« 超臨界二酸化炭素抽出CO2精油にはComplete(固形クリーム)とSelect(液状)の二つ | Main | 昨年9月よりの三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座終わる »

June 07, 2011

放射線惨事へのホリスティクアプローチと何をするか。(1)

放射線のことを調べていたときに出会った文献です。量のある記事なので何回に分けて紹介いたします。翻訳の日本語がこなれていなくて読みづらいかもしれませんがよろしくお願いします。

A Comprehensive Holistic Approach to the Plague of Radiation and What To Do

放射線惨事への包括的ホリスティック・アプローチと何をするのか。

Today, although our focus is on Japan’s nuclear power plant disaster and tsunamis, we actually have a variety of radiation exposures that have been with us since the 1960’s. Nuclear plant meltdowns are the most serious threat that we most immediately share, but there are also accidents at sterilization and food radiation facilities, which have in the past released cesium 137 as well as cobalt 60.

今日、私たちの焦点が日本の原子力発電所惨事と津波にあるけれど、現実に1960年代以私たちの身の回りに起こった様々な放射線被爆があります。原子力発電所炉心溶解は最もすぐに共有する最も重大な脅威ですが殺菌および食品照射の施設での事故もあって、それは過去にセシウム137と同様にコバルルト60の放出であった。

Nuclear plant meltdown 原子力発電所炉心溶解
food radiation 食品照射

There are also routine leaks and emissions from common devices and equipment that use nuclear technologies such as x-rays, mammograms, CAT-scans, and full-body scans. We also have radiation exposure from accidents at nuclear weapons sites, nuclear submarine accidents, radon gas, and cigarette smoking. Microwave towers, cell phones, and this whole new technology are additional major sources of cancer causing radiation exposure. We are literally drowning in a continual sea of radiation exposure.

また、エックス線、マンモグラフィー、CAT-スキャンや、フルボディースキャンなどの核技術を使用する一般的な装置と設備からの通常の漏出と放出があります。 また、私たちには、核武器施設での事故、原子力潜水艦事故、ラドンガス、およびタバコ喫煙からの放射線被曝があります。 マイクロウエイブ電波搭、携帯電話、およびこのすべての新技術は癌を引き起こす放射線被爆の追加的主要な供給源である。私たちは放射線被曝の絶え間ない海中に文字通りおぼれています。

The earth changes that have brought about the Japanese nuclear disaster have given us another opportunity to wake up to what is happening. Our total radiation cultural exposure is a symptom and a reflection of our struggle between the Culture of Death and the transition into the Culture of Life. In this context, a nuclear meltdown at a power plant is not our sole concern, although it is a major acute problem. Last, but not least, is the nuclear fall-out from depleted uranium ammunition, missiles, and bombs, and nuclear war. All are happening within these times of complicated earth and consciousness changes.

日本の原子力災害を引き起こした地球変化は何が起こっているかを目覚めるもう一つ機会を私たちに与えました。私たちの全放射線暴露文化はある症状であって死の文化と命の文化への変転との私たちの戦いの反映です。 この状況で、原子力発電所の核炉心溶解は、それは緊急な重要な問題であるけれども、私たちの唯一の関心ではありません。最後に述べるが決して軽んずべきでないことして、劣化ウラン弾の放射性降下物、ミサイル、爆弾、および核戦争です。すべてが複雑化した地球と意識変化のこれらの時代の中で起こっています。

Unfortunately, aside from the nuclear blowouts at Three Mile Island (1979), Chernobyl (1986), and now at Fukishima (2011), accidents at nuclear power plants happen more frequently than we are aware. Over a 15-year study, ending in 1985, there were 151 significant nuclear accidents in 14 western countries with a total of close to 3,000 mishaps at nuclear plants.We don’t have to wait for a mishap, when being within 50 miles of a nuclear plant, in itself, is a serious lifestyle mistake. The lack of civilian regulations at nuclear military facilities adds an additional danger. These are things worth considering in the bigger picture and not just in the immediate crisis.

不幸にも、スリーマイル島(1979)、チェルノブイリ(1986)、および今の福島(2011)の核爆発は別として、原子力発電所の事故は私たちが意識しているより頻繁に起こります。1985年に終わった15年にわたる研究で、原子力発電所での全部で3,000に迫る事故で西側14ヶ国で151の重大な原子力事故があった。私たちは災難を待つ必要はありません、原子力発電所の50マイル以内にいることそのことで重大なライフスタイル誤りである。核軍事施設の文民統制の欠如は更なる危険性を付け加えます。 これらは差し迫った危機だけで考えているのではなく、より大きな事態で考える価値があることです。

Additionally we have increased radiation exposure at airport security checkpoints through the backscatter x-ray devices. These are clearly dangerous and add to the health risk, when we understand what all the serious radiation experts have made clear: total overall radiation exposure is an accumulative problem that may result in all levels of disease.

さらに、私たちは後方散乱エックス線装置を通して空港検問所で放射線被曝を増加させてきた。これらは明らかに危険であって健康リスクを付け足します。私たちがすべての真剣な放射線専門家が明らかにしたかことを理解しているとき: 全体総量の放射線被爆はすべてのレベルの病気を結果的に引き起こすかもしれない蓄積問題である。

backscatter x-ray devices後方散乱X線検査装置

Radon gas (mostly from cement) and cigarette smoking also create radiation exposure. Cigarette smoking gives off two radioactive particles: polonium 210 and lead 210, which are breakdown products from radium 226, found in phosphate fertilizers used in commercial tobacco farming. Cigarette smoke is found to contain radioactive radium 226 and potassium 40. This is significant when again we are talking about total radiation build up.

また、ラドンガス(ほとんどセメントからの)とタバコの喫煙は放射線被曝を生み出します。喫煙は2つの放射性粒子を産します: それは商業タバコ農業で使用されるリン酸肥料にみられるラジウム226からの分解産物である。 タバコの煙には放射性ラジウム226とカリウム40を含有していることがわかっています。このことは再び全放射線蓄積について話すときに重要であります。

次回に続きます。

浅井隆彦先生『介護におけるアロマセラピー実技デモ』セミナー6月12日(日)募集中

尚、浅井隆彦先生の新刊「介護アロマテラピー入門」(厚生科学研究所)・定価2520円が6月10日に発売されます。セミナー当日に新刊「介護アロマテラピー入門」を販売いたします。

また、7月中旬にはむくみ・不眠症・冷えの三大症状に対応!「介護アロマタッチケア入門DVD」がBABジャパンより発売されます。

マグノリアフラワー3ml・精油、チェストツリー(ヴァイテックス)2ml・精油、フィーバーフュー(夏白菊)OG3ml・精油、マグノリアフラワーCO2(二酸化炭素抽出)2ml・精油がお試し割引価格精油でお求めできます。

お試し割引価格精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 超臨界二酸化炭素抽出CO2精油にはComplete(固形クリーム)とSelect(液状)の二つ | Main | 昨年9月よりの三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座終わる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 超臨界二酸化炭素抽出CO2精油にはComplete(固形クリーム)とSelect(液状)の二つ | Main | 昨年9月よりの三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座終わる »