« 放射線惨事へのホリスティクアプローチと何をするか。(3) | Main | ローズドメイAbs3ml・精油販売 »

June 28, 2011

精油成分の皮膚透過性への協同的相互作用

Cooperative interaction of monoterpenes and phenylpropanoids on the in vitro human skin permeation of complex composed essential oils

複合物構成精油のヒト皮膚透過性へのモノテルペンとフェニルプロパノイドの協同的相互作用(in vitro で)

phenylpropanoid フェニルプロパノイド

PUBMEDより

Schmitt S, Schaefer UF, Doebler L, Reichling J.

Source
Institute of Pharmacy and Molecular Biotechnology, Department of Biology, University of Heidelberg, Heidelberg, Germany.

Abstract

要旨

For essential oils, several biological effects such as antibacterial, anti-inflammatory, expectorant, and blood-circulation-enhancing properties have been described. The method of application depends on the pathophysiology, the desired outcome, safety, and toxicity data.

精油に関しては、抗菌作用、抗炎症作用、去たん作用、および血液循環促進作用などの幾つかの生物学的作用が記述されている。適用方法は病態生理学、望ましい結果、安全、および毒性データによります。

pathophysiology 病態生理学

For treating respiratory symptoms and nervous disorders, inhalation may be the best means of application, whereas topical application is the best way for treating skin diseases.

呼吸器症状および神経障害の治療に、吸入が最良の適用方法であるかもしれない、ところが、局所塗布は皮膚疾患治療のための最高の方法である。

For dermal application, percutaneous absorption of essential oil and oil components is of great interest. Essential oils are complex mixtures of different volatile substances. So, the question is raised whether all components of a complex composed essential oil are equivalent with respect to their human skin permeation.

皮膚塗布では、精油の経皮吸収および精油成分が大きな関心ごとです。精油は、また、様々な揮発性物質の複合物である。したがって、問題は複合構成精油の全成分がヒト皮膚浸透について等量であるどうかの問題が提起される。

percutaneous absorption 経皮吸収

By means of artificial mixtures of different essential oil ingredients, we investigated the cooperative effect of monoterpenes and phenylpropanoids on the permeation through heat-separated human skin epidermis in static Franz-Diffusion Cells.

様々な精油成分の人工的ブレンドによって、我々は、静的フランツ型拡散セル内の熱で分離したヒト皮膚表皮を通して透過へのモノテルペンとフェニルプロパノイドの協同的作用を調査した。

static 静的
Franz-Diffusion Cells フランツ型拡散セル

Limonene showed an enhancing effect on the permeation of citronellol and eugenol. Both alpha-pinene and myrcene increased the apparent permeability ( P(app)) value of phenylethanol. beta-Pinene had an enhancing effect on the permeation behaviour of methyleugenol but not of geraniol.

リモネンはシトロネロールおよびオイゲノールの透過への増強作用を示した。α-ピネンとミルセンの2つはフェニルエタノールの見かけ透過係数の値を増加させた。β-ピネンはメチルオイゲノールの透過挙動への促進作用があったがゲラニオールにはなかった。

phenylethanol  フェニルエタノール
permeation behavior 透過挙動
methyleugenol メチルオイゲノール

The investigations clearly show that cooperative effects of single essential oil components may influence percutaneous essential oil absorption.

単体の精油成分の協同作用がけい皮の精油吸収に影響を与えることを調査が明らかに示している。

関連ブログ

皮膚透過促進剤としてのリモネン

|

« 放射線惨事へのホリスティクアプローチと何をするか。(3) | Main | ローズドメイAbs3ml・精油販売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放射線惨事へのホリスティクアプローチと何をするか。(3) | Main | ローズドメイAbs3ml・精油販売 »