« リアノン ハリス女史再来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間) | Main | フランキンセンス50ml&イモーテル(ヘリクリサム)50mlウォーター割引き発売中 »

November 30, 2010

フランス介護老人施設でのアロマセラピー使用・介護アロマセラピー

下記の記事はリアノンハリス女史が編集長をしているInternational Journal of Clinical Aromatherapy からの一部を訳したものです。

Using essential oils in a French elderly care facility

フランス介護老人施設でのアロマセラピー使用

The home’s main goal for using essential oils include

精油使用に対する介護老人施設の主要目標は下記である。

* Reduction of strees

  ストレスの軽減

* Improvement of body harmoney

   身体のハーモニーの改善

* Increase in self respect and body image

   自尊心および身体のイメージの増加

*Work effectively against the person’s disease

    個人の病気に対する効果的対処

Example of how to use essential oils are used

精油使用方法の例

Essential oils are used predominantly in therapeutic jet bubble baths, air borne diffusion, aromatherapy massage, and in cleaning/disinfection. This includes using Lavandula angustifolia hydrolat in the home’s laundry.

精油は、治療的ジェットバブルバス、浮遊微粒子拡散、アロマセラピーマッサージ、およびクリーニング/消毒で主に使用されます。これには洗濯でラベンダーのハーブウォーター使用が含まれます。

All residents’ rooms are equipped with an essential oil diffusior so they are able to receive personalized aromatic attension. For personalized diffusion, chpoices are many, and are adapted for each individula. One example for total relaxazion is a diffusion. blend of Citrau aurantium var aurantium(petigrain),Cinnamomum camphora ct linalool (ho wood)、Chamaemelum nobile (Romann chamomile)and Citrus sinensis(Sweet orange)

全てのレジデントの部屋には精油のディフューザーを設置されていて、レジデントは各個人にあった芳香ケアを受けることができる。個性化された芳香拡散ために、選択は多くあってそれぞれ個人に対して適応している。リラクゼーションの芳香拡散ブレンドの一つは、Citrus aurantium var aurantium(プチグレイン)、Cinnamomum camphora ct linalool (ホーウッド)、Chamaemelum nobile (カモミールローマン)とCitrus sinensis(スイートオレンジ)である。

The Snoelezen area in the Alzheimer’s unit is diffused with essential oils of Citrus sinensis, Citrus aurantium var, aurantium and Lippia citriodora(Lemon verbena)

アルツハイマー病棟のSnoelezen areaはスイートオレンジ、プチグレインおよびレモンバーベナの精油で芳香拡散されている。

Citrus limon(lemon)and Citrus sinensis oils are diffused in the dining area. Their familiar food related fragrance assis with orientation and appetite stimulation.

レモンとスイートオレンジ精油は食堂で芳香拡散されている。それらの馴染みある食物
関連の芳香は適応指導および食欲の助けになる。

In the autumn and winter periods, to proptect against respiratory ailments, blend of essential oils are diffused in communal areas. One example includes a combinations of Cinnamomu camphora ct 1,8-cineole(ravinstsara),Cinnamosma fragrans(saro),Melaleuca quinquenervia ct 1,8-cineole(niaouli), Eucalyptus radiata and Eucalyptus smithii essential oil.

秋と冬の期間は呼吸器疾患を予防するために精油のブレンドが共有スペースで芳香拡散されている。一つのブレンド例は、ラヴィンサラ、サロ、ニアウリ、ユーカリラジアータとユーカリスミスティー精油である。

There is no extra charge for aromatherapy/essential oil propvision; all is included in the general care package. This means that the resident does not have to pay and this service is an integral part of their care

アロマセラピー・精油に対する追加料金規定はないです。全ては通常のケア代に含まれている。レジデントは支払う必要がなくて、このサービスはかれらの介護のある統合された一部であることを意味する。

The effects witnessed so far through the incorporation of essential oils in this residential care facility include:

この介護老人施設で精油導入を通してこれまでに見られた効果は以下になる。

Improvement in mobility

可動性の改善

improvement in appetote

食欲の改善

greater activity in general

一般的に活動の増大

30%less consumption of medications(non-steriodal anti-inflammatory drug and medication for dementia within a two year period(2006 and 2007)

薬剤使用の30%減少(2年間(2005年と2007年)で非ステロイド抗炎症剤および認知症の薬剤)

レモンバーベナ1ml・精油

ラヴィンサラ・オーガニック5ml精油

サロ精油新発売

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

|

« リアノン ハリス女史再来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間) | Main | フランキンセンス50ml&イモーテル(ヘリクリサム)50mlウォーター割引き発売中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リアノン ハリス女史再来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間) | Main | フランキンセンス50ml&イモーテル(ヘリクリサム)50mlウォーター割引き発売中 »