« フランキンセンス50ml&イモーテル(ヘリクリサム)50mlウォーター割引き発売中 | Main | 今週の検索ワードでアロマオイル 認知症の関連が多かった »

December 09, 2010

ジンジャー精油の抗炎症メカニズムとしての白血球遊走の阻害作用

Inhibitory effects of ginger (Zingiber officinale Roscoe) essential oil on leukocyte migration in vivo and in vitro.

生体内および生体外での白血球遊走へのジンジャー精油の阻害作用

PUBMDより

J Nat Med. 2010 Oct 28.

Nogueira de Melo GA, Grespan R, Fonseca JP, Farinha TO, da Silva EL, Romero AL, Bersani-Amado CA, Cuman RK.

Department of Pharmacy and Pharmacology, State University of Maringá, K-68, 106. Av. Colombo, 5790 Jd. Universitário., Maringá, PR, CEP 87020-900, Brazil.

Abstract

要旨

Zingiber officinale Roscoe, popular name ginger, is grown naturally in many parts of the world, including Brazil. Ginger is used in pharmaceutical, cosmetic, and food and beverage industries and the essential oil has been used in folk medicine for manifold conditions including as an analgesic, anti-inflammatory, and antirheumatic.

一般名ジンジャー・ショウガ、Zingiber officinale Roscoeはブラジルを含む世界の多くの地域で自然に生育している。ショウガは、薬品、化粧品、および食品と飲料産業で使用されていて、精油は鎮痛、抗炎症、および抗リューマチを含む多種多様な症状のために民間治療で使用されてきた。

The purpose of this study was to investigate the effects of ginger (Zingiber officinale Roscoe) essential oil (GEO) in an in vitro chemotaxis assay and on leukocyte-endothelial interactions in vivo. GEO was analyzed by GC-MS and the main components identified were ar-curcumene (59%), β-myrcene (14%), 1,8-cineol (8%), citral (7.5%), and zingiberene (7.5%).

本研究の目的は、生体内において細胞遊走アッセイでジンジャー・ショウガ精油(GEO)の効果と生体外において白血球-血管内皮相互反応に及ぼすショウガ精油の効果を調査することであった。ジンジャー・ショウガ精油(GEO)はガスクロマトグラフ質量分析計 GCMSによって分析されて、主要化学成分はar-クルクメン (59%), β-ミルセン(14%), 1,8-シネオール(8%), シトラール (7.5%),およべジンギベレン(7.5%).であった。

chemotaxis assay 細胞遊走アッセイ

Oral administration of GEO (200-500 mg/kg) reduced the rolling and leukocyte adherence after 2 h of carrageenan injection (100 μg) into the scrotal chamber. The number of leukocytes migrated to the perivascular tissue 4 h after the irritant stimulus was also diminished. GEO in all doses tested (10(-4), 10(-3), or 10(-2) μL/mL) caused a significant reduction of leukocyte chemotaxis (35.89 ± 4.33, 30.67 ± 0.70, and 35.85 ± 3.83%, respectively) toward casein stimuli.

ジンジャー・ショウガ精油GEO(200-500mg/kg)の経口投与は、陰嚢室へのカラゲニン注射(200-500 mg/kg)2時間後ローリングおよび白血球粘着を減少させた。また、刺激物刺激4時間後に血管周囲組織に遊走した白血球数は減少した。全ての容量(10(-4), 10(-3), or 10(-2) μL/mL)で調査されたインジャー・ショウガ精油GEOはカゼイン刺激に対して白血球遊走(それぞれに35.89 ± 4.33, 30.67 ± 0.70, と 35.85 ± 3.83%,)の減少を有意に引き起こした。

Oral administration 経口投与
scrotal陰嚢
carrageenan:カラゲニン(起炎剤)
leukocyte adherence  白血球粘着
perivascular tissue 血管周囲組織

The data presented showed direct and systemic effects of GEO on leukocyte migration as an important mechanism of the anti-inflammatory action of ginger.

示されたデータはジンジャーの抗炎症作用の重要なメカニズムとして白血球遊走へのンンジャー精油GEOの直接的および系統的作用を示した。

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

|

« フランキンセンス50ml&イモーテル(ヘリクリサム)50mlウォーター割引き発売中 | Main | 今週の検索ワードでアロマオイル 認知症の関連が多かった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フランキンセンス50ml&イモーテル(ヘリクリサム)50mlウォーター割引き発売中 | Main | 今週の検索ワードでアロマオイル 認知症の関連が多かった »