« アメリカ先住民ホピ氏族出身ルービン・サウフキーによるワークショップ開催お知らせ | Main | 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1) »

August 23, 2010

ザクロシードオイルのコレステロール代謝調節の可能性

Characterization of a Potential Nutraceutical Ingredient: Pomegranate (Punica granatum L.) Seed Oil Unsaponifiable Fraction.

潜在的栄養補助食品成分の特徴:ザクロシードオイル不けん化物画分

Nutraceutical Ingredient 栄養補助食品成分
Unsaponifiable Fraction 不けん化物画分

PUBMEDより

Plant Foods Hum Nutr. 2010 Jul 6. [Epub ahead of print]

Caligiani A, Bonzanini F, Palla G, Cirlini M, Bruni R.

Dipartimento di Chimica Organica e Industriale, Università degli Studi di Parma, Viale G. Usberti 17A, 43100, Parma, Italy.

Abstract

要旨

The chemical fingerprinting of the unsaponifiable fraction of different Punica granatum seed oils was performed in order to evaluate their potential as a functional food ingredient.

様々なザクロシードオイル不けん化物画分の化学フィンガープリント法は機能性食品成分としてそれらの可能性を評価するために実行された。

chemical fingerprinting 化学フィンガープリント法
functional food ingredient:機能性食品成分

Qualitative and quantitative determinations of tocopherol, aliphatic alcohol (including policosanol), squalene, phytosterols and triterpene contents were performed by GC-MS. A high yield (3.1-4.2%) of unsaponifiable matter was obtained and consistent levels of squalene (up to 800 mg/kg) and policosanol (118-185 mg/kg) were noticed. beta-sitosterol (up to 8069 mg/kg) and cycloartenol (5916-7766 mg/kg) were predominant in phytosterol and triterpene fractions, while beta- and delta-tocopherol were the most abundant vitamin E forms. Some minor variations were noticed between samples.

トコフェロール、脂肪族アルコール(ポリコサノールを含む)、スクアレン、植物ステロールおよびトリテルペン含有量の質的および定量的決定はガスクロマトグラフィー/質量分析分析法(GC-MS)によって実行された。不けん化物の高収率(3.1-4.2%)が得られて、一定レベルのスクワレン(最高800mg/kg)およびポリコサノー(118-185mg/kg)は認められた。β‐シトステロール(最高8069mg/kg)およびシクロアルテノール(5916-7766mg/kg)は植物ステロールおよびトリテルペン分で優勢であって、一方、β-およびδ‐トコフェロールは最大量のビタミンEは形状であった。一部の若干変動はサンプルの間で認められた。

aliphatic alcohol 脂肪族アルコール
policosanol ポリコサノール

From the results obtained, it can be suggested that the seed oil of P. granatum can be considered an interesting alimentary source of substances of nutraceutical value involved in the modulation of cholesterol metabolism.

得られた研究結果から、ザクロシードオイルはコレステロール代謝調節に関与する栄養補助食品価値産物の興味深い栄養源であると考えられることができることを示唆できる。

cholesterol metabolism コレステロール代謝

高脂血症被験者に対するザクロシードオイルの効果

ザクロシードオイル10mlのお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催

|

« アメリカ先住民ホピ氏族出身ルービン・サウフキーによるワークショップ開催お知らせ | Main | 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アメリカ先住民ホピ氏族出身ルービン・サウフキーによるワークショップ開催お知らせ | Main | 腸内細菌変化で慢性西洋型疾患(1) »