、公衆衛生、衛生状態、地理、および気候など他の可能性ある変数に関して支配的な役割を担っていることを示唆している。」と著者は記述した。

ethnicity :民族性

“We can hypothesize that the reduction in richness we observe in EU compared with BF children, could indicate how the consumption of sugar, animal fat, and calorie-dense foods in industrialized countries is rapidly limiting the adaptive potential of the microbiota.”

ブルキナファソ人の子供と比べてEUで観察される豊かさの減少は如何に先進国で糖、動物脂肪、および高カロリー食品の摂食が急速に細菌叢の適応可能性を制限しているかを示すことができるだとうと私たちは仮説をたてることができる。

The Burkina Faso children’s diet was based on millet, sorghum, black eyed peas and vegetables, and contributed nearly twice as much fiber as the Italian children’s diet, leading the researchers to suggest that high fiber intake could play a central role in shaping gut microbiota.

ブルキナファソ人の子供達の食事は雑穀、サトウモロコシ、黒眼豆および野菜に基づいていて、イタリアの子供の食事のほぼ二倍多くの繊維を摂取していて、そのことは研究者に高繊維摂取が腸内細菌形成において中心的な役割を果たすことができるだろうとの示唆を導いた。

millet:雑穀
sorghum サトウモロコシ
black eyed peas 黒眼豆
gut microbiota 腸内細菌

And the ratios of gut bacteria for the Italian children have previously been linked to increased risk of obesity – perhaps providing a useful obesity biomarker, the researchers wrote.

そして、イタリアの子供に対する腸内細菌の比率が以前に肥満増大リスクに関係していて、多分、有効な肥満バイオマーカーを提供すると研究者は記述した。

They said that the study could prompt further research looking to clarify the relationship between differences in gut microbiota, health and disease, and could also lead to the development of novel probiotic products.

研究は腸内細菌の相違、健康と疾患との関係を明確にするためのさらなる研究を促進することができて、新たなプロバイオティック製品開発も導くことができるだろと彼らは述べた。

“Both in the Western world and in developing countries diets rich in fat, protein and sugar, together with reduced intake of unabsorbable fibers, are associated with a rapid increase in the incidence of noninfectious intestinal diseases,” they wrote. “…Reduction in microbial richness is possibly one of the undesirable effects of globalization and of eating generic, nutrient-rich, uncontaminated foods.”

「吸収不能繊維の摂取減少とともに、脂肪、タンパク質および糖の豊富な西洋世界と発展途上国の両方の食事は非感染性腸疾患発症の急激な増加と関係している。」と彼らは記述した。細菌の豊かさ減少は、多分、国際化および食の一般化、栄養豊富、非汚染の食べ物の望ましくない効果の一つである。

関連ブログ

腸内細菌をペットにしよう

腸内健康がアレルギー予防の要

|

« 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1) | Main | 腎毒性へのザクロシードオイルの保護作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1) | Main | 腎毒性へのザクロシードオイルの保護作用 »