« 高腸内細菌叢は子供をアレルギーから守ります。 | Main | エピジェネティックスおよび加齢に伴う病気対する栄養の影響 »

September 12, 2012


Could Rosemary Scent Boost Brain Performance?



Hailed since ancient times for its medicinal properties, we still have a lot to learn about the effects of rosemary. Now researchers writing in Therapeutic Advances in Psychopharmacology, published by SAGE, have shown for the first time that blood levels of a rosemary oil component correlate with improved cognitive performance.

その薬効成分のために古来より賞賛されたローズマリーの効果について私たちは学ぶことがたくさんある。今日、SAGE,によって発行されたTherapeutic Advances in Psychopharmacologyに書いている研究者によると、ローズアリー精油成分の血中濃度が認知機能改善と相関しています。

Rosemary (Rosmarinus officinalis) is one of many traditional medicinal plants that yield essential oils. But exactly how such plants affect human behaviour is still unclear. Mark Moss and Lorraine Oliver, working at the Brain, Performance and Nutrition Research Centre at Northumbria University, UK designed an experiment to investigate the pharmacology of 1,8-cineole (1,3,3-trimethyl-2-oxabicyclo[2,2,2]octane), one of rosemary's main chemical components.

ローズマリー(Rosmarinus officinalis)は精油を産する多くの伝統的薬用植物のひとつです。しかし、そそのような植物がまさにヒトの行動にどのような影響を与えるかはまだ不明です。英国ノーサンブリア大学のthe Brain, Performance and Nutrition Research Centreで働くMark Moss およびLorraine Oliverはローズマリーの主要な化学成分の一つ、1,8 - シネオール(1,3,3-トリメチル-2-オキサビシクロ[2.2.2] オクタン)の薬理作用を調べるために実験を設計した。

1,3,3-trimethyl-2-oxabicyclo[2,2,2]octane) 1,3,3-トリメチル-2-オキサビシクロ[2.2.2] オクタン

The investigators tested cognitive performance and mood in a cohort of 20 subjects, who were exposed to varying levels of the rosemary aroma. Using blood samples to detect the amount of 1,8-cineole participants had absorbed, the researchers applied speed and accuracy tests, and mood assessments, to judge the rosemary oil's affects.

研究者はローズマリーの香りの様々な濃度に暴露された20人の被験者のコホートにおいて、認知機能および気分をテストしました。参加者が吸収した1,8 - シネオールの量を検出するための血液サンプルを使用して、研究者は速度と精度のテストを適用し、気分評価、ローズマリー精油の影響を判断した。

Results indicate for the first time in human subjects that concentration of 1,8-cineole in the blood is related to an individual's cognitive performance -- with higher concentrations resulting in improved performance. Both speed and accuracy were improved, suggesting that the relationship is not describing a speed-accuracy trade off.


speed-accuracy trade off 速度精度相反性

Meanwhile, although less pronounced, the chemical also had an effect on mood. However, this was a negative correlation between changes in contentment levels and blood levels of 1,8-cineole, which is particularly interesting because it suggests that compounds given off by the rosemary essential oil affect subjective state and cognitive performance through different neurochemical pathways. The oil did not appear to improve attention or alertness, however.

ところで、それほど明白でないけれど、化学物質も気分に影響を与えた。しかし、これ満足濃度の変化と1,8 - シネオール血中濃度との間に負の相関があった。そのことは、ローズマリー精油が放出する化合物が異なる神経化学的経路を介して被験者の状態および認知機能に影響を与えることを示唆しています。しかし、精油は注意や覚醒を改善するようには思われなかった。

Terpenes like 1,8-cineole can enter the blood stream via the nasal or lung mucosa. As small, fat-soluble organic molecules, terpenes can easily cross the blood-brain barrier. Volatile 1,8-cineole is found in many aromatic plants, including eucalyptus, bay, wormwood and sage in addition to rosemary, and has already been the subject of a number of studies, including research that suggests it inhibits acetylcholinesterase (AChE) and butyrylcholinesterase enzymes, important in brain and central nervous system neurochemistry: rosemary components may prevent the breakdown of the neurotransmitter acetylcholine.

1,8 - シネオールなどのテルペン類は、鼻や肺粘膜を介して血流に入ることができます。小分子で脂溶性の有機性分子として、テルペンは容易に血液脳関門を通過することができます。揮発性1,8 - シネオールは、とローズマリーのほかにユーカリ、ベイ、ニガヨモギとサルビアを含む多くの芳香植物にみられて、1,8 - シネオールが脳および中枢神経系(ローズマリー精油成分が神経伝達物質アセチルコリンの分解を防ぐかもしれない)で重要なアセチルコリンエステラーゼ(AChE)とブチリルコリンエステラーゼを阻害することを示唆することの研究が含まれます。

fat-soluble organic molecules 脂溶性の有機性分子
wormwood ニガヨモギ

"Only contentedness possessed a significant relationship with 1,8-cineole levels, and interestingly to some of the cognitive performance outcomes, leading to the intriguing proposal that positive mood can improve performance whereas aroused mood cannot," said Moss.
Typically comprising 35-45% by volume of rosemary essential oil, 1,8-cineole may possess direct pharmacological properties. However, it is also possible that detected blood levels simply serve as a marker for relative levels of other active compounds present in rosemary oil, such as rosmarinic acid and ursolic acid, which are present at much lower concentrations.

"唯一の満足度は1,8 - シネオール濃度と有意な関連、および興味深いことに幾つかの認知機能結果を有していて、肯定的気分は認知機能を改善することができるが、それに対して覚醒の気分は出来ないと、Mossは述べた。一般的にローズマリー精油の容量で35%から45%含有する1,8 - シネオールは直接的な薬理特性有しているかもしれない。しかし、それは、検出された血中濃度は、はるか低濃度で存在するロスマリノス酸およびウルソール酸などのローズマリー精油中に存在する相対的な濃度の他の活性成分のためのマーカーとして機能することも可能である


ローズマリー シネオール5ml・精油













« 高腸内細菌叢は子供をアレルギーから守ります。 | Main | エピジェネティックスおよび加齢に伴う病気対する栄養の影響 »


Post a comment

(Not displayed with comment.)

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

« 高腸内細菌叢は子供をアレルギーから守ります。 | Main | エピジェネティックスおよび加齢に伴う病気対する栄養の影響 »