« ラベンダー・メリッサ精油の抗焦燥性興奮作用 | Main | ローバート・ティスランド氏のホームページとブログ »

September 28, 2010

5つのショウガ科精油の抗菌作用

Antibacterial effect of five Zingiberaceae essential oils.

5つのショウガ科精油の抗菌作用

Zingiberaceae ショウガ科

PUBMEDより

1: Molecules. 2007 Aug 23;12(8):2047-60

Norajit K, Laohakunjit N, Kerdchoechuen O.

School of Bioresources and Technology, King Mongkut's University of Technology Thonburi, Bangkhuntein, Bangkok, Thailand. email_norajit@hotmail.com

Essential oil obtained by hydrodistillation and two different solvent extractions (petroleum ether and ethanol) from five Zingiberaceae species: ginger (Zingiber officinale Roscoe.), galanga (Alpinia galanga Sw.), turmeric (Curcuma longa L.), kaempferia (Boesenbergia pandurata Holtt.) and bastard cardamom (Amomum xanthioides Wall.) was characterized.

5つのショウガ科種、ジンジャー、ガランガ、ターメリック、ケンプフェリアおよびシュクシャから水蒸気蒸留および2つの異なる溶剤抽出(石油エーテルとエタノール)によって得られる精油は特徴づけられた。

Zingiber officinale Roscoe ショウガ
Alpinia galanga SW:ガランガ、和名:ナンキョウ
Curcuma longa L:ターメリック  和名:ウコン
Boesenbergia Pandurata Holtt。ำクラチャーイ・ダム
Amomum xanthioides Wall 縮砂(しゅくしゃ)
kaempferia ケンプフェリア
hydrodistillation 水蒸気蒸留

Volatile components of all extracts were analyzed by gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS). The major components of ginger, turmeric, galangal, bastard cardamom and kaempferia were zingiberene, turmerone, methyl chavicol, and gamma-terpinene, respectively.

全ての抽出物の揮発性成分はガスクロマトグラフィ-質量分析(GC-MS)によって分析された。ショウガ、ターメリック、ガランガル、シュクシャおよびケンプフェリアの主要成分は、ジンギベレン、ターメロン、メチルチャビコールおよびγ-テル・ピネンであった。

Their antibacterial effects towards Escherichia coli, Staphylococcus aureus, Bacillus cereus and Listeria monocytogenes were tested by a disc diffusion assay. Essential oil of kaempferia and bastard cardamom obtained by hydrodistillation extraction could inhibit growth of all tested bacteria.

大腸菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌とリステリア菌の方のそれらの抗菌性の効果は、ディスク拡散分析によって試験された。水蒸気蒸留抽出によって得られるケンプフェリアと縮砂精油は、全て試験されたバクテリア増殖を阻害することができた。

Escherichia coli 大腸菌
Staphylococcus aureus 黄色ブドウ球菌
Bacillus cereus セレウス菌
Listeria monocytogenes リステリア菌

Essential oil of ginger extracted by hydrodistillation had the highest efficiency against three positive strains of bacteria (S. aureus, B. cereus and L. monocytogenes), with a minimum concentration to inhibit B. cereus and L. monocytogenes of 6.25 mg/mL.

水蒸気蒸留によって抽出されたジンジャー精油は3つの陽性菌(黄色ブドウ球菌 、セレウス菌、リステリア菌)に対して最高の効果を有していた。セレウス菌および6.25 mg/mLのリステリア菌を阻害するのは最小濃度であった。

PMID: 17960105 [PubMed - in process]

三上先生精油の化学・薬理学講座京都2日間10月23日(土)―24日(日)

|

« ラベンダー・メリッサ精油の抗焦燥性興奮作用 | Main | ローバート・ティスランド氏のホームページとブログ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラベンダー・メリッサ精油の抗焦燥性興奮作用 | Main | ローバート・ティスランド氏のホームページとブログ »