« October 2012 | Main | December 2012 »

November 30, 2012

中央値第三の眼:脊椎動物光受容器官進化のもと松果腺を訪ねる。

A median third eye: pineal gland retraces evolution of vertebrate photoreceptive organs.

中央値第三の眼:脊椎動物光受容器官進化のもと松果腺を訪ねる。

Median:中央値、正中
vertebrate photoreceptor organs 脊椎動物光受容器官

PUBMEDより

Photochem Photobiol. 2007 Jan-Feb;83(1):11-8.

Mano H, Fukada Y.

Source

Department of Biophysics and Biochemistry, Graduate School of Science, The University of Tokyo, Hongo, Bunkyo-ku, Japan.

東京大学大学院理学系研究科生物学専攻

Abstract

要旨

In many vertebrates, the pineal gland serves as a photoreceptive neuroendocrine organ. Morphological and functional similarities between the pineal and retinal photoreceptor cells indicate their close evolutionary relationship, and hence the comparative studies on the pineal gland and the retina are the keys to deciphering the evolutionary traces of the vertebrate photoreceptive organs.

多くの脊椎動物では、松果腺は光受容神経内分泌器官として機能します。松果腺と網膜の光受容器細胞との形態学的および機能的類似性はそれらの密接な関係を示すものであり、それ故に、松果腺と網膜の比較研究は脊椎動物の光受容器官の進化の痕跡を解読するための鍵です。

oendocrine organ 神経内分泌器官
retina 網膜
photoreceptor光受容器; 光受容体
morphological形態学的な,
retinal photoreceptor cells 網膜の光受容器細胞

Several studies have suggested common genetic and molecular mechanisms responsible for their similarities, but largely unknown are those underlying pineal-specific development and physiological functions.

いくつかの研究は、それらの類似性の基になる一般的な遺伝的および分子機構を示唆したが、それらの根底にある松果体特異的発達および生理的機能の大部分は未知です。

pineal-specific 松果体特異的
physiological functions 生理機能

Recent studies have identified several cis-acting DNA elements that participate in transcriptional control of the pineal-specific genes. Genetic approaches in the zebrafish have also contributed to elucidating the genetic network regulating the pineal development and neurogenesis.

最近の研究では、松果体特異的遺伝子の転写調節に関与するいくつかのシス作用性DNA因子と特定した。また、ゼブラフィッシュの遺伝的アプローチは松果体発達および神経新生を調節する遺伝子ネットワークの解明に貢献してきました。

cis-acting DNA elements シス作用性DNA因子
Zebrafish.:ゼブラフィッシュ 和名. シマヒメハヤ

These efforts toward elucidating the molecular instrumentation intrinsic to the pineal gland, back to back with those to the retina, should lead to a comprehensive understanding of the evolutionary history of the vertebrate photoreceptive structures. This article summarizes the current status of research on these topics.

それらを裏付けるために網膜にもどって、松果腺への本質的な分子計測の解明にくけた取り組みは脊椎動物の光受容構造進化史の包括的な理解に結びつくはずである。この記事では、これらのテーマに関する現状研究をまとめたものである。

関連記事
下記はWikipedia のPineal glandより

http://en.wikipedia.org/wiki/Pineal_gland

光とメラトニン

The production of melatonin by the pineal gland is stimulated by darkness and inhibited by light. Photosensitive cells in the retina detect light and directly signal the SCN, entraining its rhythm to the 24-hour cycle in nature.

松果腺のメラトニン産生は暗闇によって刺激され、光によって阻害される。網膜の光感受性細胞は光を感知して、自然に24時間周期にそのリズムを同期する視交叉上核(SCN)に直接信号を送ります。

Photosensitive cells 光感受性細胞
entrain同調させる, 同期させる
SCN・suprachiasmatic nucleus:視交叉上核

加齢とともに松果体にカルサイト(方解石)蓄積

Human follicles contain a variable quantity of gritty material, called corpora arenacea (or "acervuli," or "brain sand"). Chemical analysis shows that they are composed of calcium phosphate, calcium carbonate, magnesium phosphate, and ammonium phosphate.[7] In 2002, deposits of the calcite form of calcium carbonate were described.[8] Calcium, phosphorus[9] deposits in the pineal gland have been linked with aging.

ヒトの卵胞には(脳の砂、分生子層または脳砂)と呼ばれる可変的な量の砂のような物質を含んでいます。化学分析は脳砂がリン酸カルシウム、炭酸カルシウム、リン酸マグネシウムおよびリン酸アンモニウムで構成されています。2002年には、炭酸カルシウムのカルサイト(方解石)形態の蓄積が記載されています。松果腺のカルシウム、リン蓄積は加齢と結びついています。

Human follicle ヒト卵胞
Corpora arenacea:脳砂
acervuli 分生子層
calcium phosphate リン酸カルシウム
calcium carbonate 炭酸カルシウム
magnesium phosphate リン酸マグネシウム
ammonium phosphate リン酸アンモニウム

calcite カルサイト(方解石)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E8%A7%A3%E7%9F%B3

方解石(ほうかいせき、calcite、カルサイト)は、鉱物(炭酸塩鉱物)の一種。組成は炭酸カルシウム(CaCO3)。 石灰岩の主成分鉱物で、鉱石として扱われる場合は石灰石、 石材として扱われる場合は大理石と呼ばれる。変成岩である。

尚、パワーストーンの中にカルサイトがあり、浄化 活力 希望 繁栄 成功をもたらすそうです。

上記記事の関連文献PUBMEDより

Physical, chemical, and mineralogical characterization of carbonate-hydroxyapatite concretions of the human pineal gland

ヒトの松果腺の炭酸 ヒドロキシアパタイト結石の身体的、化学的および鉱物学的特性評価

carbonated-hydroxyapatite 炭酸 ヒドロキシアパタイト
concretion: 結石; 石; 結核体
characterization:特性評価;

Calcite microcrystals in the pineal gland of the human brain: first physical and chemical studies.

ヒト脳の松果腺におけるカルサイト(方解石)の微結晶 :最初の身体的および化学的研究

microcrystal微結晶

High Accumulation of Calcium and Phosphorus in the Pineal Bodies with Aging

加齢とともに松果体にカルシウムおよびリンの高蓄積

phosphorus リン

思いついたこと
この文献を翻訳しているときに脳の中心から第三の眼と顔の眼に線が描かれている本の図表を思い出しました。どの本なのか調べていたら、HANDS OF LIGHT,A Guide to Healing Through the Human Energy Field, BARBARA ANN BRENNANの164ページ Figure 18-6 The Anamy of Internal Viewing図18-6体内考察の解剖学に載っていました。

光の流れは上記本の164ページより

Light enters both through the third eye and through the physical eyes and flows along the optic nerves as shown in Figure 18-6.

光は第三の眼および身体的眼の両方を通して入ってきて、図18-6に示すように視神経に沿って流れます。

optic nerve 視神経

This light is of higher vibration than visible light and can pass through skin.

この光は、可視光よりも高い振動があって、皮膚を通過することができます。

The light pass through the optic chiasm and goes round the pituitary, which sits right behind the optic chiasm.

光は視神経交叉を通って、脳下垂体の周りを回っていて、そこはちょうど視神経の後ろに位置しています。

pituitary 脳下垂体
optic chiasm 視神経交叉

The light then takes two paths. One path goes to the occipital lobes for normal vision, and the other into the thalamus for oculomotor control.

光は2つの経路を通ります。ひとつの経路は正常な視力のために後頭葉、そして、他の回路は眼球運動制御のために視床に行きます。

occipital lobe 後頭葉
thalamus 視床
oculomotor control 眼球運動制御

翻訳していて昔読んだ本に出ていたことを思い出します。その時は理解ができていなくとも、今になってああそうだったかと理解できることもあります。興味あることは理解できなくとも読む必要があるのかと思いました。

下記の精油新発売

柴胡(サイコ)5ml・精油

ブラックシード3ml・精油


| | Comments (0)

November 29, 2012

ジオパシックストレス

Geopathic stress.

ジオパシックストレス

PUBMEDより

Complement Ther Nurs Midwifery. 1997 Dec;3(6):160-2.

Freshwater D.]

Abstract

要旨

The idea of stress as a factor in ill health is now widely accepted and the effects on the body are relatively well-documented. The true range of the causes is not so much in evidence. Geopathic stress as a causal link to ill health is usually ignored as most people are unaware of its presence.

健康障害の因子としてのストレスについての考えは今広く受け入れられます。また、身体に対する影響は比較的十分に立証されています。原因の正確な範囲の証拠はあまりないです。ほとんどの人々がその存在に気づかないことで、健康障害との因果関係としてのジオパシックストレスは通常無視されています。

This article explores the concept of geopathic stress, its effect on the environment and the implications of this for the individual's healing process. It is argued that geopathic stress can undermine both the body's subtle energy system (the etheric body, chakras and meridians) and the body's electrical system (brain, heart and muscles), thus delaying healing and recovery. A challenge is made to all health-care professionals who are dedicated to the development of holistic care to further their understanding and awareness of this phenomenon.

この記事は、ジオパシックストレスの概念、各個人の治癒過程に対するこの環境および意味へのその影響を調査します。ジオパシックストレスが体の微細エネルギーシステム(エーテル体、チャクラと経絡)および体の電気的システム (脳、心臓と筋肉)の両方を阻害することになり、それによって治癒と回復が遅れると議論しています。この現象のさらなる理解および認識のためにホリスティックケア発展に捧げている全ての医療従事者に挑戦が突き付けられた。

health care professional 医療従事者

下記の精油新発売

柴胡(サイコ)5ml・精油

ブラックシード3ml・精油

| | Comments (0)

November 28, 2012

健康被害および電磁場

Health hazards and electromagnetic fields.

健康被害および電磁場

Health hazards:健康被害
electromagnetic fields 電磁場

PUBMEDより

Complement Ther Nurs Midwifery. 2003 Nov;9(4):191-7.

Compl Ther Nurs Midwifery:Complementary Therapies in Nursing and Midwifery

看護および助産婦学における補完療法の雑誌

Saunders T.

Source

Abstract

要旨

Biological rhythms, physical wellbeing and mental states are dependent on our electrical brainwave system interacting with the extremely weak electromagnetic fields generated by the Earth's telluric and Cosmic radiations. In a single generation, since the evolution of humankind over millions of years, we are exposed to a wide range of powerful, artificially generated electromagnetic radiation which adversely affects the subtle balance in nature's energy fields and has become the source of so-called 'diseases of civilization'.

生体リズム、身体的健康および精神状態は、地球上の放射線と宇宙放射線によって産生される極めて微弱な電磁場と相互作用する電気的脳波系に依存している。何百万年にわたって人類の進化依頼、一世代で私たちは自然なエネルギー場における微細バランスに影響を与える人為的に発生する広範囲な電磁放射に暴露されて、いわゆる”文明病“の源となった。

nature's energy fields 自然なエネルギー場
diseases of civilization 文明病
electromagnetic radiation 電磁放射
Energy Field  エネルギー・フィールド

This also includes electromagnetic sensitivity. Generally, there is a lack of awareness and understanding of the impact electromagnetic fields can have upon health and wellbeing.Our ancestors were acutely aware that certain locations, were perceived to have a positive energy field which was beneficial to health and vitality. Over time, these areas are now referred to as sacred sites for spiritual ceremony and as healing centres.

また、これは電磁波過敏症を含みます。一般的に、電磁場が健康およびウエルビーングに影響を与えることについての認識および理解は欠如しています。私たちの祖先は特定な場所が健康および生命力に有益であるポジティブなエネルギー場を有していることの認識を鋭く意識していた。時間が経つにつれて、これらの地域は現在スピリチュアルな儀式の場所およびヒーリングセンターと呼ばれています。

Electromagnetic hypersensitivity:電磁波過敏症

In contrast, there are other geographical locations that can have a negative effect upon health and these are known as geopathic stress zones. It is believed that such zones can interfere with the brain's normal function that inhibits the release of melatonin and other endocrine secretions needed to replenish the immune system.

対照的に、健康に悪影響を及ぼす可能性がある他の地理的場所があって、これらはジオパシックストレスゾーンとして知られています。そのようなゾーンは脳の正常な機能を妨げることになって、免疫系を補充するのに必要なメラトニンおよび他の内分泌物の遊離を阻害すると考えられています。

geopathic stressジオパシックストレス

Geopathic stress can affect animals and plant life as well as human beings and significantly contributes to sick building syndrome (SBS). Whilst there is an increasing body of opinion amongst eminent researchers and scientists who are addressing these issues, the establishment professions are slow to change.

ジオパシックストレスは動物や植物の生活と同様に人間に影響を与えて有意にシックビル症候群(SBS)の原因となっています。これらの問題を提起している著名な研究者や科学者の間で意見が増大している一方、既成の専門家では変化すること遅いです。

sick building syndrome (SBS) シックビル症候群

However, very gradually, modern allopathic medicine and attitudes are beginning to recognise the extraordinary wisdom and efficacy of ancient traditions such as acupuncture, light, colour and other therapies based on the understanding and treatment of the interaction of a person's electromagnetic subtle body and the immediate environment.

しかし、極めて徐々に、近代的アロパシー医学および態度は、ヒトの電磁場的サトルボディおよび身の周りの環境の相互作用の理解と治療に基づく鍼、光、色彩および他の療法など古代の伝統の素晴らしい智恵及び効能を認識し始めている。

acupuncture 鍼治療
immediate environment 身の周りの環境
subtle body サトルボディ
allopathic medicine アロパシー医学

These and many other 'complementary' therapies may soon become mainstream medical practice. In the meantime, we can help ourselves by learning how to detect the hazards and daily practise prudent avoidance.

これらおよび他の多くの"補完"治療がまもなく主な医療行為になるかもしれない。他方においては、我々は危険と毎日の実践の慎重な回避を如何に検出するかを学ぶことによって自分自身を助けることができます。
prudent avoidance 慎重なる回避

思いついたこと

この文献を読んでいて思い出したのはイヤシロチ(弥盛地)とケガレチ(気枯地)のことです。イヤシロチは植物が繁茂して、動物が集まり、住んでいる人間は健康である。ケガレチはこの反対です。以前、このことを科学的に解明したのは楢崎皐月で静電三法と言う本があることを知り購入しました。読んでみたが電気のことが書いてあり少し難しくてよく理解出来なかったです。今回、本を取り出してみて、また、読んでみたい気になりました。

下記の精油新発売

柴胡(サイコ)5ml・精油

ブラックシード3ml・精油


| | Comments (0)

November 27, 2012

電磁場およびICNIRP暴露制限値のために松果体メラトニン量かく乱

PINEAL MELATONIN LEVEL DISRUPTION IN HUMANS DUE TO ELECTROMAGNETIC FIELDS AND ICNIRP LIMITS.

電磁場およびICNIRP暴露制限値のために松果体メラトニン量かく乱

ELECTROMAGNETIC FIELDS 電磁場

ICNIRP国際非電離放射線防護委員会

PUBMEDより

Radiat Prot Dosimetry. 2012 Oct 10. [Epub ahead of print]

Halgamuge MN.

Source

Department of Electrical and Electronic Engineering, The University of Melbourne, Parkville, VIC 3010, Australia.

Abstract

要旨

The International Agency for Research on Cancer (IARC) classifies electromagnetic fields (EMFs) as 'possibly carcinogenic' to humans that might transform normal cells into cancer cells. Owing to high utilisation of electricity in day-to-day life, exposure to power-frequency (50 or 60 Hz) EMFs is unavoidable.

国際がん研究機関(IARC)は正常細胞をがん細胞に変容させるかも知れないとして電磁場を「ヒトに対して発がん性の可能性がある」と分類した。日常生活で高電気使用量のために、電力周波数(50または60ヘルツ)電磁場暴露は避けられないです。

power-frequency 電力周波数
The International Agency for Research on Cancer (IARC) 国際がん研究機関

Melatonin is a natural hormone produced by pineal gland activity in the brain that regulates the body's sleep-wake cycle. How man-made EMFs may influence the pineal gland is still unsolved. The pineal gland is likely to sense EMFs as light but, as a consequence, may decrease the melatonin production.

メラトニンは体の睡眠と覚醒サイクルを調節する脳内の松果腺の活動によって産生される天然ホルモンである。人造電磁場が如何に松果腺に影響を与える可能性はまだ解明されていないです。松果腺は電磁場を光として感知するようであって、結果として、メラトニン産生を減少させることになります。

sleep-wake cycle. 睡眠・覚醒サイクル

In this study, more than one hundred experimental data of human and animal studies of changes in melatonin levels due to power-frequency electric and magnetic fields exposure were analysed. Then, the results of this study were compared with the International Committee of Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP) limit and also with the existing experimental results in the literature for the biological effect of magnetic fields, in order to quantify the effects.

本研究では、低周波電磁と磁場曝露のためにメラトニン量変化におけるヒトおよび動物の100実験データを分析た。そこで、本研究結果は、作用を定量化するために、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)暴露制限値および、また、磁場の生物学的作用に関する文献で現存する実験結果と比較した。

magnetic fields 磁場
power frequency electric field:低周波電界

The results show that this comparison does not seem to be consistent despite the fact that it offers an advantage of drawing attention to the importance of the exposure limits to weak EMFs. In addition to those inconsistent results, the following were also observed from this work: (i) the ICNIRP recommendations are meant for the well-known acute effects, because effects of the exposure duration cannot be considered and (ii) the significance of not replicating the existing experimental studies is another limitation in the power-frequency EMFs.

それが弱い電磁場への暴露制限の重要性に注目が集った利点を提供しているのにかかわらずこの比較が一貫しているようには思えないことを研究結果は示している。それらの矛盾する研究結果に加えて、また、下記のことがこの研究から観察された。

(i) ICNIRP勧告は、暴露期間の影響が考慮されていないためによく知られている急性の影響に対して意味している。(ⅱ)既存の実験的研究を再現していない意味は電力周波数EMF(電磁場50-60ヘルツ)の他の制限事項である。

power-frequency 電力周波数

Regardless of these issues, the above observation agrees with our earlier study in which it was confirmed that it is not a reliable method to characterise biological effects by observing only the ratio of AC magnetic field strength to frequency. This is because exposure duration does not include the ICNIRP limit. Furthermore, the results show the significance of disruption of melatonin due to exposure to weak EMFs, which may possibly lead to long-term health effects in humans.

これらの問題にかかわらず、上記の観察は周波数に対しての交流電磁場の比率のみを観察することによって生物学的効果を特徴づけるための信頼できる方法ではないことが確認した私たちの初期の研究と一致している。これは暴露期間がICNIRP暴露制限値に含まれていないためである。さらに、研究結果はヒトの長期的健康への影響に多分つながるかもしれない弱い電磁場暴露によるメラトニン破壊の重要性を示しています。

AC:alternating current:交流

下記の精油新発売

柴胡(サイコ)5ml・精油

ブラックシード3ml・精油

| | Comments (0)

November 26, 2012

メラトニン、免疫機能およびがん

Melatonin, immune function and cancer.

メラトニン、免疫機能およびがん

PUBMED より

Recent Pat Endocr Metab Immune Drug Discov. 2011 May;5(2):109-23.

Srinivasan V, Pandi-Perumal SR, Brzezinski A, Bhatnagar KP, Cardinali DP.

Source

Sri Sathya Sai Medical Educational and Research Foundation, Prasanthi Nilayam, 40-Kovai Thirunagar Coimbatore-641014, India.
Abstract

要旨

Melatonin is a natural substance ubiquitous in distribution and present in almost all species ranging from unicellular organisms to humans.In mammals, melatonin is synthesized not only in the pineal gland but also in many other parts of the body, including the eyes, bone marrow, gastrointestinal tract, skin and lymphocytes.

メラトニンは分布において広範囲にある天然物質で、単細胞生物からヒトにたるまで全ての種に存在しています。哺乳類において、メラトニンは松果腺ばかりでなくて、眼、骨髄、消化管、皮膚、リンパ球を含む身体の多くの他の部位で合成される。

unicellular organisms 単細胞生物

Melatonin influences almost every cell and can be traced in membrane, cytoplasmic, mitochondrial and nuclear compartments of the cell. The decline in the production of melatonin with age has been suggested as one of the major contributors to immunosenescence and development of neoplastic diseases.

メラトニンは、ほぼすべての細胞に影響を与え、膜、細胞質、ミトコンドリアおよび細胞の核コンパートメントにさかのぼることができる。加齢とともにメラトニン産生の減少は免疫老化および悪性腫瘍性疾患の発症への主要な原因として示唆されている。

Cytoplasmic 細胞質
immunosenescence 免疫老化
neoplastic diseases 悪性腫瘍性疾患

Melatonin is a natural antioxidant with immunoenhancing properties. T-helper cells play an important role for protection against malignancy and melatonin has been shown to enhance T-helper cell response by releasing interleukin-2, interleukin-10 and interferon-γ. Melatonin is effective in suppressing neoplastic growth in a variety of tumors like melanoma, breast and prostate cancer, and ovarian and colorectal cancer.

メラトニンは免疫増強特性を有する天然の抗酸化剤である。ヘルパーT細胞は悪性腫瘍に対する保護で重要な役割を果たし、メラトニンはインターロイキン2、インターロイキン10およびインターフェロン-γを遊離でヘルパーT細胞応答を増強することが示されている。メラトニンは、悪性黒色腫、乳がん、前立腺がん、卵巣癌および大腸がんなどの様々な腫瘍における悪性腫瘍増殖を抑制するのに効果的である

natural antioxidant 天然抗酸化剤
immunoenhancing property 免疫増強特性
T-helper cells: ヘルパーT細胞

As an adjuvant therapy, melatonin can be beneficial in treating patients suffering from breast cancer, hepatocellular carcinoma or melanoma. In this paper, a brief review of recent patents on melatonin and cancer has also been presented.

補助療法として、メラトニンは乳がん、肝細胞がんおよび悪性黒色腫を罹患している患者の治療に有益である。本論文では、メラトニンとがんに関する最新の特許の簡単なレビューも提示されている。

adjuvant therapy補助療法、アジュバント療法
hepatocellular carcinoma 肝細胞がん

下記の精油を販売しまた。

フランキンセンスサクラ5ml・精油オマーン産の聖なるフランキンセンスの精油です。

フランキンセンスサクラ樹脂パウダー30g・オマーン産

ホワイトセージ秩父2ml・精油

マンゴージンジャー5ml・精油


| | Comments (0)

November 24, 2012

メラトニン、意識、および外傷後ストレス

Melatonin, consciousness, and traumatic stress.

メラトニン、意識、および外傷後ストレス

traumatic stress 外傷後ストレス

PUBMEDより

J Pineal Res. 2008 May;44(4):341-7.

Bob P, Fedor-Freybergh P.

Source

Center for Neuropsychiatric Research of Traumatic Stress & Department of Psychiatry, First Faculty of Medicine, Charles University, Prague, Czech Republic.

Abstract

要旨

Descartes intuitively anticipated the so-called 'binding problem' of consciousness and thought that the pineal gland enables spatio-temporal integration in cognitive processing. Recent findings indicate that a major role in the process of temporal integration and binding involve neurons in suprachiasmatic nuclei, specifically targeting the pineal gland and other structures, and control the neuroendocrine rhythms.

デカルトは直感的にいわゆる意識の“結合問題”を予測して、松果腺が認知処理において時空間統合ができると考えた。新たな知見では、時間統合おとび結合の処理の主要な役割は視交叉上核の神経が関与していて、具体的に松果腺および他の組織をターゲットにして、神経内分泌リズムを制御する。

binding problem:結合問題
spatiotemporal integration 時空間統合
cognitive processing 認知処理
temporal integration 時間統合
suprachiasmatic nuclei 視交叉上核
哺乳類における時計中枢は視床下部の視交叉上核
neuroendocrine rhythms 神経内分泌リズム

Melatonin is an endocrine output signal of the clock and provides circadian information as an endogenous synchronizer which stabilizes and reinforces circadian rhythms.

メラトニンはクロックの内分泌産出信号であり、概日リズムを安定させ、強化する内因性同調因子として概日情報を提供する。

endogenous synchronizer 内因性同調因子

This integrative process occurs at the different levels of the circadian network via gene expression in some brain regions and peripheral structures that enables integration of circadian, hormonal, and metabolic information and creating temporal order of bodily and mental experience.

この統合過程は幾つかの脳領域および抹消組織の遺伝子発現介して概日ネットワークの様々なレベルで行われて、そのことは概日、ホルモン、および代謝情報の統合を可能にして身体的および精神的体験の時間順序を創造します。

temporal order:時間順序

This specific temporal order is reflected in associative sequentiality that is necessary for cognition, behavior and all processes of memory consolidation that must preserve all information in the temporal causal order and synchrony.

この特定な時間順序は、時間的因果順序および時間的同期における全ての情報を保存すべき認知、行動および記憶固定の全ての処理に必要な連想順序に反映される。

temporal order:時間順序
memory consolidation 記憶固定
temporal synchrony 時間的同期

In this context, recent findings suggest that melatonin could be a potential regulator in the processes that contribute to memory formation, long-term potentiation, and synaptic plasticity in the hippocampus and other brain regions.

この文脈では、新たな知見は、メラトニンが海馬および他の脳領域における記憶形成、長期増強、および神経可塑性に寄与する過程での調節因子であることが示唆された。

long-term potentiation 長期増強

There is evidence that stress disrupts normal activity and memory consolidation in the hippocampus and prefrontal cortex, and this process leads to memories that are stored without a contextual or spatiotemporal frame.

ストレスは海馬および前頭前野皮質における正常な活動および記憶固定を崩壊させて、この過程が文脈上の枠または時空の枠なしで保存される記憶の原因となります。

hippocampus 海馬
prefrontal cortex 前頭前野皮質
contextual文脈上の.

These findings emphasize a specific role of melatonin in mechanisms of consciousness, memory and stress and are also consistent with reported studies that indicate melatonin alterations under stressful conditions and in mental disorders.

これらの知見は、意識、記憶、ストレスのメカニズムにおけるメラトニンの特定の役割を強調し、またストレス状況下での精神疾患におけるメラトニンの変化を示す報告された研究と一致している。

下記の精油を販売しまた。

フランキンセンスサクラ5ml・精油オマーン産の聖なるフランキンセンスの精油です。

フランキンセンスサクラ樹脂パウダー30g・オマーン産

ホワイトセージ秩父2ml・精油

マンゴージンジャー5ml・精油


| | Comments (0)

November 22, 2012

松果腺および精神障害の歴史的見解

An historical view of the pineal gland and mental disorders.

松果腺および精神障害の歴史的見解

PUBMEDより

J Clin Neurosci. 2011 Aug;18(8):1028-37. Epub 2011 Jun 28
.
López-Muñoz F, Molina JD, Rubio G, Alamo C.

Source

Department of Pharmacology, Faculty of Medicine, University of Alcalá, Madrid, Spain.

Abstract

要旨

Since Classical Antiquity numerous authors have linked the origin of some mental disorders to physical and functional changes in the pineal gland because of its attributed role in humans as the connection between the material and the spiritual world. The pineal organ was seen as a valve-like structure that regulated the flow of animal spirits through the ventricular system, a hypothesis that took on more vigour during the Middle Ages and the Renaissance.

古典古代の数多くの著者は、物質世界と霊的世界との結合として人間におけるその起因する役割のために、松果腺の身体的および機能的変化と幾つかの精神障害の起源とを結びつけた。松果体は脳室系を通して動物精気の流れを制御する弁膜様構造物として見られていた。それは、中世とルネサンス時代に最も流行っていた仮説であった。

Classical Antiquity:古典古代
pineal gland 松果腺
pineal organ 松果体
ventricular system 脳室系
animal spirits 動物精気
valve-like structure 弁膜様構造物

The framework for this theory was "the three cells of the brain", in which the pineal gland was even called the "appendix of thought". The pineal gland could also be associated with the boom, during this period, of certain legends about the "stone of folly". But the most relevant psychopathological role of this organ arrived with Descartes, who proposed that it was the seat of the human soul and controlled communications between the physical body and its surroundings, including emotions.

この理論の枠組みでは、松果腺が“思考の付録とも呼ばれていた”脳の3つの細胞であった。また、松果腺は、この時期で、“愚者の石”ついてのある伝説のブームと関係していた。しかし、この器官の最も関連ある精神病理学的役割はデカルトにたどり着いて、松果腺が人間の魂の座であって、身体と情動を含むその周囲との通信を制御したことを彼は提案した。

stone of folly 愚者の石
psychopathological精神病理学的な, 精神病理学の

After a period of decline during which it was considered as a mere vestigial remnant of evolution, the link between the pineal gland and psychiatric disorders was definitively highlighted in the 20th century, first with the use of glandular extracts in patients with mental deficiency, and finally with the discovery of melatonin in 1958.

それは進化の単なる痕跡とみなされていた衰退の期間の後に、松果腺と精神疾患との関連が、最初に、精神発達遅延患者の腺抽出物、および最後に1958年にはメラトニンの発見で明らかに20世紀に際立った。

vestigial remnant 痕跡
mental deficiency:精神発達遅延
glandular extract 腺抽出物

The physiological properties of melatonin reawakened interest in the relationship between the pineal gland and mental disorders, fundamentally the affective and sleep disorders, which culminated in the development of new pharmacological agents acting through melatonergic receptors (ramelteon and agomelatine).

メラトニンの生理学的特性が松果腺と精神障害との関係・基本的に情動および睡眠障害の興味を復活させた。それはメラトニン受容体(ラメルテオン・不眠治療薬とアゴメラチン・抗うつ薬)通して作用する薬剤開発で最高に達した。

affective disorders 情動障害
melatonergic receptor メラトニン受容体
ramelteon:ラメルテオン(メラトニン受容体刺激薬;不眠症治療)
agomelatineアゴメラチン(抗うつ薬)

関連記事

Stone of madness 

狂気の石
http://en.wikipedia.org/wiki/Stone_of_madness

stone of folly or the stone of madness refers to a hypothetical procedure in the 15th century involving trepanation and extraction of a stone, thought to be the cause of the patient's madness.This procedure is demonstrated in the painting The Extraction of the Stone of Madness by Hieronymus Bosch.The procedure and the painting depicting it inspired the 2002 short film of the same name.

愚者の石または狂気の石は患者の狂気の原因であると考えられていた石の頭蓋開口術および抽出に関与する15世紀の仮説上の手順を言及する。この手順はヒエロニムス•ボッシュによる狂気の石の抽出の絵画に表している。それを描写している手順および絵画は同名の短編映画を鼓舞した。

Trepanation:頭蓋開口術、穿頭術
hypothetical 仮説上の

下記の精油を販売しまた。

フランキンセンスサクラ5ml・精油オマーン産の聖なるフランキンセンスの精油です。

フランキンセンスサクラ樹脂パウダー30g・オマーン産

ホワイトセージ秩父2ml・精油

マンゴージンジャー5ml・精油

| | Comments (0)

November 20, 2012

松果腺は魂の座である。ルネ•デカルト著情念論より

The historical background of the pineal gland: I. From a spiritual valve to the seat of the soul

松果腺の歴史的背景:私は。霊性の弁から魂の座まで。

pineal gland 松果腺
seat of the soul:魂の座

PUBMEDより

Rev Neurol. 2010 Jan 1-15;50(1):50-7.

López-Muñoz F, Marín F, Alamo C.

Source

Departamento de Farmacología, Universidad de Alcalá, Facultad de Medicina, Alcalá de Henares, España.

Abstract

要旨

INTRODUCTION:

序論

Throughout history, the special anatomical location of the pineal gland in the central nervous system has given rise to a number of physiological hypotheses regarding the functional role of this organ.

歴史をつうじて、中枢神経系における松果腺の特殊解剖学的肢位はこの器官の機能的役割に関する数多くの生理学的仮説の増加をもたらした。

anatomical location 解剖学的肢位

DEVELOPMENT:

展開

In classical ancient times, the pineal body (conarium) was considered to be a sort of valve-like sphincter that regulated the flow of the spiritus animalis at the ventricular level. But it was not until the 17th century that the pineal gland finally reached its highest levels of physiological significance, when Rene Descartes considered it to be the anatomical structure that housed the seat of the soul.

古典古代で、松果体(上生体)は脳室レベルで動物精気の流れを調節するある種弁のような括約筋あると考えられた。しかし、ルネ•デカルトは松果腺が魂の座を宿す解剖学的部分であると考えたとき17世紀になって初めて、松果腺がついに生理学的意義の最高レベルに達した。

conarium:上生体
valve-like sphincter 弁のような括約筋
spiritus animalis:動物精気
ventricular:脳室、心室
physiological significance:生理学的意義,
Rene Descartes ルネ・デカルト

CONCLUSIONS:

結論

The Cartesian hypotheses regarding the pineal gland did not arouse much interest in the scientific community of the time, and attention to this organ dwindled from then until the 20th century, when its neuroendocrinological nature was finally confirmed.

松果腺に関するデカルトの仮説は当時の科学界にあまり多くの興味ををかき立てなかった。そして、この器官に対する注目はその時から減少して、ついに20世紀になってその神経内分泌学的特質が最終的に確認された。

Cartesian:デカルトの
neuroendocrinological 神経内分泌学的な

動物精気

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%89%A9%E7%B2%BE%E6%B0%97

フランスの哲学者ルネ・デカルトの『情念論』(Passions de l'âme 1649年)で松果腺からの動物精気が神経を動かし感情が生じるとした。しかし後に生物が機械であるという機械論が主流となり忘れ去られていった。

思いついたこと

チャクラと内分泌のことを調べていたときに見つけた文献です。以前のブログ・腺機能不全、アンバランスと協調障害:エドガー・ケイシーの病気の原因、11項目の8の中で“秘儀的感覚で、ケイシーは、魂の記憶およびカルマの担い手、または魂の成長に必要な教訓として内分泌センターを選んだ。”各チャクラと内分泌と関係があります。デカルトの還元主義はホリスティックに対する考え方であると聞いています。この記事で心と内分泌の関係があることをデカルトが言っていることに驚きました。

また、チャクラと内分泌のことを調べているとneuroendocrine・神経内分泌の言葉を良く見つけます。このことはストレスによって内分泌腺から出てくるホルモンが違ってくることを言っているのだと思います。ストレスによって感情が違てきます。

ある人は怒ったり、悲しんだり、イラついたりすることによって内分泌腺に影響して出てくるホルモンが変わって体調を崩すのかも知れません。感情と病気について興味を持っていて調べていくとデカルトのところに来ました。

関連ブログ

腺機能不全、アンバランスと協調障害:エドガー・ケイシーの病気の原因、11項目の8

お礼

クロモジ(黒文字)とホワイトセージの水蒸気蒸留会 IN 長瀞(11月18日・日)が無事終わりました。長瀞は紅葉の真っ盛りで自然を満喫できました。参加者に感謝申し上げます。

下記の精油を販売しまた。

フランキンセンスサクラ5ml・精油オマーン産の聖なるフランキンセンスの精油です。

フランキンセンスサクラ樹脂パウダー30g・オマーン産

ホワイトセージ秩父2ml・精油

マンゴージンジャー5ml・精油


| | Comments (0)

November 03, 2012

私の人生哲学の幾つかのポイント:ルイーズ・ヘイ著You Can Heal Your Lifeより

Some Points of My Philosophy

私の人生哲学の幾つかのポイント

We are each responsible for all of our experiences.

私たちそれぞれは全ての私たちの経験に対して責任があります。

Every thought we think is creating our future

私たちが考えるあらゆる思考は私たちの未來を創造します。

Everyone suffers from self-hatred and guilt.

誰もが自己嫌悪および罪悪感に悩んでいます。

self-hatred 自己嫌悪

The bottom line for everyone is, “I’m not good enough.”

結局、だれもが”私は十分でない”です。

It’s only a thought, and a thought can be changed.

それはただ思考だけで、思考は変えることができます。

We create every so-called illness in our body.

私たちは自分の体にあらゆる病気と呼ばれてものを作ります。

Resentment, criticism, and guilt are the most damaging pattern.

恨み、批判、および罪悪感は最も有害なパターンです。

Releasing resentment will dissolve even cancer.

恨みを解放することはガンさえも解消するでしょう。

We must release the past and forgive everyone.

私たちは過去を解放し、全ての人を許さなければならい。

Self-approval and self-acceptance in the now are keys to positive changes.

今現在の自己肯定および自己受容は積極的変化へのカギであります。

Self-approval 自己肯定

When we really love ourselves, everything in our life works.

私たちが本当に自分を愛すると、私たち人生のあらゆるものは上手くいきます。

You Can Heal Your Life の9ページより


思いついたこと
昔、以前勤務していたアロマセラピー学校で英国リフレクソロジー講師の先生からHeal Your Bodyの本を紹介され,その時に一緒に購入した本です。書いてあることがなかなか身につきません。感情のことについて勉強していると改めて思考が大事との思いになりました。翻訳することで再確認したいと思っています。挿絵がきれいな本ですので眺めているだけでも癒されます。

著者のルイーズ・ヘイは5才のときにレイプを受けた経験があり、後に膣がんと診断されました。ヒーリングの仕事を通して、レイプに対する恨みの思考パターンが解消されていなっかために膣がんになったのだと気づきました。この思考パターンが解消されなければ手術しても再発するだとうと考えました。医師にお願いして手術を延ばしてもらいました。

恨みの思考パターンを解消するために先生と許しのワークを行いました。また、食事を改善し、体の解毒をしました。これによりがんはなくなりました。

上記のがん解消のストーリーはHeal Your Bodyよりです。

Heal Your Bodyの中身については翻訳をして紹介したいと思っています。

お知らせ

クロモジ(黒文字)とホワイトセージの水蒸気蒸留会 IN 長瀞(11月18日・日)お知らせ

下記の精油を発売しました

ホワイトパイン5ml・精油

ゴールデンロッド5ml・精油

| | Comments (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »