« サルビア属種精油のブチリル&アセチルコリンエステラーゼ阻害作用 | Main | ウコン(ターメリック)5ml・精油発売中 »

December 16, 2010

我朮(ガジュツ)5ml精油発売中

我朮(ガジュツ)精油

ラテン名:Curcuma zeodoaria   

アーユルヴェーダ名:カチュールスガンディ、

英名: Zeodoary

和名:紫ウコン

科名:ショウガ科、ウコン属

原産地:ネパール

抽出部位:根茎  

抽出方法:水蒸気蒸留,  

禁忌:妊婦・授乳婦使用不可

主要成分
1.8シネオール(44.7%)、α-カジノール(6.4%)、β-ピネン(5.3%)、パラサメン(4.0%)、カジナ-1,4-ジネン(3.8%)、
サビネン(3.4%)、リナロール(2.9%)、α-オイデスモール(2.8%)、α-ピネン(2.4%)、γ-カジネン(2.4%)、
テルピノレン(2.3%)

作用:健胃、胆汁分泌、殺菌、防腐、強心、抗炎症、抗潰瘍、抗腫瘍、育毛

相性の良いオイル: ジンジャー、イランイラン、クラリーセージ

文献 
 
紫ウコン(ガジュツ)精油腫瘍集積解消(フィトアロマブログより) 
精油は腫瘍があるマウスに投与されると、腫瘍が縮小されることが解明された。

漢方の考え方

ガジュツ(莪朮)は体内の「気」と「血」の流れをよくするといわれています。近年では、血の巡りを良くする効能から痩身・ダイエットの効果が確認されている

性味:味は苦・辛、性は温

帰経:肝・脾経

*実験的肝障害に対して精油抽出画文およびフラゲルメンが予防効果を持つ。
*胆汁分泌促進作用が精油成分(シネオール、カンフェン、ピネン)および莪朮末にみられた。

参照文献:漢方薬理学

関連ブログ

紫ウコン(カジュツ)精油・カチュールスガンディ(育毛)

我朮(ガジュツ)5ml精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

|

« サルビア属種精油のブチリル&アセチルコリンエステラーゼ阻害作用 | Main | ウコン(ターメリック)5ml・精油発売中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« サルビア属種精油のブチリル&アセチルコリンエステラーゼ阻害作用 | Main | ウコン(ターメリック)5ml・精油発売中 »