« 莪朮(ガジュツ)精油の抗血管新生作用 | Main | フランキンセンス(乳香)について »

December 22, 2010

リモネン鎮静作用メカニズム:アデノシンA2A受容体と結合

Limonene, a natural cyclic terpene, is an agonistic ligand for adenosine A(2A) receptors.

天然の環状テルペン、リモネンはアデノシンA2A受容体のためのアゴニストリガンドである。

cyclic terpene:環状テルペン
adenosine A(2A) receptor アデノシンA2A受容体
アデノシンA2A受容体は鎮静・催眠作用に関係していてカフェインはこの受容体を阻害して眠気が減少する。

PUBMEDより

Biochem Biophys Res Commun. 2010 Dec 4.

Park HM, Lee JH, Yaoyao J, Jun HJ, Lee SJ.

Division of Food Bioscience and Technology, College of Life Sciences and Biotechnology, Korea University, Seoul, 136-713, South Korea.

Abstract

要旨

Limonene is a major aromatic compound in essential oils extracted from citrus rind. The application of limonene, especially in aromatherapy, has expanded significantly, but its potential effects on cellular metabolism have been elusive.

リモネンは、柑橘類果皮から抽出される精油の中の主要芳香族化合物である。リモネンの使用は、特にアロマセラピーで、有意に拡大した、しかし、細胞代謝に対するその潜在的効果はつかまえにくかった。

We found that limonene directly binds to the adenosine A(2A) receptor, which may induce sedative effects. Results from an in vitro radioligand binding assay showed that selective affinity Results from an in vitro radioligand binding assay showed that limonene exhibits selective affinity to A(2A) receptors

リモネンが鎮静作用を誘発する可能性があるアデノシンA2A受容体と直接結合することを発見した。生体外でラジオリガンド結合アッセイからの結果はリモネンが選択的親和性をアデノシンA2A受容体に示すことを示した。

radioligand binding assay ラジオリガンド結合アッセイ

In addition, limonene increased cytosolic cAMP concentration and induced activation of protein kinase A and phosphorylation of cAMP-response element-binding protein in Chinese hamster ovary cells transfected with the human adenosine A(2A) receptor gene.

さらに、リモネンは細胞質ゾルの環状アデノシン一リン酸(cAMP)濃度を増加させて、ヒトアデノシンA2A受容体遺伝子を形質移入されたチャイニーズハムスター卵巣細胞でプロテインキナーゼ Aの活性および応答配列結合タンパクのリン酸化を誘発した。

cytosolic 細胞質ゾルの
cAMP :Cyclic adenosine monophosphate 環状アデノシン一リン酸
cAMP-response element-binding protein cAMP応答配列結合タンパク
protein kinase A プロテインキナーゼ A
phosphorylation リン酸化

Limonene also increased cytosolic calcium concentration, which can be achieved by the activation of adenosine A(2A) receptors. These findings suggest that limonene can act as a ligand and an agonist for adenosine A(2A) receptors.

また、リモネンは細胞質カルシウム濃度を増加させて、それはアデノシンA2A受容体活性によって達成することができる。これらの知見は、リモネンがアデノシンA2A受容体に対してリガンドとアゴニストとして作用することができることを示唆する。

cytosolic calcium concentration 細胞質カルシウム濃度
ligand リガンド
agonist アゴニスト

PMID: 21134357 [PubMed - as supplied by publisher]

リモネン含有量(%)精油の一覧表(フィトアロマ研究所発売精油)

リモネン、ピネンこのネン何やネン 精油の化学

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

|

« 莪朮(ガジュツ)精油の抗血管新生作用 | Main | フランキンセンス(乳香)について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 莪朮(ガジュツ)精油の抗血管新生作用 | Main | フランキンセンス(乳香)について »