« フィーバーフュー(夏白菊)OG3ml・精油 | Main | リアノン ハリス女史:アドバンス臨床アロマセラピー(がん治療と緩和ケア、炎症治療と疼痛管理)セミナー9月16日(金)〜19日(月)(4日間) »

June 04, 2011

マグノリアフラワー3ml・精油

マグノリアフラワー3ml・精油

学名:Michelia alba

和名:ギンコウボク (銀香木/銀厚朴) 

中国名:白蘭花

英名: ホワイトチャンパカ(white champaca)

科名:モクレン科  オガタマノキ属

原産地:中国

抽出部位:花

抽出方法:水蒸気蒸留

禁忌:妊婦、幼児、子供不可

植物の特徴
常緑の小高木。樹高は10mlほどになる。東南アジア原産の花木で、花は白色で強い芳香がある。中国では花を薬用にする。慢性気管支炎に効果がある。

主要成分(資料より)
リナロール、β-エレメン、メチル-2メチルブタノエート,β-カリオフィレン、 メチルオイゲノール、(E)β-オシメン、ゲルマクレンD

作用
中枢神経抑制、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗炎症、鎮痙、強壮、抗うつ

適用
去痰、気管支炎、リラックス、ストレス症にきび、乾燥肌、脂性肌

相性のよいオイル:ローズ、サンダルウッド、ローズウッド、ジャスミン、サイプレス

その他の情報

*マグノリアフラワー精油は香水の保留剤として使用されます。

*マグノリアフラワーと同じ仲間の植物(モクレン科・オガタマノキ属)
オガタマノキ:Michelia compressa、トキワコブシ
チャンパカAbs1ml:Michelia champaca、キンコウボク、黄蘭

辛夷(しんい)5ml・精油(Magnolia biondii)はモクレン科・モクレン属になります。

*神社の境内でよく植えられているオガタマノキ(Michelia compressa)はマグノリアフラワーと同じモクレン科・オガタマノキ属です。オガタマノキは招霊木(おぎたまのき)が転じてオガタマノキになった。オガタマノキは天照大神が天岩戸に隠れたとき、その前で舞った天鈿女命が手にしていたとされる。

*香り良いチャンパカ(Michelia champaca)・キンコウボクの精油も同じ仲間です。
チャンパカの木はラクシュミーの(人格化)化身とみなされ、家内繁盛をもたらすものと信じられている。ヒンドゥー寺院などに栽植され、神聖な木とされている。

ラクシュミーは、ヒンドゥー教の女神の一柱で、美と豊穣と幸運を司る。

*メチル-2メチルブタノエートはパイナップルの三大香気成分の一つ
Methyl butanoate, methyl 2-methyl butanoate, and methyl hexanoate were the 3 most abundant components representing 74% of total volatiles in pineapple samples.

メチルブタノエート、メチル-2メチルブタノエート、およびヘキ酸メチルはパイナップルサンプルの全ての揮発性の74%を表している3つの最も豊富な成分である。

マグノリアフラワー3ml・精油の精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

浅井隆彦先生『介護におけるアロマセラピー実技デモ』セミナー6月12日(日)募集中

尚、浅井隆彦先生の新刊「介護アロマテラピー入門」(厚生科学研究所)・定価2520円が6月10日に発売されます。セミナー当日に新刊「介護アロマテラピー入門」を販売いたします。

また、7月中旬にはむくみ・不眠症・冷えの三大症状に対応!「介護アロマタッチケア入門DVD」がBABジャパンより発売されます。

|

« フィーバーフュー(夏白菊)OG3ml・精油 | Main | リアノン ハリス女史:アドバンス臨床アロマセラピー(がん治療と緩和ケア、炎症治療と疼痛管理)セミナー9月16日(金)〜19日(月)(4日間) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フィーバーフュー(夏白菊)OG3ml・精油 | Main | リアノン ハリス女史:アドバンス臨床アロマセラピー(がん治療と緩和ケア、炎症治療と疼痛管理)セミナー9月16日(金)〜19日(月)(4日間) »