« 潜在意識とチャクラ:「あなたの身体は潜在意識である」CDキャンダス・パート博士著書より | Main | β-エンドルフィンと皮膚疾患 »

April 28, 2012

セイヨウノコギリソウエキス(ヤローエキス)の表皮若返り効果

Surface rejuvenating effect of Achillea millefolium extract.

セイヨウノコギリソウエキス(ヤローエキス)の表皮若返り効果

Achillea millefolium:英名:Yarrow:ヤロー、和名:セイヨウノコギリソウ、キク科

PUBMEDより

Int J Cosmet Sci. 2011 Dec;33(6):535-42. doi: 10.1111/j.1468-2494.2011.00667.x. Epub 2011 Jun 2
Pain S, Altobelli C, Boher A, Cittadini L, Favre-Mercuret M, Gaillard C, Sohm B, Vogelgesang B, André-Frei V.

Source

BASF Beauty Care Solutions France S.A.S, 32 rue Saint-Jean-de-Dieu, F-69366, Lyon Cedex 07, France.

Abstract

要旨

Proopiomelanocortin is a precursor peptide that gives rise to several neuropeptides including adrenocorticotrophic hormone (ACTH) and β-endorphin. POMC-derived peptides have been shown to be synthesized in human epidermis where they modulate numerous skin functions.

プロオピオメラノコルチンは副腎皮質刺激ホルモン(ATCH) およびβ-エンドルフィンを含むいくつかの神経ペプチドを生じさせる前駆ペプチドである。プロオピオメラノコルチン由来ペプチドはそれらが多くの皮膚機能を調整するヒト表皮で合成されることを示した。

Because we previously observed that melanocortin receptor-2 and μ-opioid receptor 1, the respective receptors for ACTH and β-endorphin decreased with ageing in human epidermis, we have selected an active ingredient (INCI name: Achillea millefolium extract) able to upregulate receptor expressions.

メラノコルチン受容体-2とμ-オピオイド受容体 1、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)およびβ-エンドルフィンのそれぞれの受容体がヒト表皮で老化ともに減少したことを観察したわけで、我々は受容体発現を増加させることができる活性成分(化粧品原料の国際命名:セイヨウノコギリソウエキス)を選択した。

melanocortin receptor-2 メラノコルチン受容体-2
μ-opioid receptor 1 :μ-オピオイド受容体 1

The aim of the present work was first to evaluate the effect of A. millefolium extract on the expression pattern of various epidermal differentiation markers ex vivo in normal human skin biopsies using quantitative image analysis and second to evaluate its capacity to rejuvenate the appearance of skin surface in vivo.

本研究の目的は、定量的画像分析を用いて、生体外で正常ヒト皮膚生検の様々な表皮分化のマーカーの発現パターンに対するセイヨウノコギリソウエキスの効果を評価することと、次に、生体内で皮膚面の外観を若返らせるその能力を評価するのは初めてであった。

quantitative image analysis 定量的画像分析
normal human skin biopsies 正常ヒト皮膚生検
epidermal differentiation markers 表皮分化のマーカー

Results show an improved expression profile of cytokeratin 10, transglutaminase-1 and filaggrin in cultured skin biopsies as well as an increased epidermal thickness. In vivo, a 2-month treatment with A. millefolium extract at 2% significantly improved the appearance of wrinkles and pores compared with placebo. Results were also directionally better than those of glycolic acid that was chosen as reference resurfacing molecule.

研究結果は、培養皮膚生検でサイトケラチン-10、トランスグルタミナーゼ-1とフィラグリンの発現様式改善と同様に皮膚層の厚みの増加を示している。生体内で、2%のヤロー抽出物で2か月の治療は有意にプラセボに比べてしわおよび毛穴の外観を改善した。また、結果は関連作用のリサーフェシング分子に選択されたグリコール酸のものよりさらに方向的によかった。

expression profile:発現様式
cytokeratin 10:サイトケラチン-10
transglutaminase-1 トランスグルタミナーゼ-1
filaggrin フィラグリン
epidermal thickness 皮膚層の厚み
glycolic acid グリコール酸
皮膚科などでのケミカルピーリングに使用
Resurfacing:リサーフェシング、表面の入れ替え・再生。
美容整形領域では、皮膚を削り取って、新しい皮膚ができるのを待つ方法。 しわ・しみ・ニキビ跡など、新しい皮膚を作ってやることで改善が期待できる状態に

関連ブログ

ヒト皮膚で抹消神経と角化細胞にミューオピエート受容体およびβエンドルフィン発現

植物の水蒸気エキスで皮膚中のβーエンドルフィンの量増加により皮膚機能改善

お知らせ

三上杏平先生・精油化学講座5月9日(水)・・・・ラクトン類(フロクマリン他)、ケトン類(ヌートカトン他)。

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2012年10月20日(土)〜21日(日)2日間開催

|

« 潜在意識とチャクラ:「あなたの身体は潜在意識である」CDキャンダス・パート博士著書より | Main | β-エンドルフィンと皮膚疾患 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 潜在意識とチャクラ:「あなたの身体は潜在意識である」CDキャンダス・パート博士著書より | Main | β-エンドルフィンと皮膚疾患 »