« September 2012 | Main | November 2012 »

October 31, 2012

がん遺伝子発現抑制または発現は環境因子の影響を受ける・エピジェネティクスの考え方

Why Some Genes Are Silenced: Researchers Find Clue as to How Notes Are Played On the 'Genetic Piano'

何故幾つかの遺伝子は発現抑制するのか:研究者は音色が遺伝子ピアノで演奏される方法につての手がかりを探求する。

Japanese and U.S. scientists in the young field of epigenetics have reported a rationale as to how specific genes are silenced and others are not. Because this effect can be reversed, it may be possible to devise therapies for cancer and other diseases using this information

エピジェネティクスの若い分野における日本および米国の科学者は特定遺伝子が発現抑制および他の遺伝子は発現する方法に関して論理的根拠を報告した。しかし、この作用は逆にすることができるために、この情報を用いてがんや他の疾患のための治療法考案することが可能かもしれない。

silence(遺伝子)発現抑制

The NOVA U.S. public television program described epigenetics as "The Ghost In Your Genes." It is the study of changes in gene expression that occur without changes in DNA sequence. Like keys on a piano, DNA is the static blueprint for all the proteins that cells produce. Epigenetic information provides additional dynamic or flexible instructions as to how, where and when the blueprint will be used. "It corresponds to a pianist playing a piece of music," said Kohzoh Mitsuya, Ph.D., postdoctoral fellow in the School of Medicine at The University of Texas Health Science Center San Antonio.

公共TVプログラムで米国のノバ・バイオメディカル株式会社は“あなたの遺伝子のおばけ”としてエピジェネティクスを説明した。それはDNA配列の変化なしで発生する遺伝子発現の変化を研究する学問である。ピアノのキーと同様に、DNAは細胞が産生する全てのたんぱく質に対する静的青写真であります。エピジェネティクス・情報は、何時および何処かで青写真を使用するかについて追加の動的または柔軟な指図を提供します。それは、ある楽曲を演奏するピアニストに対応していると、テキサス大学、サンアントニオ健康科学センターの博士研究員・Kohzoh Mitsuya, Ph.Dは述べた。

Article in Science

サイエンスの記事

The study by Dr. Mitsuya and colleagues is outlined in the May 13 issue of the journal Science. The team found that a small RNA pathway is required to establish an epigenetic modification -- called DNA methylation -- at a gene that codes for mammalian proteins. DNA methylation adds chemical tags called methyl groups to specific genes, usually silencing their expression.

Dr. Mitsuya博士らによる研究は雑誌サイエンス5月13日号に概説されています。小分子RNA 経路は哺乳類タンパク質をコードかする遺伝子で、DNAメチル化と呼ばれる・エピジェネティック修飾を確立するために必要なことを研究チームは解明した。DNAメチル化が特定遺伝子にメチル基と呼ばれる
化学物質のタックを付け加えて、通常、それらの遺伝子発現を抑制します

"DNA methylation marks are reversible, so there is great interest in devising therapeutic strategies, for instance in cancer biology, to epigenetically reactivate silenced tumor-suppressor genes or inactivate specific oncogenes in human cancer cells," Dr. Mitsuya, the Science paper's third author, said. The lead author is Toshiaki Watanabe, Ph.D., of the National Institute of Genetics in Japan and Yale University.

DNAメチル化マークは可逆的であるため、治療的戦略の考案委に大きな関心が集まって、例ええば、がん生物学では、後成的に ヒトがん細胞におけるサイレンスされた腫瘍抑制遺伝子の再賦活化または特定発がん遺伝子の不活性化ですと、サイエンス論文の第三著者のDr. Mitsuya,博士は述べた。筆頭著者は、日本の国立遺伝学研究所およびイェール大学のToshiaki Watanabe, Ph.D.,です。

a small RNA pathway 小分子RNA 経路
mammalian proteins 哺乳類タンパク質
methyl groups メチル基

Environment and cancer

環境およびがん

Beyond being reversible, DNA methylation is susceptible to environmental influences. Many cancer biologists now agree that changes in DNA methylation might be as important as genetic mutations in causing cancer. There are far more epigenetic changes than genetic changes found in the majority of cancers, and research into epigenetics is proving to be important to understanding cancer biology.

可逆的であることを超えて、DNAのメチル化は環境の影響を受けやすいです。多くのがん生物学者は、今や、DNAのメチル化の変化はがん発症において遺伝子の突然変異と同様に重要であるかもしれないことで同意しています。多くのがんにみられる遺伝子変化よりもエピジェネティック変化の方がより多くて、エピジェネティクスの研究は、がん生物学を理解する上で重要であることが分かっています。

"It is critical to identify the entire complement of factors that affect gene silencing," Dr. Mitsuya said. "This was the rationale behind this study examining DNA methylation in mice that I began in 2004. The study adds information about one set of factors."

"それは遺伝子サイレンシングに影響を与える要因の全体の補足物 を識別することが重要です"とDr. Mitsuyaは述べた。"これは私が2004年に始めたマウスでDNAメチル化を調べて、この研究の背後にある理論的根拠であった。この研究がひとつのセットに関する情報を付け加えます。“

A finger on the piano

ピアノの指

The researchers compared a group of normal mice with a group lacking the small RNA species. The team found that DNA methylation was markedly reduced at one of four genes tested in the small RNA-deficient mice. "This is the first demonstration that small RNAs can act in this way," Dr. Mitsuya said. "It shows how one note is played on the piano."

研究者は正常マウス郡と小分子RNA種を欠いているマウス郡を比較した。研究チームはDNAメチルが小分子RNA欠損マウスで試験した四つの遺伝子の一つで顕著に減少したことが分かった。"これは、小分子RNA種がこのように作用することになる最初の証明である。“とDr. Mitsuyaが述べた。"それは1つのノートがピアノで演奏されている方法を示しています

RNA species  RNA種

Epigenetic activity is a previously unseen dimension of biology that may enable clearer detection of disease, monitoring of progression and improved treatment, and may provide entirely new biomarkers of disease susceptibility. "The symphony has only just come into view," Dr. Mitsuya said. "We can hear it, but we need to learn how all the parts are being played."

エピジェネティックの活性が、これまでは病気の明確な検知、進行に対する経過観察および治療改善を可能にあるかも知れない生物学の見えない次元であって、完全に罹病性の新しいバイオマーカーを提供するかもしれない。"交響曲はかろうじて視界に入ってきたと、Dr. Mitsuyaは述べた。“"我々はそれを聞くことができますが、我々はすべてのパートが演奏される方法を学ぶ必要があります。”

disease susceptibility 罹病性

Dr. Mitsuya is a member of the Center for Pregnancy and Newborn Research in the Department of Obstetrics and Gynecology, School of Medicine, at the UT Health Science Center San Antonio and is engaged in epigenetic studies of placental function.

Dr. Mitsuya博士は、テキサス大学、サンアントニオ健康科学センター、医学部産婦人科学科の妊娠と新生児研究センターのメンバーであって、胎盤機能のエピジェネティック研究に従事しています。

UT Health Science Center San Antonio テキサス大学、サンアントニオ健康科学センター
placental 胎盤

思いつぃたこと

DNAのメチル化は環境の影響を受けやすいですとの文章について思いつたことを書いてみます。がんを発症しても今までの環境因子・食事・生き方などを変えることによってがんを減らせる可能性があることを示しているのかも知れません。

ルイ―ズ・ヘイのHeal Your Bodyによると思考が病気を作っているので思考を変えることによって病気もよくなると書いてありました。You Can Heal Your Lifeの本に下記の文章があります。

Releasing resentment will dissolve even cancer.

恨みを解放することはガンさえも解消するでしょう。

今までと違うことすると遺伝子が良い方向に発現するかもしれない。環境が変化すると体の遺伝子が発現してその環境に合わせるようにしているようです。環境因子に2つあるかもしれません。

外からの外部因子と内部因子と2つになるかもしれません。外部因子をもたらすのは内部因子(思考・考えかた)。人は思わないかぎり行動しません。いくら良い環境であってもそこに行くのは思ったからです。

思考や思込などを変えると体内に流れる内分泌のホルモンなどが変わり良い方向にいくいかもしれません。

チャクラは感情と関係があると聞いたことがあります。感情と内分泌と関係があります。それぞれのチャクラは内分泌と結びついています。チャクラと精油についても調べています。感情と病気に関しても興味があります。

また、とりとめのないことを書きました。

お知ら

関連ブログ

何を食べ、如何に生き、如何に愛するかによって遺伝子の振る舞いが変わるかもしれない

エピジェネティックスおよび加齢に伴う病気対する栄養の影響

お知らせ

クロモジ(黒文字)とホワイトセージの水蒸気蒸留会 IN 長瀞(11月18日・日)お知らせ

 

| | Comments (0)

October 28, 2012

クロモジ(黒文字)とホワイトセージの水蒸気蒸留会 IN 長瀞(11月18日・日)お知らせ

ハーブ長瀞クラブの黒澤達男様のご協力を得て秩父産のクロモジ(黒文字)とホワイトセージの水蒸気蒸留会を企画しました。

会場が長瀞駅前ですので終了後に、宝登山神社参拝、ケーブルで宝登山へ、また舟くだりを楽しむことができます。

*精油が出来るまでの過程を見ていただきます。
尚、黒澤さんより蒸留についての説明があります。

*現地集合の現地解散になります。

日程:11月18日(日)

時間:11時~14時

会場:秩父食品長瀞駅前直売所前・野外(駅前より徒歩1分)

参加費:2,500円(昼食代・コーヒー付)は当日直接ハーブ長瀞クラブにお支払いいただきます。

集合時間:午前11時

集合場所:長瀞駅前 秩父鉄道

尚、終了後に黒澤さんを囲んでハーブについてのお茶会を企画しています。(希望者のみ)

参考スケジュール

10:00発 熊谷駅(JRから乗り継ぎ時間15分)
  
10:31発 寄居駅(東武からの乗り継ぎ時間5分)

10:50着 長瀞駅

10:30発 御花畑駅(西武秩父駅乗り継ぎ時間10分)
10:55着 長瀞駅

長瀞町観光協会(車・電車のアクセスはこちら)

http://www.nagatoro.gr.jp/accessmap/

秩父鉄道
http://www.chichibu-railway.co.jp/

月の石もみじ公園のライトアップ
期間:2012年11月10日(土)~11月25日(日)
【時  間】 17時~21時
【場  所】 月の石もみじ公園 (長瀞町長瀞「埼玉県立自然の博物館」そば)
長瀞駅より歩いて約15分、上長瀞駅より歩いて約5分
http://www.nagatoro.gr.jp/eventcalendar/calsingle/?event=8

◆お問い合わせ・申込について◆
お申し込みの際は下記の内容をご記入の上こちらのメールもしくはFAX等でご返信くださいますようお願い申し上げます。

(1)名前
(2)住所
(3)電話番号
(4)ご職業

フィトアロマ研究所
小島宛
E-mail: phytoaroma@smile.odn.ne.jp
TEL:/FAX: 045-621-2710

みなさまのご参加お待ちしております。
よろしくお願い申し上げます。

| | Comments (0)

October 26, 2012

がん治癒の答えへの探求(1)・がんは自然退縮する。がんは病気ではない。それは生きるためのメカニズムである。(7)

がんになるメカニズムがあるようにがんが治るメカニズムもある。

The Search for Answers

答えの探求

There is no cancer that has not been survived by someone, regardless of how far advanced it was. If even one person has succeeded in healing his cancer, there must be a mechanism for it, just as there is a mechanism for creating cancer. Every person on the planet has the capacity to do both.

がんがどのくらい進行しているかに関わらず、だれもが生きられなったがんはないです。ある人ががん治癒に成功した場合でさえも、ちょうどがんを発症したメカニズムがあるように、がんの治癒のメカニズムも存在するはずであります。地球上のすべての人にがんの発症および治癒の両方の能力を有しています。

If you have been diagnosed with cancer, you may not be able to change the diagnosis, but it is certainly in your power to alter the destructive consequences that it (the diagnosis) may have on you, just as George did. The way you perceive the cancer and the steps you choose to take following the diagnosis are some of the most powerful determinants of your future wellness, or the lack of it. (Please also see Chapter Three, 'Demystifying Cancer.)

あなたががんと診断されたならば、診断を変更することは出来ないかもしれないが、ジョージがそうであったように、それ(診断)があなたに影響を与えるかもしれない破壊的な結果を変更することはあなたのパワーの中にあることは確かです。がんへの認識方法およびがん診断後の次なる一歩の選択はあなたの将来の健康、または健康の欠落の幾つかの最も強力な決定になります。(また、三章の“がんの神秘を剥ぐ”を参照してください)

The indiscriminate reference to cancer as a killer disease by professionals and lay people alike has turned cancer into a disorder with tragic consequences for the majority of cancer patients and their families. Cancer has become synonymous with extraordinary fear, suffering, and death. This perception continues despite the fact that up to 90-95 percent of all cancers can appear and disappear of their own accord.

専門家および素人による致死的病気との無差別な言及は大多数のがん患者およびその家族に対してがんを悲劇的な結果をもたらす障害にさせた。がんは驚くほどの恐れ、苦痛、および死と同じ意味になってしまった。この認識は、全てのがんの90-95%までが自発的に発現および消滅する事実にかかわらず、この認識は続いています。

Not a day passes without the body making millions of cancer cells. Some people, under severe temporary stress, make more cancer cells than usual. These cancer cells cluster together as tumors that will disappear again once the stress impact has subsided and after a healing response (as indicated by symptoms of illness) has been completed. I will elaborate on the exact, predictable way this occurs in Chapter Three.

身体が何百万のがん細胞を作らないで過ごす日はないです。一時的な重篤なストレス下で、一部の人は通常よりも多くのがん細胞を作ります。これらのがん細胞はストレスインパクトが一度鎮静化して、治癒過程(病気の症状として示したので)が終了した後に再び消える腫瘍として密集します。私はこの三章でこれが生じる正確で予測可能な方法を詳しく説明します。

I wish to mention at this point that according to medical research, secretions of the DNA's powerful anticancer hormone, Interleukin II, drop under physical and mental duress and increase again when the person becomes relaxed and joyful. Low secretions of Interleukin II increase the incidence of cancer in the body, and normal secretions of this hormone keeps cancer at bay.

医学研究によると、DNA遺伝子の強力な抗がんホルモン・インターロイキン-2は身体的および精神的な脅迫下で減少して、人々がリラックスして楽しくなると再び増加しますことの点を私は言及したいです。インターロイキン-2の低分泌は身体のがん発症を増加させ、このホルモンの正常分泌はがんを寄せ付けないです。

Interleukin II インターロイキン-2

However, people are generally not under severe stress all the time. Since the incidence of cancer rises and falls with the experience of severe stress, many cancers vanish without any form of medical intervention and without causing any real harm. Accordingly, right at this moment, millions of people are walking around with cancers in their body without having a clue that they have them. Likewise, millions of people heal their cancers without even knowing it. Overall, there are many more spontaneous remissions of cancer than there are diagnosed and treated cancers.

しかしながら、人々がいつも重篤なストレス状態にいることは一般的にないです。がんの発症は重篤なストレス体験で上昇および減少するので、多くのがんはどんな形の医療行為なしで、およびどんな実際の障害を引き起こすことなく消滅します。従って、ちょうどこの時点で、何百万の人々は彼らががんを有している手がかりを持たずに自分の体にがんを持って歩き回っている。同様に、何百万人もの人々もそのことを知らずにがんは治癒しています。全体的に見て、診断されて治療されたがんよりもより多くの自然退縮があります。

spontaneous remission:自然退縮

お礼

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(がんケアにおける炎症治療と疼痛管理)10月20日(土)〜21日(日)(2日間)は無事終えることができました。遅くなりましたが受講者の皆様に感謝申し上げます。

尚、11月18日(日)に秩父長瀞で黒文字とホワイトセージの蒸留会を考えています。くわしことはブログでお知らせします。

| | Comments (0)

October 11, 2012

がん患者および介護者に対する英国がんセンターの実践的および情動的支援

がん患者および介護者に対する英国がんセンターの実践的および情動的支援

ウォレスがんケア(WALLACE CANCER CARE)のホームページより

http://www.wallacecancercare.org.uk/

Home

ホーム

Practical and Emotional Support for those affected by cancer.

がん患者に対する実践的および情動的支援

The diagnosis of cancer is a shocking event in anyone's life, and this when combined with invasive, intensive and challenging treatments, places a huge burden on patients and their families. It can leave you feeling helpless, confused and isolated, and sometimes unable to talk about these feelings with those you.

がんの診断は誰の人生においてもショッキングな出来事で、このことに侵襲的で、集中的かつ挑戦的な治療が組み合わせられることで、患者およびその家族に大きな負担がかかります。それは、無力、混乱や孤独の感情をあなたに残し、時には、あなたの愛する人たちにこの感情について話すことができないです。

Few people realise that there are many ways to support yourself or your loved one through this most difficult time, from psychological and emotional support and help with stress reduction, to proven nutritional and lifestyle strategies that, when combined with modern treatments, can improve outcomes and help alleviate side effects of treatment.

この最も困難な時期を通してあなた自身または愛する人をサポートする多くの方法があることをほとんどの人は認識していないです。心理的および情動的サポートやストレス軽減の助けから、証明されている栄養およびライフスタイル戦略まで、現代治療と併用し、それらは治療効果を改善して治療の副作用の軽減に役立ちます。

Wallace Cancer Care’s drop-in centres are peaceful, calm places where you can explore a varied programme based around self-help, empowerment and mutual support, or where you can simply relax over a cup of tea in a safe, comfortable environment. Our aim is to help you maintain the best possible mental and physical state during treatment, and to live positively afterwards. Services are free.

ウォレスがんケアのドロップインセンターは穏やかで落ち着ける場所です。そこでは、自立、エンパワーメントおよび相互支援に基づいた様々なプログラムを調べること出来、または、安全で穏やかな環境でお茶を飲みながらリラックスすることができます。私たちの目的は治療中に可能な限り最高の心身状態を維持し、積極的にその後生きることを援助することです。

About us

私たちについて

We provide peaceful and welcoming places where patients and their families can come to relax and find out about how various forms of complementary care can help them to cope with the difficulties of diagnosis, ease some of the side effects of treatment, and enable a confident and healthful return to normal life afterwards. There is evidence that some forms of complementary care can even lead to better clinical outcomes, and all can improve feelings of wellbeing.

様々な形の補完療法ケアが、診断の困難に対処、幾つかの治療の副作用の軽減、およびその後通常生活に自信を持って、健康的な復帰を可能に役立つかの方法について、患者様およびその家族がリラックスして見つけることができる静かで、非常に心のこもった場所を私たちは提供します。幾つかの形の補完療法ケアが良い治療成績に結びつて、全てが幸福な状態の感情を改善できる証拠があります。

We are an award winning charity and our specialist nurses, counsellors, complementary therapists and trained volunteers can help you to arrange a programme of self-help and complementary care alongside your hospital treatment which caters to your individual needs. Coming to our centres can help to reduce feelings of isolation and alienation as you will have that chance to meet other patients and families going through similar experiences, and if you wish join one of the support groups, or attend group courses and workshops with others facing similar challenges.

我々は、賞を受賞した慈善団体で、専門看護師、カウンセラー、補完療法セラピストおよび訓練を受けたボランティアが、個々人のニーズに対応し、病院の治療に沿った自立および補完療法ケアのプログラム手配を援助します。私たちのセンターに来ることで、同じような体験をしている他の患者および家族と出会う機会を持つこと、および一つのサポートグルーに参加を望み、または、同じような挑戦に直面している他の人々とのグループコースおよびワークショップに参加するならば、孤独および疎外の感情の軽減をすることに役立てることができます。

Wallace Cancer Care’s drop-in centres are peaceful, calm places where you can explore a varied programme based around self-help, empowerment and mutual support, or where you can simply relax over a cup of tea in a safe, comfortable environment. Our aim is to help you maintain the best possible mental and physical state during treatment, and to live positively afterwards. Services are free.

ウォレスがんケアのドロップインセンターは穏やかで落ち着ける場所です。そこでは、自立、エンパワーメントおよび相互支援に基づいた様々なプログラムを調べること出来、または、安全で穏やかな環境でお茶を飲みながらリラックスすることができます。私たちの目的は治療中に可能な限り最高の心身状態を維持し、積極的にその後生きることを援助することです。サービスは無料です。

Our centre

私たちのセンター

Our two drop in centres are warm and welcoming places where information, support and attention to the practical, physical and psychological needs of cancer patients and those who care for them are provided.

2つのドロップインセンターは、がん患者および患者を介護する人々に実践的、身体的および心理的なニーズ対して情報、支援および世話が提供される温かい場所です。

The support we offer is all evidence-based and thoughtfully presented by qualified, experienced staff.

私たちが提供する支援は全て証拠に基づいていて、経験豊かな有資格者のスタッフによって心を込めて提示されます。

Caring for someone with cancer

がん患者のどなたかを介護

More people are living with cancer longer, due to earlier diagnoses and better treatment.

多くの人々が早期診断および良い治療おかげでがん共に生活しています。

This has resulted in a growing number of people who care for someone with cancer. Some carers may be looking after someone who requires a great deal of care. Others may find they mainly need to give assistance with personal care tasks, such as help with dressing and providing meal
このことは、結果的にがん患者の誰かを介護する介護者の数の増大をもたらした。幾人かの介護者は介護に最新の注意が必要とする誰かを世話することになります。他の人は彼らが身支度および食事提供などのパーソナルケアの課題で単に補助することを見つけるかもしれない。

Increasing care may be needed if the person with cancer becomes less able to cope unaided with daily tasks

がん患者が日々のことを人の手をかりないで対処できなくなれば、介護をする必要性が増えるかもしれない。

The carer, however, can become a forgotten figure who doesn't get the help and support they need. As a carer, not knowing exactly what you want is understandable, if your attention is focused on someone close to you and not on yourself.

しかし、介護者は必要な援助および支援を得られない忘れられた人になっています。介護者として、あなたの世話があなたの近親者の誰かに焦点を当てていて、あなた自身でないならば、正確にあなたが何を望むかを知らないことは理解できます。

It is difficult to get the support right, because the amount you need depends on how emotionally and physically strong you feel and how well you think you are coping at any particular moment. Finding the right people to support you may not be easy.

あなたが必要とする程度は情動的および身体的にどのくらい強く感じるかおよびあなたが如何に上手くこの特定の時点に対処するかによるために、すぐに支援を受けることは困難であります。あなたを支援する適切な人を見つけることは容易ではないかもしれないです。

We may feel our families should be the ones to give support, but some might find it too difficult to cope with their own feelings. Others may want to rush in and take over, which can cause resentment。

私たちは私たちの家族が支援を与える人であるべきと感じるかもしれませが、ある人は自分自身の感情で対処するには困難であることが解るかもしれない。他の人が飛び込んできてやろうとするかもしれない、それは立腹させることになります。

All the services we offer at Wallace Cancer Care are available to carers and family members alike. You may find that our counselling service is particularly useful as might the complementary therapies we offer

ウォーレスがんケアで提供する全てのサービスは介護者および家族のメンバーに同じくご利用いただけます。私たちのカウンセリングサービスは私たちが提供する補完療法と同様に特に有用であることをあなたは解るかもしれない。

How we can help

どのように助けるか。

Wallace Cancer Care is there to meet the needs of cancer patients and their families at a shocking and devastating time of their lives, from the diagnosis of cancer, throughout treatment, and when lives need to be put back together once treatment is over.

ウォレスがんケアは、がんの診断から、治療を通して、および治療が終わった後に家族と一緒に生活に復帰するに必要時まで、彼らの人生の衝撃的で壊滅的な時に患者様と彼らの家族のニーズを満たすことです。

We offer help that complements conventional medical treatment, including high quality and reliable information, self help measures to reduce stress or alleviate side effects of treatment, individual complementary therapies, counselling for emotional and psychological support, and peer support though our self-help and support groups.

高品質かつ信頼性のある情報、ストレス軽減または治療の副作用軽減の自助方策、個々人の補完療法、情動的と心理的支援のカウンセリング、および私たちの自助および支援グループを通してのピアサポートを含む従来医療を補完するものを提供します。

Our support specialists have considerable experience and training in cancer care and offer a one-to-one assessment in which they will listen to you about your situation and suggest how you might benefit from aspects of the programme and tilor it to your individual needs.

私たちのサポート専門家は、かなりの経験とがんケアの研修を受けていて、なたの状況について相談して1対1の評価を提供して、プログラムの内容からどんな恩恵を受けるかの可能性を示唆して、個々のニーズに合わせてプログラムを作ります。

Complementary therapy

補完療法

All of the therapists working within WCC are fully conversant with the issues surrounding a cancer diagnosis and have sound knowledge of cancer treatments and their potential side effects.

WCC内で働き全てのセラピストはがん診断をめぐる諸問題に精通していて、がん治療およびそれらの副作用の可能性についての正しい知識を持っています。

All treatments offered are modified and adapted to incorporate safe practice. The therapist will take your medical details and screen for conditions where precautions are necessary.

提供される全てのトリートメントは修正されて安全対策を取り入れように適合されています。セラピストはあなたの医療的詳細を取って、注意事項が必要な症状を審査します。

Complementary therapies (Reflexology, Hearts, Reiki, Indian Head Massage, Aromatherapy and Therapeutic Massage) are available to both patients and carer.

補完療法は(リフレクソロジー、ハーツ、レイキ、インディアンヘッドマッサージ、アロマセラピーとマッサージ治療)の患者と介護者の両方にご利用いただけます。

Each person is entitled to six sessions and these may be accessed over a brief period of time or spread across a few months, according to needs identified by the client and therapist.

クライエントとセラピストによって確認されたニーズに応じて、各人は6つのセッションを受ける権利があって、これらは短い期間または数ヶ月にまたがってアクセスすることが可能です。

Patients and carers are encouraged to define their goals in their initial assessment to obtain maximum benefits from all treatments.

患者と介護者は、すべての治療から最大限の利益を得るために彼らの初期評価で、それぞれの目標を定義することが奨励されています。

With the exception of Aromasticks and our Taster Exercise Sessions, there is no fee for complementary therapies but donations are welcome to assist with the general running costs of the cent

アロマスティックスおよび病院のTaster Exercise Sessions(太極拳、気功、ピラティス、特定ヨガ)を除いて、補完療法は無料ですが、センターの一般的な運営コストを支援するために寄付金は歓迎しています。

Aromasticks

アロマスティック

Aromasticks are available for home use. The wick inside the plastic cover is impregnated with essential oils chosen to help alleviate some of the most common physical and emotional side affects of cancer treatment like sleeplessness, nausea, fatigue and anxiety

アロマスティックは家庭で使用は可能です。プラスチックカバーの内側の芯は、不眠、吐き気、疲労感や不安のような幾つかの最も一般的な身体的および情動的ながん治療の副作用を軽減するために選択された精油をしみ込ませています。

Our response to particular aromas is unique; therefore, the choice of oils is a collaborative process calling on the expertise of both the therapist and patient.

特定の香りへの私たちの反応はユニークで、それゆえに、精油の選択はセラピストおよび患者の両方の専門知識に呼びかける協同過程です。

In cases of anxiety, patients or carers may be shown how to use the aromastick as an ‘anchor’ enabling the user to link inhaling the qualities of the essential oils with a positive memory association.

不安の場合で、使用者が確かな記憶連想と精油特性の吸入と結びつけることができる“支え”として、患者または介護者に使用する方法を示すことができることになる。

Psychological and emotional support

心理的および情動的支援

Psychological and emotional support can take many forms, from meeting with other patients or families, to sharing experiences in a more formal setting; from having a quiet chat with one of our trained volunteers or a member of staff, to arranging a series of counselling session

心理的および情動的支援は、他の患者または家族との出会いからよりフォーマルな場で体験をシェアすることまで、我々の訓練を受けたボランティアやスタッフのメンバーのいずれかと静かな雑談から一連のカウンセリングセッションのアレンジまで、多くの形式をとります。

All will help to break down feelings of isolation and have been shown to improve feelings of wellbeing and improve outcomes. Wallace Cancer Care provides space where patients and families can meet informally with trained volunteers and others in their situation

すべては孤立感の打破に役だって、ウェルビーングの感覚を改善して治療成績を改善したことを示した。ウォレスがんケアは患者と家族がそれらの状況で訓練を受けたボランティアと他の人と非公式に出会うことができる空間を提供しています

Oncology nurses and complementary therapists are available to discuss more specific challenges of treatment and recovery, and for those who feel they need more support Counsellors are available for a course of up to six sessions

腫瘍看護師および補完療法セラピストが治療と回復のより具体的な課題を議論するために利用可能で、より支援が必要と感じる人々のためのカウンセラーは最大6つのセッションコースまでご利用いただけます。

A variety of support groups for patients with similar cancers or concerns also meet regularly and welcome new members. Our services are free, and are open to all those affected by a diagnosis of cancer

類似のがんや心配を有する患者のための様々な支援グループも定期的に会っていて、新メンバーを歓迎します。私たちのサービスは無料で、がん診断によって影響を受けるすべての人に開放しています。

Nutrition and Lifestyle Strategies

栄養およびライフスタイル戦略

On the basis of many years of research into how food choices can prevent cancer, or improve survival once cancer has been diagnosed, scientists at the World Cancer Research Fund estimate that at least a third of cancers could be prevented by making changes in the food we eat, the amount of exercise we take, and by maintaining a healthy weight.

食物の選択はがん予防、または一度がんと診断された生存率の改善する方法への長年の研究に基づいて、世界がん研究基金の研究者は、摂食している食べ物の変更、運動量、健康体重の維持によって、少なくともがんの三分の1は予防できるだろうと推定しています。

Each of us now has the potential to very significantly reduce the risk of developing cancer, or having cancer return after successful treatment

がん発症、または成功した治療後のがん再発のリスクを極めて有意に減少させる可能性を現在有してます。

Join our Food For Life workshops to learn about practical steps that you can take to improve your food choices with other cancer patients and carers; or if you are uncertain whether this approach is for you, come to one of the talks by former cancer patients on how changes in diet had a dramatic effect on their prognosis

Food For Life (生きるための食品)のワークショップに参加して、あなたは、他のがん患者および介護者と食品選択の改善ができることになる実践的一歩を学んでください、または、このアプローチがあなたのためになるかどうか不確かならば、如何に食生活の変更が患者の予後に劇的な影響を与えるかについて元患者による話を聞きに来てください。

Excercise can also be of great benefit in increasing your wellbeing and help you to combat cancer. Come to one of our Exercise Taster Sessions to see which exercise you enjoy most

また、体の運動はあなたの健康を高めることに非常に有益であって、がんと闘うのに役立ちます。どの体の運動が最も楽しめるのかを見るために私たちのExercise Taster Sessionsの一つに 来てください。

思いつぃたこと

上記の内容は英国のウォレスがんケア(WALLACE CANCER CARE)のホームページの案内を翻訳したものです。アロマスティックの事を調べていたら見つけた
サイトです。英国で介護においてどのように補完療法が医療現場で使われているのかは良く理解していませんでした。リアノン女史の講演内容が日本でどのように生かせるのかについては英国のがんケアの内容を知ることが大事だと思い訳してみました。

アロマセラピーなどの代替療法ががん治療の副作用軽減および症状管理に役に立ち、治癒を促進することを患者・介護者・医師が認識していることです。

日本ではこの点が欠けているので補完療法が医療現場になかなか取り入れてもらえない原因なのかと思いました。

医療現場で補完療法の意義を理解してもらうには科学的証拠に基づいたアロマセラピーを知ってもらうこともが大切です。リアノン先生の講座はエビデンスに基づいた講義をします。

診断されてある病名をもらうと頼りになるのはお医者様と薬になってきてしまいます。治癒のために患者自身になにができるのかについての総合的なアドバイスを受けるのはなかなかないです。推薦されるのはある特定のサプリメントや食べ物であったりします。患者本人に寄り添ってアドバイスをするのはなかなか難しいです。

リアノン先生は職業柄お医者様や看護師さんは患者の病気を見ることが多いですと聞いたことがあります。アロマセラピストは患者によりそって、患者が病気ともに生きていくことを手助けすることができると言っています。

がんの養生には英国のがんセンターのように病院で病気のことみてもらい。
闘病生活をより良く過ごして、治癒を促進するような施設があると良いと思いました。アロマセラピーはそのようなところで役にたつと思いました。

まとまりないことを書きました。

お知らせ

欠品中の水蒸気蒸留(ウオーター(水)ディストレーション法)のジャスミン精油が入荷しました。

ジャスミン3ml・精油のお求めはアロマショップ フィトアロマ研究所へ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(がんケアにおける炎症治療と疼痛管理)10月20日(土)〜21日(日)(2日間)のお知らせ

 

| | Comments (0)

October 09, 2012

間違った判断:がんは病気ではない。それは生きるためのメカニズムである。(6)

Mistaken Judgment

間違がた判断

We all know that if the foundation of a house is strong, the house can easily withstand external sources of stress, such as a violent storm or even an earthquake. As we shall see, cancer is merely an indication that something has been missing in our body and in our life. Cancer reveals that some aspect of our physical, mental and spiritual life stands on shaky ground and is quite fragile, to say the least.

家の土台が強ければ、家は外部源の圧力に容易に耐えることができて、例えば激しい嵐、あるいは地震でさえも耐えることができることを私たちみんな知っています。私たちがこれから見るように、がんは私たちの体および生活に何かが失われていることを単に示しています。私たちの身体的、精神的、霊的な生活のいくつかの側面が不安定な状態であって、控えめに言っても、極めて脆弱であることを明らかにしています。

It would be foolish for a gardener to water the withering leaves of a tree when he knows so well that the real problem is not where it appears to be, namely, on the level of those withered leaves. The dehydration of the leaves is merely a symptom of lacking water in the less apparent part of the plant - its root system.By watering the roots of the plant, the gardener naturally attends to the causative level, and consequently, the whole plant becomes revived and resumes its normal growth.

庭師は本当の問題が、言い換えれば、これらの枯葉のレベルであるようにおもわれないことを良く知っているので庭師が木の枯れている葉に水を与えることは愚かなことだろう。葉の脱水は単に植物の明らかに見えない部分・その根茎における水分欠乏の症状です。植物の根に水をやることによって、庭師は効果のでるレベルに自然に働きかけて、結果的に、植物全体が生き返って、正常の成長に戻ります。

To the trained eye of a gardener, the symptom of withering leaves is not a dreadful disease. He recognizes that the dehydrated state of these leaves is but a direct consequence of withdrawn nourishment that they need to sustain themselves and the rest of the plant.

庭師の訓練を受けた眼にとって、枯葉の症状は恐ろしい病気でないです。これらの葉の脱水状態でなくて植物が自分自身と植物の他の部位の維持に必要な栄養停止の結果であることを彼は認知しています。

Although this example from nature may appear to be a simplistic analogy, it nevertheless offers a basic understanding of some very complex disease processes in the human body. t accurately describes one of the most powerful and fundamental principles controlling all life forms on the planet. However skilled we may have become at manipulating the functions of our body through the tools of allopathic medicine, this basic law of nature cannot be suppressed or violated wthout paying the hefty price of suffering ill-health on the physical, emotional, and spiritual levels.

自然からのこの例は単純な類推のように思われるかも知れないけれど、それは、しかしながら、人体の幾らかの極めて複雑な病気の経過の基本的理解を提供します。それは正確に地球上の全ての生き物を支配する最も強力で基本的原則の一つを説明しています。しかし、私たちはアロパシー医学 の手段を通して私たちの体の機能を操作することに熟練してきたかもしれないけれど、この自然の基本的法則は、身体的、情動的、および霊性レベルの病気に罹患する高価な代償を支払うことなく、抑制または妨害することは出来ないです。

allopathic medicineアロパシー医学

I fervently challenge the statement that cancer is a killer disease. Furthermore, I will demonstrate that cancer is not a disease at all. Many people who received a 'terminal' cancer sentence actually defied the prognosis and experienced complete remission.

私はがんが致死的病気であるとの声明に挑戦します。さらに、私はがんが全く病気でないことを証明します。末期がん宣告を受けた多くの人々は実際に予後を無視して完全な緩和を体験した。

Prognosis:予後
remission (痛み・病気などの一時的な)緩解,軽減,緩和,鎮静

続きはあります。次回はがん治癒の答えへの探求(1)になります。

お知らせ

欠品中の水蒸気蒸留(ウオーター(水)ディストレーション法)のジャスミン精油が入荷しました。

ジャスミン3ml・精油のお求めはアロマショップ フィトアロマ研究所へ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(がんケアにおける炎症治療と疼痛管理)10月20日(土)〜21日(日)(2日間)のお知らせ

| | Comments (0)

October 06, 2012

がんとういう言葉の力:がんは病気ではない。それは生きるためのメカニズムである。(5)

Power in the Word

言葉の力

Cancer is the second leading cause of death for Americans. According to the American Cancer Society, a total of 1,529,560 new cancer cases and 569,490 deaths from cancer were estimated to have occurred in the United States in 2010. Among men, the top three cancer diagnoses are prostate cancer, lung cancer, and colorectal cancer. The leading types of cancer among women are breast cancer, lung cancer, and colorectal cancer.

がんはアメリカ人死亡の第2の主要な原因です。米国がん協会によると1,529,560の新がん症例とがんによる569,490死亡の合計数が2010年に米国で発生したと推定された。男性の中で、トップ3のがん診断は前立腺がん、肺がん および大腸がんです。女性の中で主要なタイプのがんは、乳がん、肺がんおよび大腸がんです。

colorectal cancer 大腸がん

In addition, there are tens of thousands of underprivileged people who have cancer, but will not even receive a diagnosis because they cannot afford health insurance or a visit to the doctor.

加えて、数万人の恵まれていないがん患者がいます。しかし、彼らは健康保険または医師にみてもらう余裕がないので診断をうけることさえないです。

Cancer is not just a word, but also a statement that refers to abnormal or unusual behavior of the body's cells. However, in quite a different context, cancer is referred to as a star sign. When someone says you are a 'cancer,' are you going tremble with fear of dying? Such a reaction is unlikely, because your interpretation of being of the cancer sign does not imply that you have cancer, the illness. But if your doctor called you into his office and told you that you had cancer, you would most likely feel shocked, paralyzed, numb, terrified, hopeless, or all of the above.

がんは言葉だけでなくて、また体内の異常または病的な細胞行動を言及する声明です。しかし、全く異なる状況では、がんは星印と呼ばれています。誰かがあなたは“がん”であると伝えると、あなたは死を恐れて震えますか?がんの徴候があるとのあなたの解釈があなたはがん、病気である意味しないために、そのような反応はほとんどないです。しかし、あなたの医師が彼のオフィスに電話して、あなたががんに罹患していると伝えたならば、あなたは、麻痺、無感覚、恐れ、絶望的、またはそれ以上の全てを最も感じるだろう。

The word 'cancer' has the potential to play a very disturbing and precarious role in your life, one that is capable of delivering a death sentence, and as you will discover in this book, actually execute it. Although being a cancer patient seems to start with the diagnosis of cancer, its causes may have been present for many years prior to the patient feeling ill. Yet within a brief moment, the word 'cancer' can turn someone's entire world upside down.

言葉“がん”は死刑宣告を伝えることができるもので、極めて不安にさせて危険な役割を果たす可能性を有していて、あなたがこの本で発見するように、実際にそれを実行します。がん患者になることはがんの診断で始まるようであるけれども、その原因は病気と感じる前長期間体内にあったかもしれない。さらに、ほんのしばらくの間で、言葉“がん”は誰かの全世界を上下逆さまにすることになります。

Who or what in this world has bestowed this simple word or statement with such great power that it can preside over life and death? Or does it really possess this power? Could our collective, social conviction that cancer is a killer disease, along with the trauma-generating, aggressive treatments that follow diagnosis, actually be mainly responsible for the current dramatic escalation of cancer in the Western hemisphere? Such a thought is too far-fetched, you might reply! In this book, however, I will make the convincing point that cancer can have no power or control over you, unless the beliefs, perceptions, attitudes, thoughts, and feelings you have, allow it.

この世界で誰または何が生と死を支配することができるそのような偉大なパワーをもつこの単純な言葉または言説を授けたのか?また、それは事実ですか? がんは致死的病気であるとの私たちの集団的、社会的な信念、加えて、診断による侵襲的治療が西半球における現在のがんの劇的な拡大に大きく現実に関与していることだろうか?あなたはかなりこじつけだと言うかもしれません! しかし、本書で、私たちの持っている信念、認識、態度、思考、感情、および私たちがする人生の選択に応じてそのことが生じることを私たちが無意識に認めなければ、がんが私たちに対する支配力やコントロールを持つことができないことを私は主張します。

killer disease 致死的病気
farfetchedこじつけの, 不自然な

Would you be as afraid of cancer if you knew what caused it or at least understood what its underlying purpose was? Unlikely so! If the truth were told, you would probably do everything you could to remove the causes of the cancer and thereby lay the ground for the body to heal itself.

私たちはがんの原因は何かまたは少なくともがんの根底にある目的は何かの理解をしたかを知ったならば、がんを恐れるでしょうか?ありそうもないように!真実が告げられたならば、私たちは多分原因除去のためにあらゆることをするだろう、それによって、体を自分自身で癒すために前提条件を準備するだろう。

A little knowledge, which I also call ignorance, is in fact, a dangerous thing. Almost everyone, at least in the industrialized world, knows that drinking water from a filthy pond or polluted lake can cause life-threatening diarrhea. Yet, relatively few people realize that holding on to resentment, anger, and fear, avoiding exposure to the sun which causes vitamin D deficiency, not getting enough sleep on a regular basis, holding a cell phone to your head for an hour each day, being regularly exposed to X-rays, mammograms or CATS scans, or eating junk foods, chemical additives, and artificial sweeteners is no less dangerous than drinking polluted water.

知識のないこと(それは無知と呼ばれることです)は、事実、危険なことです。工業世界で、すくなくとも、ほとんどだれもが汚い池または汚染された湖からの飲料水が生死にかかわる下痢を引き起こすことになること知っています。さらに、恨み、怒りおよび恐れを持ち続けること、ビタミン D欠乏症を引き起す太陽への暴露を避けること、定期的に十分な睡眠取らないとこ、毎日1時間携帯電話使用、X線、マンモグラフィまたはCATSスキャンへの定期的暴露、またはジャンク・フード、化学添加物の摂取、および人工甘味料が汚染水を飲むことと同様に危険であることを認識している方は比較的少ないです。

お知らせ

欠品中の水蒸気蒸留(ウオーター(水)ディストレーション法)のジャスミン精油が入荷しました。

ジャスミン3ml・精油のお求めはアロマショップ フィトアロマ研究所へ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(がんケアにおける炎症治療と疼痛管理)10月20日(土)〜21日(日)(2日間)のお知らせ

| | Comments (0)

October 03, 2012

がんは病気ではない。それは生きるためのメカニズムである。(4)

がん細胞の過度な増殖原因除去が必要です。

Cancer is not a Disease - It's a Survival Mechanism (Book Excerpt)

がんは病気ではない。それは生きるためのメカニズムである。

It is a medical fact that every person has cancer cells in the body all the time. These cancer cells remain undetectable through standard tests until they have multiplied to several billion. When doctors announce to their cancer patients that the treatments they prescribed had successfully eliminated all cancer cells, they merely refer to tests that are able to identify the detectable number of cancerous cells. Standard cancer treatments may lower the number of cancer cells to an undetectable level, but this certainly cannot eradicate all cancer cells. As long as the causes of tumor growth remain intact, cancer may redevelop at any time and at any rate.

それは、すべての人が絶えず体にがん細胞を持っているという医学的事実です。 これらのがん細胞が数10億まで増殖するまで標準検査で検知されないままで残っています。医師は彼らが処方した治療が成功裏に全てのがん細胞を除去したとがん患者に告げる場合に、彼らは検出可能ながん細胞の数を特定できる検査を単に照会する。標準がん治療は検出不能なレベルまでがん細胞の数を減少させるかもしれないが、このことは確かに全てのがん細胞を根絶できるというわけではありません。 腫瘍増殖の原因が手つかずのままである限り、がんはいつでも、いずれにせよ再発するかもしれない。

Curing cancer has little to do with getting rid of a group of detectable cancer cells. Treatments like chemotherapy and radiation are certainly capable of poisoning or burning many cancer cells, but they also destroy healthy cells in the bone marrow, gastrointestinal tract, liver, kidneys, heart, lungs, etc., which often leads to permanent irreparable damage of entire organs and systems in the body. A real cure of cancer does not occur at the expense of destroying other vital parts of the body.

がん治療は一群の検出可能ながん細胞を取り除くこととほとんど無関係である。化学療法および放射線のような治療は多くのがん細胞を毒殺または燃焼させることは確かにできますが、それらは、また、骨髄、消化管、肝臓、腎臓、心臓、肺、などにおける健康な細胞を破壊する。そのことは体における全体の臓器および系の永久的修復のきかない損傷になることが多い。がんの本当の治療は身体の他の必須部位の破壊の犠牲で行われるものではない。

Each year, hundreds of thousands of people who were once "successfully" treated for cancer die from infections, heart attacks, liver failure, kidney failure and other illnesses because the cancer treatments generate a massive amount of inflammation and destruction in the organs and systems of the body. Of course, these causes of death are not being attributed to cancer.

毎年、がん治療が体の器官と組織に大量の炎症および破壊を発生させるので、一度がん治療に成功した何十万もの人々が、感染症、心臓発作、肝不全、腎不全および他の病気で死ぬ。もちろん、これらの死因はがんに起因していないです。

This statistical omission makes it appear we are making progress in the war against cancer. However, many more people are dying from the treatment of cancer than from cancer. A real cure or cancer is achievable only when the causes of excessive growth of cancer cells have been removed or stopped.

この統計省略で私たちはがんとの戦いにおいて進歩していることを現わしている。しかし、さらに多くの人々はがんよりもがん治療で死んでいる。がん細胞の過度な増殖原因が除去されたかまたは止められた場合に限り、本当の治療またはがん治療が達成可能です。

続きはまだあります。

お知らせ

欠品中の水蒸気蒸留(ウオーター(水)ディストレーション法)のジャスミン精油が入荷しました。

ジャスミン3ml・精油のお求めはアロマショップ フィトアロマ研究所へ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(がんケアにおける炎症治療と疼痛管理)10月20日(土)〜21日(日)(2日間)のお知らせ

| | Comments (0)

October 01, 2012

がん治療で有名なロンドンの英国王立マースデン病院でのリアノン先生のセミナー紹介

がん治療で有名なロンドンの英国王立マースデン病院でのリアノ先生のセミナー紹介

リアノン女史は2003年よりアロマセラピストを対象にがん治療で有名なロンドンの英国王立マースデン病院でエビデンスに基づくがん治療現場での精油使用の講座を毎年行っています。今回講演される“効果的な疼痛管理”は今年の2月1日にロイヤル・マースデン病院(イギリス)で行われています。紹介いたします。

The Royal Marsden Education and Conference Centre is known worldwide for its exciting programme of cancer study days and conferences.

王立マースデン教育・コンファレンスセンターはがん研究のデイプログラムや会議の刺激的なプログラムで世界的に知られています。

Cancer Study Day Programme 2012

Updates for healthcare professionals involved in cancer and palliative care

がん研究デイプログラム2012

がんや緩和ケアに携わる医療従事者のためのアップデート

http://www.royalmarsden.nhs.uk/SiteCollectionDocuments/education-conference-centre/events/royal-marsden-study-day-programme.pdf

にリアノン先生の講座も含まれています。

The Royal Mardsonの講座募集内容

http://www.royalmarsden.nhs.uk/education/education-conference-centre/study-days-conferences/pages/2012-essential-oils-pain-management.aspx

Essential Oils for Pain Management

疼痛管理のための精油

Summary

要約

The course aims to take a whole-person approach, linking this to a strong evidence base. Delegates will increase their knowledge, skills and confidence in using essential oils safely and effectively with individuals in pain. Specific essential oils with good evidence for their pain-relieving effects will also be profiled.

講義の目的は全人的アプローチを取って、このことを強力なエビデンスベースと結びつけることです。受講者は、疼痛患者に安全かつ効果的な精油使用における知識、スキルおよび自信を向上させます。疼痛緩和作用に対する十分な証拠がある特定精油もプロファイルします。

This class is for all aromatherapists working in the cancer care and/or palliative care environment who are seeking further guidance on using essential oils for pain management.

このクラスは、疼痛管理のための精油使用をについてさらなる手引きを求めるがんケアおよび/または緩和ケアの現場で働いているすべてのアロマセラピストのためのものです。

The course is run by Rhiannon Harris of Essential Oil Resource Consultants who are well-known for their Advanced Clinical Aromatherapy teaching programme.

コースはアドバンス臨床アロマセラピー教育プログラムで良く知られている
Essential Oil Resource Consultantsのリアノン・ハリスによって運営されています。

A comprehensive booklet outlining the content of the course and a certificate of attendance will be issued on completion of the course.

講義内容を概説している包括的小冊子と出席証明書は講義終了に発行されます

国王立マースデン病院でのリアノン先生の講座を紹介します。

Essential Oils in Cancer Care (two-day course)

がんケアにおける精油(2日間コース)

http://www.royalmarsden.nhs.uk/education/education-conference-centre/study-days-conferences/pages/2013-essential-oils-cancer-care.aspx

上記の講座は2010年にリアノン・ハリス女史来日セミナー:がんおよび緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー5月29日(土)〜30日(日)(2日間)で行いました。

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/02/529302-cc9f.html

Essential Oils for Skin Related Challenges

皮膚関連の攻撃感染に対する精油

http://www.royalmarsden.nhs.uk/education/education-conference-centre/study-days-conferences/pages/2013-essential-oils-skin-cancer.aspx

世界で活躍するリアノン先生

米国Northwestern university health science university

http://www.nwhealth.edu/

主催の2013Oncology Massage Healing Summit April 19-21, 2013

2013腫瘍のマッサージ治療サミット

http://www.nwhealth.edu/oncology-massage-summit/agenda/

でリアノン先生は下記の講演を行います

C. Aromapsychology in Cancer Care: Evidence and Applications

がんケアにおけるアロマ心理学:証拠と使用法

また、POST CONFERENCEで下記のワークショップをします。

Clinical Applications of Essential Oils for Cancer Patients

がん患者に対する精油の臨床使用法

思いついたこと

アロマスティックのことを調べていたら英国王立マースデン病院のホームページで下記の記事を発見して、調べ続けていたら上記のリアノン先生の講座を知りました。

Massage and aromatherapy

マッサージとアロマセラピー

http://www.royalmarsden.nhs.uk/diagnosis-treatment/treatment/complementary-therapies/pages/massage-aromatherapy.aspx

Massage therapy is helpful for cancer patients who are having problems relaxing or getting to sleep.It can help you cope with pain, muscle stiffness, breathlessness, anxiety and fatigue, or if you just feel you need something to lift your mood.

マッサージ療法はリラックスまたは寝つきに問題があるがん患者にとっては役に立ちます。それは、疼痛、筋肉のこわばり、呼吸困難、不安および疲労に対処、または、ちょっと気分を高揚したいならば、役に立ちます。

The massage therapist uses gentle movements with the addition of essential oils (aromatherapy) to enhance the effects of the massage. Essential oils are also used in aromasticks and diffusers for additional help with symptom management.

マッサージセラピストはマッサージの効果を高めるために精油(アロマセラピー)を添加して穏やかな動きを用います。精油も症状管理の追加支援のためにアロマスティックおよびディフューザーで使用されています。

お知らせ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(炎症治療と疼痛管理)10月20日(土)〜21日(日)(2日間)のお知らせ

| | Comments (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »