« 干支は植物の生育状態(一生)を表している。 | Main | アトピー性皮膚炎患者における心身と皮膚症状との関連性 »

January 04, 2011

アトピー性皮膚炎用皮膚外用剤成分としてのファルネソールとキシリトール

A novel method to control the balance of skin microflora. Part 1. Attack on biofilm of Staphylococcus aureus without antibiotics.

皮表細菌叢のバランス制御のための新方式:パート1.抗生物質使用なしで黄色ブドウ球菌のバイオフィルム(菌膜)を攻撃

skin microflora 皮表細菌叢
biofilm バイオフィルム(菌膜)
Staphylococcus aureus 黄色ブドウ球菌

PUBMEDより

J Dermatol Sci. 2005 Jun;38(3):197-205. Epub 2005 Mar 2.

Katsuyama M, Ichikawa H, Ogawa S, Ikezawa Z.

Life Science Research Center, Shiseido Co. Ltd., Tsuzuki-ku, Yokohama, Japan. masako.katsuyama@to.shiseido.co.jp

ライフサイエンスセンター、資生堂

Abstract

要旨

BACKGROUND: Staphylococcus aureus (SA) is usually present in atopic dry skin, and not only in regions seriously affected by atopic dermatitis. SA discharges various toxins and enzymes that injure the skin, and forms a biofilm from fibrin fiber and glycocalyx; the biofilm is important for adhesion of SA to the skin and for resistance to anti-microbial agents. Even highly effective moisturizers do not work perfectly on atopic dry skin. Staphylococcus epidermidis (SE) is a major constituent of skin microflora on healthy human skin, and provides protection against the growth of pathogenic bacteria.

背景

黄色ブドウ球菌(SA)は、通常、アトピー性乾燥皮膚上に存在していてアトピー性皮膚炎によって影響を受ける部位だけでないです。黄色ブドウ球菌(SA)は皮膚を害する毒素および酵素を放出してフィブリン繊維とグリコカリックスからバイオフィルム(菌膜)を形成する。バイオフィルムは皮膚に黄色ブドウ球菌(SA)を粘着および抗菌剤に対しての耐性に対して重要である。 極めて有効な保湿剤でさえアトピー性乾燥皮膚に完全に作用しないです。表皮ブドウ球菌(SE) は健康なヒト皮膚の皮表細菌叢の主要な成分であって、病原菌増殖に対して保護を提供する。

glycocalyx: グリコカリックス(菌体外多糖類)
Staphylococcus epidermidis (SE) 表皮ブドウ球菌(SE)

OBJECTIVES: Since treatment with anti-microbials may lead to re-growth of SA, which grows faster than other Staphylococci and often shows antibiotic resistance, we searched for novel approaches to control the skin-microfloral balance without using conventional anti-microbials.

目的:

抗菌剤による治療は黄色ブドウ球菌(SA)の再増殖をもたらすことになって、黄色ブドウ球菌(SA)は他のブドウ球菌より早く増殖して抗生物質耐性を示すため、通常の抗菌剤を使用しないで皮膚細菌叢バランスを制御する新方式を探した。

Staphylococcus ブドウ球菌

METHOD: Biofilm formation by SA in vitro was observed in detail using scanning electron microscopy. Approximately 500 substances were screened for a selective effect on SA growth and SA biofilm.

方法:

生体外で黄色ブドウ球菌(SA)によるバイオフィルム形成は走査型電子顕微鏡を使用して詳細に観察された。
約500の物質はSA増殖およびSAバイオフィルムに及ぼす選択的効果に対して選別された。

RESULTS: We found that xylitol inhibited the formation of glycocalyx, and farnesol dissolved fibrin fibers. Farnesol suppressed the growth of only SA, and did not affect that of SE. Xylitol and farnesol synergistically inhibited biofilm formation by SA.

結果:
我々はキシリトールがグリコカリックス形成の阻害、およびファルネソールがフィブリン繊維の溶解を解明した。ファルネソールはSA増殖だけを阻害して、表皮ブドウ球菌(SE)の増殖に影響を及ぼさなかった。

xylitol キシリトール
farnesol:ファルネソール はセスキテルペンアルコール

CONCLUSION: Xylitol and farnesol have potential for controlling the skin-microfloral balance because of their selective effects and inhibition of biofilm formation. They might provide a useful and safe method to care for skin colonized by SA, without using antibiotics.

結論:

キシリトールおよびファルネソールはそれらの選択的効果およびバイオフィルム形成の阻害のために皮表細菌叢バランスを制御する潜在的可能性を有している。それらは抗生物質を使用することなくして黄色ブドウ球菌(SA)によってコロニー化された皮膚をケアするための有効で安全な方法を提供するかも知れない。

PMID: 15927813 [PubMed - indexed for MEDLINE]

バイオフィルム形成に関するブログ

ローズ、ゼラニウム、ラベンダーおよびローズマリー精油によるクオラムセンシング信号の抑制

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

|

« 干支は植物の生育状態(一生)を表している。 | Main | アトピー性皮膚炎患者における心身と皮膚症状との関連性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 干支は植物の生育状態(一生)を表している。 | Main | アトピー性皮膚炎患者における心身と皮膚症状との関連性 »