« 今週の検索ワードでアロマオイル 認知症の関連が多かった | Main | サルビア属種精油のブチリル&アセチルコリンエステラーゼ阻害作用 »

December 14, 2010

認知症治療のためのスパニシュセージ精油

Salvia for dementia therapy: review of pharmacological activity and pilot tolerability clinical trial.

認知症治療のためのスパニシュセージ精油:薬理作用の再考とパイロット忍容性臨床試験

PUBMEDより

Pharmacol Biochem Behav. 2003 Jun;75(3):651-9.

Perry NS, Bollen C, Perry EK, Ballard C.

Department of Pharmacology and Toxicology, University of Otago, Dunedin, New Zealand.

Abstract

要旨

S. lavandulaefolia Vahl. (Spanish sage) extracts and constituents have demonstrated anticholinesterase, antioxidant, anti-inflammatory, oestrogenic and CNS depressant (sedative) effects all of which are currently relevant to the treatment of Alzheimer's disease (AD).

スパニシュセージ抽出物および化学成分は抗コリンエステラーゼ、抗酸化、抗炎症、エストロゲンおよび中枢神経抑制(鎮静)作用を示した。それらの全ての作用は現在アルツハイマー病(AD)の治療に関係している。

Salvia lavandulaefolia:スパニシュセージ

The essential oil inhibits the enzyme acetylcholinesterase (AChE) from human brain tissue and bovine erythrocyte and individual monoterpenoid constituents inhibit AChE with varying degrees of potency. In vivo AChE inhibition of select brain (striatal and hippocampal over corticall) AChE was obtained following oral administration of the essential oil to rats.

スパニシュセージ精油はヒト脳組織およびウシ赤血球からの酵素アセチルコリンエステラーゼ(AChE)を阻害して、個々のモノテルペン類成分は異なる程度の作用強度でアセチルコリンエステラーゼ(AChE)を阻害する。生体内で、選択された脳(線条体および海馬皮質)アセチルコリンエステラーゼ(AchE)のAChE阻害はラットへの精油経口投与後に得られた。

enzyme acetylcholinesterase (AChE) 酵素アセチルコリンエステラーゼ
bovine erythrocyte ウシ赤血球
striatal 線条体(せんじょうたい)
hippocampal 海馬の
cortical 皮質

In a study in healthy volunteers essential oil administration produced significant effects on cognition. In a pilot open-label study involving oral administration of the essential oil to patients with AD, a significant increase in diastolic and systolic blood pressure was observed in two patients, however this may have been due primarily to preexisting hypertension and there were no abnormalities in other vital signs or blood samples during the trial period.

健常者ボランティアの研究において、精油投与は認知に対して有意な作用を産生した。アルツハイマー患者への精油の経口投与に関係するパイロット非盲検試験で、拡張期および収縮期血圧の有意な上昇は2人の患者で観察された。しかし、このことは主に既存の高血圧に起因する可能性があって臨床試験期間に他のバイタル サインまたは血液サンプルで異常はなかった。

cognition 認知
a pilot open-label study パイロット非盲検試験
diastolic and systolic blood pressure 拡張期かつ収縮期の血圧

Although an open label trial is not free from practice effects or rater-caregiver expectations, statistically significant differences between baseline and 6 weeks treatment were a reduction in neuropsychiatric symptoms and an improvement in attention.

非盲検試験は実践効果または評価者である介護者期待からの制約を受けてないけれども、ベースラインと6週間治療との統計学的有意差は神経精神症状の減少と注意力の改善であった。

caregiver 介護者
neuropsychiatric symptoms 神経精神症状

PMID: 12895683 [PubMed - indexed for MEDLINE]

スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用

スパニッシュセージ精油

スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性

ホーリーバジル(トゥラシー)精油主成分オイゲノールのアセチルコリンエステラーゼ阻害作用


『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

|

« 今週の検索ワードでアロマオイル 認知症の関連が多かった | Main | サルビア属種精油のブチリル&アセチルコリンエステラーゼ阻害作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今週の検索ワードでアロマオイル 認知症の関連が多かった | Main | サルビア属種精油のブチリル&アセチルコリンエステラーゼ阻害作用 »