« 乳がんにおけるオリーブ油と他の食事脂質の調節作用および分子機構 | Main | 筋肉マッサージは治癒を促進するかもしれない »

February 06, 2012

インフルエンザによる死亡はウイルスにたいする免疫の過剰反応かもしれない

Flu’s lethality is attributed to immune systems overreacting to the virus

インフルエンザ致死率はウイルスに対する免疫系の過剰反応に起因する。

lethality: 致死性; 致死率
immune systems overreacting 免疫系の過剰反応

Researchers at the National Institutes of Health call the 1918 influenza pandemic “the mother of all pandemics,” and with good reason: The flu virus infected around a third of the world’s population and killed at least 50 million people.

米国国立衛生研究所の研究者は1918年のインフルエンザをパンデミックの「パンデミックの母」と呼んでいて、それには十分な理由がある。インフルエンザウイルスは世界の人口の約3分の1を感染させて、少なくとも5000万人が死亡した。

pandemic:パンデミック、世界的流行病

Almost a century later, scientists have a better understanding of how most of those people died. They believe the culprit wasn’t influenza itself but immune system overreactions triggered by the virus.

ほとんど1世紀後に、科学者はそれらの人々がどのようにして死亡したかについて理解を深めている。犯人はインフルエンザそのものでなくてウイルスによる免疫系の過剰反応であると彼らは考えている。

And it wasn’t just in 1918. The 2009 swine flu killed more than 18,000 people worldwide, according to the World Health Organization. Scientists say immune overreactions caused the majority of those fatalities.

また、それは1918年だけでありませんでした。世界保健機構によれば、2009年の豚インフルエンザでは世界中で18,000人以上の人々が死亡した。免疫の過剰反応が大多数のこれらの惨事を引き起こしたと科学者たちは述べている。

New research about how the virus works on the cellular level has uncovered what makes influenza so deadly: It destroys its host — you — by using your body’s own defenses against itself.

ウイルスが細胞レベルにどのように影響するのかの新研究は何がインフルエンザをそんなに命とりにするのかを明らかにした。それは、ウルス自体に対しての体の自己防御機能を用いて、その宿主のあなたを破壊する。

The research about such exaggerated immune responses could lead to more-effective flu drugs and radically change the way all kinds of infections are treated, leading virologists say.

そのような過剰免疫反応についての研究は最も有効なインフルエンザ薬に結びついて、全ての感染症の治療方法を根本的に変えることになるだろうと著名なウイルス学者が述べている。

“This is where the science [on epidemiology] is right now,” said Trish Perl, a senior epidemiologist at Johns Hopkins Hospital. “That’s what happens with a lot of severe infections. . . . It’s almost like the system goes into overdrive.”

ここは科学[疫学で]がちょうど今あるところである。ジョンズ・ホプキンス病院セニアー疫学者のTrish Perl述べた。「それは多くの重篤な感染症が起こるところである。」それはほとんど免疫系が活発に活動するようである。

While trying to destroy flu-infected cells, your immune system also destroys legions of perfectly healthy cells all over your body. This is why, even though the virus itself rarely ventures outside the lungs, the symptoms of the flu are so widespread, according to Michael Oldstone, a virologist at the Scripps Research Institute in La Jolla, Calif.

インフルエンザ感染細胞を破壊しようとしている間、あなたの免疫系はさらに完全にあなたの体の至る所の多数の正常細胞を破壊する。このため、ウイルス自体は肺の外にまれにしか出ようとしないが、インフルエンザの症状は極めて広範囲にひろがると、カリフォルニア州ラ・ホーヤのスクリップス研究所のウイルス学者・Michael Oldstonejは述べた。

“If you get a cold or the flu, you get fever, pains, upset stomach,” Oldstone said. “That’s all due to the immune response

「風邪またはインフルエンザにかかると、発熱、痛み、胃がむかむかする。」とOldstoneは述べました。「それはすべて免疫反応のためである。」

Fatal attraction

致命的魅惑

Most of the time, this immune response isn’t too severe. As the virus runs its course, the response subsides. But in some cases, an infection can trigger a reaction so destructive it can be fatal. Scientists call this a cytokine storm, because of the violent way immune cells respond to a virus. (A cytokine is a molecule that immune cells use to send signals between one another.) Cytokines usually help fight off infections by telling the immune system which specific viral cells it should be attacking. But sometimes an overabundance of cytokines floods into a part of the body, and that’s when you get a storm.

通常、この免疫反応はそれほど耐え難いものではないです。ウィルスがそのプロセスを歩むことによって、免疫反応は減少する。しかし、ある場合には、感染が極めて破壊的な反応を引き起こし、それは致命的になりえる。免疫細胞がウィルスに対して猛烈な方法で反応するために科学者はこれをサイトカインストームと呼んでいる。(サイトカイニンはお互いに信号を送るために免疫細胞が使用する分子です。)サイトカイニンはどの特定ウイルス細胞を攻撃すべきかを免疫系に伝えることによって通常感染症を撃退するのを助ける。しかし、時々、過剰なサイトカイニンが体のある部位に押し寄せて、それがサイトカインストームの時である。

fatal 致命的な
cytokine storm サイトカインストーム

Cytokine storms are rare, but Perl said they may be more common among younger people because they have stronger immune systems, which are more prone to overreactions. She said this may explain one of the more surprising outcomes of the 2009 swine flu: that it was deadlier among young people than it was among the elderly.

サイトカインストームはまれですが、若い人でもっとも一般的であるかもしれないとPerlは述べた。なぜならば、若い人たちは強力な免疫系を有していて、それはより過剰反応の傾向があります。これは2009年豚インフルエンザの最も驚くべき結果の1つを説明するかもしれないと彼女は述べた。それは高齢者より若者で致死的であった。

During flu infections, Oldstone said, cytokine storms can cause serious damage throughout the body, especially in the lungs. This, he said, combined with the lung damage cause by the influenza virus itself, leads to fatal cases of pneumonia.

インフルエンザ感染中にサイトカイニンストームが、特に肺に、身体の全体にわたって重篤な障害を引き起こす場合があると、Oldstoneは述べた。このことは、インフルエンザウイルス自体による肺障害の原因と結びついて肺炎の死亡症例に結びつきますと彼は述べた。

Oldstone and two other researchers have been looking into cytokine storms for more than five years. They’ve identified a cell — called S1P1 — that responds to cytokines, and they’ve figured out how to, essentially, turn off that cell’s signals. The virologists’ findings, published in a recent issue of the scientific journal Cell, could pave the way for a new class of immune-reaction-blocking drugs that could be more effective than antiviral drugs.

Oldstoneおよび2人の他の研究者は5年以上にわたってサイトカインストームを調査してきた。それらは、サイトカイニンに応答するS1P1受容体細胞を特定した。彼らは、基本的にどのようにしてその細胞シグナルを切るのかを考えついた。the scientific journal Cellの最新号に発表されたウイルス学者の調査結果は、抗ウイルス剤より有効になりうる新しいクラスの免疫反応遮断薬への道を開くことができました。

Sphingosine-1-phosphate、S1P:スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)
S1Pはスフィンゴシンキナーゼ(SphK)と呼ばれる酵素によって産生され、S1Pの濃度は炎症状態(気管支喘息、自己免疫疾患など)において上昇する。

S1Pに対する受容体として、Gタンパク質共役受容体であるS1P受容体が知られており、2008年現在までに報告されているS1P受容体にはS1P1-S1P5の5種類が存在する。

It is likely that a single oral dose of a compound can be developed that will provide protection against cytokine storms,” Hugh Rosen, Oldstone’s colleague at the Scripps Institute who also worked on the cytokine study, said in a statement.

「サイトカイニンストーム対する防御を提供する1回経口投与の薬剤を開発することができることはありそうです」とサイトカイン研究に取り組んでいるスクリプス研究所のOldstone同僚のHugh Rosenは述べた。

The findings “could potentially change the way the flu is treated,” Oldstone said, and could even have implications for lung infections, HIV and other viral diseases, though Perl notes that the research on how cytokine storms function in these other diseases is still very unclear.

Oldstoneは「この研究結果は潜在的にインフルエンザ治療方法を変更するかもしれないとOldstoneは述べていて、これらの他の疾患でどのようにサイトカインストームが作用するのかかについての研究はまだ極めて明確ではないとPerlは述べているけれど、さらに肺感染症、HIVおよび他のウイルス疾患に意味を有しているだろう。

‘Getting under the hood’

「ボンネットに入る」

Rosen, Oldstone and their team, with funding from the National Institutes of Health, examined this exaggerated immune response in mice.

米国国立衛生研究所から資金提供を受けて、Rose、Oldstoneおよび彼らのチームはマウスでこの過剰免疫反応を調査した。

The researchers injected one group of 30 mice with a strain of the H1N1 swine flu virus from 2009. Those mice were left untreated, and 80 percent of them died. The researchers injected 30 other mice with the virus, but they also gave this group an antiviral drug similar to Tami-
flu. Around half died.

研究者は2009年の 豚インフルエンザウイルス株を30匹のマウスの1郡に注射した。 これらのマウスは治療されずに放置さて、それらの80%は死亡した。研究者は30匹の他のマウスにウイルスを注射したが、また、彼らはこの郡にタミフルに類似している抗ウイルス薬を与えた。およそ2分の1が死亡した。

For a third group of flu-infected mice, the researchers used an experimental cytokine-blocking compound instead of Tamiflu. Only 20 percent of these mice died.

インフルエンザ感染マウス第3郡に対して、研究者はタミフルの代わりに実験的サイトカインブロック化合物を用いた。これらのマウスの20%だけが死亡した。

cytokine-blocking サイトカイン遮断

And when the scientists gave a fourth group of mice both Tamiflu and the compound, the death rate dropped to 5 percent.

そして、科学者がマウス第4郡にタミフルと化合物の両方を与えたとき、死亡率は5%に下がった。

Cytokine-blocking drugs could be more effective than antivirals, Oldstone said, because they target the flu effects that cause the most damage to the body. Also, a problem with many antiviral drugs is that they can cause viruses to mutate into drug-resistant strains. Oldstone said that probably wouldn’t be an issue for cytokine-blockers because they don’t affect the virus itself.

サイトカインブロック薬は体に損傷をもたらすインフルエンザ作用をターゲットにしているために抗ウイルス薬よりもいっそう効果的であるだろうとOldstone が述べた。また、抗ウイルス薬はウイルスを薬剤耐性株に突然変異させることを引き起こす問題がある。サイトカインブロッカーはウイルス自体に影響を及ぼさないために多分問題にならないだろうとOldstoneは述べた。

Jeff Dimond, a spokesman for the Centers for Disease Control and Prevention, said Oldstone and his colleagues went deep into the cellular level to figure out how cytokine storms function. “This is really ‘getting under the hood and tinkering with the wires’ research,” he said.

米国疾病管理予防センターの報道官Jeff Dimondは、Oldstone と彼の同僚はサイトカインストームがどのように作用するか理解するために細胞のレベルまで深く研究したと述べた。「これはまさにボンネットに入って配線をいじくりまわす」研究である。

Dimond said CDC scientists are also looking at links between the immune system and flu fatalities.

米国疾病管理予防センターCDC科学者もまた免疫系とインフルエンザ致死性との関連を調査していると間の関連性を調べているとDimondは述べた。

Oldstone said there’s still much that scientists don’t understand about cytokine storms. For example, he said, it’s unclear why the flu virus causes a life-threatening storm in some people while for others it produces nothing more than a few miserable days at home.

科学者はサイトカインストームについて理解していなことがまだ多くありますと Oldstone は述べた。たとえば、彼は述べた、なぜインフルエンザウイルスが一部の人に生命をあやうくするストームを引き起こして、一方、他の人にとっては家で2-3日の身体の調子が悪い日を過ごすのにすぎないことは分かっていないです。

While Oldstone’s findings may lead to better flu-fighting drugs, it will probably be many years before those drugs reach the local pharmacy. He said the next step for his team is to try to replicate the mouse study using ferrets, then primates and then, finally, humans.

Oldstone の研究結果がすぐれたインフルエンザ治療薬に結びつく可能性がある一方で、それらの薬が地方の薬局に届くのは何年も先のことになると思われる。彼の研究チームの次のステップは、まずはフェレットで、次に霊長類で、最終的にヒトでマウスでの研究を繰り返すことであると彼は述べた。

ferret:フェレット(イタチの仲間)
primate:霊長類

In the meantime, Perl said, scientists now know much more about how the immune system functions and, more important, how it malfunctions. “It’s even more complicated than what we were taught in med school,” she said.

その一方、 perl が述べました、科学者が今や免疫系がどのように機能するかついて十分知っていて、最も重要なことは免疫系がいかに機能不全になるかであるとperl が述べました。「それは我々が医学校で学んだことよりさらにいっそう複雑である」、と彼女が述べました。

お知らせ

三上杏平先生・精油化学講座(アルコール類)2月8日(水)開催

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2012年10月20日(土)〜21日(日)2日間開催

|

« 乳がんにおけるオリーブ油と他の食事脂質の調節作用および分子機構 | Main | 筋肉マッサージは治癒を促進するかもしれない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 乳がんにおけるオリーブ油と他の食事脂質の調節作用および分子機構 | Main | 筋肉マッサージは治癒を促進するかもしれない »