« グアヤクウッド3ml・精油新発売 | Main | 更年期のホットフラシュ、寝汗は乳がん発症リスク50%まで軽減 »

January 27, 2011

皮膚の保湿、しわおよび色素沈着に対してローズAbs精油は効果的かも?

Enhancement of keratinocyte differentiation by rose absolute oil.

ローズAbs精油によるケラチノサイトの分化増強

keratinocyte:ケラチノサイト(角層が死んで完全に角質化した細胞に至る分化の過程でケラチンを産生。)
differentiation分化

PUBMEDより

Ann Dermatol. 2010 Aug;22(3):255-61. Epub 2010 Aug 5.

Kim JH, Choi DK, Lee SS, Choi SJ, Kim CD, Yoon TJ, Lee JH.

Department of Dermatology and Institute of Health Sciences, School of Medicine, Gyeongsang National University, Jinju, Korea.

Abstract

要旨

BACKGROUND: Through differentiation processes, keratinocytes provide a physical barrier to our bodies and control skin features such as moisturization, wrinkles and pigmentation. Keratinocyte differentiation is disturbed in several skin diseases such as psoriasis and atopic dermatitis.

背景:

分化過程を通して、ケラチノサイトは身体に対して物理的バリアを提供して保湿、しわおよび色素沈着などの皮膚の特質を制御する。ケラチノサイトの分化は乾癬およびアトピー性皮膚炎などのいくつかの皮膚疾患で妨害される。

OBJECTIVE: The aim of this study is to evaluate the keratinocyte differentiation-enhancing effect of rose absolute oil (RAO).

目的:

本研究の目的はローズAbs精油(RAO)のケラチノサイト分化増強作用を評価することである。


METHODS: Primary cultured human normal keratinocytes were treated with RAO, and differentiation then checked by the expression of marker genes.

方法:

初代培養ヒト正常ケラチノサイトはローズAbs精油(RAO)で処理されて、さらにまた、分化はマーカー遺伝子の発現によって調査された。

RESULTS: RAO did not induce cytotoxicity on cultured keratinocytes at a dose of 10microM. The level of involucrin, an early marker for keratinocyte differentiation, was significantly increased by RAO. Concomitantly, RAO increased involucrin promoter activity, indicating that RAO increased involucrin gene expression at the mRNA level. Furthermore, RAO increased the level of filaggrin in cultured keratinocytes, and in the granular layer of mouse skin. In line with these results, RAO decreased the proliferation of keratinocytes cultured in vitro. When RAO was applied topically on the tape-stripped mouse skins, it accelerated the recovery of disturbed barrier function.

結果:

ローズAbs精油(RAO)は10microMの容量で培養ケラチノサイト上に細胞毒性を誘発しなかった。ケラチノサイト
分化の早期マーカー・インボルクリンはローズAbs精油(RAO)によって有意に増加した。同時に、RAOはインボルクリンプロモーター作用を増加させて、RAOが伝令RNAレベルでインボルクリン遺伝子発現を増加させたことを示した。さらに、RAOは培養ケラチノサイト、およびマウス皮膚の顆粒層でフィラグリン濃度を増加させた。これらの結果に沿って、RAOは生体外で培養ケラチノサイト増殖を減少させた。RAOがセロテープで角質層を取り除いたマウス皮膚に局所塗布されたときに、ローズAbs精油(RAO)はバリア機能障害回復を加速させた。

early marker 早期マーカー
cytotoxicity 細胞毒性
involucrin:インボルクリン(表皮細胞の構成タンパク質)
filaggrin:フィラグリン(角質層内の基質タンパク質)
granular layer 果粒層
disturbed barrier function バリア機能障害

CONCLUSION: These results suggest that RAO may be applicable for the control of skin texture and keratinocyte differentiation-related skin diseases.

結論:

これらの結果はローズAbs精油(RAO)が皮膚感触の制御およびケラチノサイト分化関連皮膚疾患に
適用できる可能性があることを示唆する。

skin texture 皮膚感触

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

三上杏平先生精油化学の基礎講座2月9日(水)「フェノール・エーテル類の各論と機能性(薬用作用)」
追加募集


|

« グアヤクウッド3ml・精油新発売 | Main | 更年期のホットフラシュ、寝汗は乳がん発症リスク50%まで軽減 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« グアヤクウッド3ml・精油新発売 | Main | 更年期のホットフラシュ、寝汗は乳がん発症リスク50%まで軽減 »